【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の7件の投稿

2007/03/25

日帰り福岡天神

200703241352000 昨日は生憎の雨の中、「資産設計セミナー」が行われました。広島からだと、博多まで新幹線で1時間弱。こんなに近距離とは思いもよらず、ご近所というカンジ。

結局は「個人投資家向けの日経平均暴落でも慌てない投資スタンスをみつける」といった主旨の講演会でした。会場の熱気はすごくて・・・どっかで聞いた主題だなーと思ったら、私が講師に質問した内容と一緒(爆)。「日経平均株価が暴落したときには自分が株持ってたら慌てると思います。こういったときの対処方法を教えてください。」ってメールしたは最近の話です。

638名様が参加されたようですが、よくこれだけの方が全国各地からお集まり頂いたものです。自分もだけど・・・。マネックス証券さんには私も口座だけは持っていますが、ユニーバーシティの内藤忍さんも素敵だったし、株式スクールの野崎代表も面白い方でした。藤本さんは「相場の福の神」と言われていて、御自分の顔が入った福の神の印鑑を販売していました。(笑。これはマジで面白かった。

200703241504000 株式スクールの野崎代表は冒頭、「今日は雨のために午前中キャンセルの電話が鳴りっぱなしでしたが、今日参加された皆様方は本当にラッキーでしたよ。いいこといっぱい聞けますからー。」と微笑んでおられました。

内容は・・・「個人投資家向けアノマリー投資術について」この内容は正直、私の為に教えてくれたような興味深い講義でした。外国人投資家を含む機関投資家の行動心理の裏先手術の御披露のような。個人投資家の力は世界市場と比べると微力。日本市場に入ってくる世界マネーの力から潰されて負けているのが現状だと・・・しかし、機関投資家の弱点をつくことが出来れば相場で勝つことは可能だと・・・沢山の個人投資家の利点、を披露。

「制約が一切なく、誰からも束縛のない自由に売買出来る己の立場を最大限に利用せよ」といった行動心理から、「日経市場と世界市場とは切り離せない・・・機関投資家の制約のある立場の裏をついて日柄重視でしっかり儲けよう」というポジティブな主旨のお話は今日の講演者の3名の中で一番よかったです。

藤本さんは、89年に日興證券に入社されて、現在はマネックス証券の副部長をされているそうです。福の神の名で知られているそうですが、マネックス証券が無料で投資家様に提供する盛りだくさんのサービスの紹介が主でした。多機能を満載した証券会社のサービス。四季報情報の先取りが出来るサービスには驚きました。発売10日前から内容がWEB上で見れるサービスまであった。使っててもわからないものですねー。驚きです。

内藤さんは、毎回今回のようなセミナーを全国で開催されていて、「アセットアロケーションと言われる長期分散投資のお話でした。年利平均7%程度のリターンが見込める日本の株式市場で、ETFなどのリスクの少ないファンドなどを利用して長期で資金を寝かせておくことで、20年後に大きなリターンを求めるようなやり方・・・まあ、あまり面白いとはいえない長期投資ですが、これも一つの考え方だと思います。

あとは、彼がおっしゃっていたのは、「株式投資においては、有名な誰もが知っている割高な株は一本釣りのようなもので大変危険だということ。東証一部銘柄で業績もよく、財務面もしっかりした無名の割安株の方がコンスタントに儲かる率が高いということです。地引網のように下から拾っていくほうが利口です。私も個人投資家の一人ですが、スクリーニングというやり方を使って銘柄を絞り込んでいくと自分の投資先に相応しい銘柄が出てきます。」

内藤さんが書いているブログ拝見しました。http://www.shinoby.net/私みたいな暇人と違って、相当需要のある方ですので、福岡市内滞在時間なんと、4時間って、すごすぎないですか?お疲れ様でございました。

200703241809000 やはり最後に出てくるのは博多ラーメン。二葉亭の辛子高菜を乗せたラーメンを食べてきました。お土産には長浜ラーメンと高菜を購入。高菜を上に乗せるなら、ぜったい!長浜ラーメンがいい。この高菜は美味しいけれど、店員さんから「お姉さん、あんまり高菜入れると辛いですよー。」と言われたので、こんぐらいかけて食べてみた。本場の味は違うね。ラーメン好きの私がとくに好きなのはとんこつベース。

はー、2件目に寄りたかったが時間も時間なので断念・・・。この次は絶対2件は行こうと思います。

2007/03/23

IR担当者との会話☆

今日は、ある優良銘柄の本社に電話して、IR担当者とお話をしました。IR担当者が不在のため、総務課の課長とお話しました。「株式の購入を検討しているのですが」という発言をすると、すぐさま電話の主が変わり、課長とお話をすることに成功しました。株主になる可能性のある人間への受け応えというのはかなり冷や冷やで、面白いものがあります。

「お宅の会社と筆頭株主はどういう関係なの?」「お宅の会社の金融収支はどうなってるの?」「経常から最終利益まで相当額減損してるけど、何が原因なの?」「この連結会社は子会社?」「何故08年3月期にこの部門が減速するの?」「お宅の会社海外比率高いわね。海外に販売拠点があって自社製品を輸出してるなら、為替の動向に注意だけど、円高不安に対する社内の対応策はどういったことをされてるんですか?円高でも利益確保できるような対応策はされているのですか?」

極めて強気な発言ですが、話すこと1時間・・・全てお答えいただきました。ただ、相手がIR担当者ではないため、月曜日にもう一度正確な答えを促したいと思います。株主になるとは、会社側の人間になるということなんです。中途半端な回答では、疑問点が増すばかりです。これぐらいのことを聞かなければ、大事なお金を投資することは出来ません。

何故、ここまで噛み付くのかといえば、勿論優良株だという結論からです。ボロ株に対して誰もここまで噛み付きませんよ。結局は電話の感触で最終決断したかっただけですが・・・。っていうか、聞かないとやっぱわからんわ。

安倍内閣メールマガジン☆

安倍内閣メールマガジンを購読しています。小泉さんが首相だったころからずっと拝読しているのですが、小泉さんとは違う、彼なりの味のあるコメントが寄せられています。彼の祖父は、山口県出身の元首相、岸信介氏。そして父は外務大臣を歴任した安部晋太郎氏。政治家一族の中で育った彼の素朴な一面が垣間見れて、とても面白いメルマガです。http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

安部総理のコメント~「昭和35年、当時の首相、私の祖父である岸信介は、多くの反対を受ける中で、日米安保条約の改定を貫きました。自分が進む、この道に間違いはないという信念、たとえ多くが反対しようとも、日本と国民を守るという断固たる使命感があったからこそ、これを実現できたのだと思います。」

最近安倍総理は自身のことを「漢方薬タイプの総理大臣だ」と表現することがあるそうです。小泉前総理のように効き目のはっきりした特効薬ではなく、服用し始めた時には効果がはっきり自覚できないが、長い間服用していると体質全体が良くなっている。そういう意味です。

 日中関係の改善、教育再生への取り組み、日本版NSC、地域再生、成長力底上げ、公務員制度改革等々、安倍総理は国民が解決を期待するテーマに真摯に向き合い、対策を打ち出していくタイプであるといえます。ひとつひとつの政策に真剣に取り組み、将来国民が効果を実感できるような成果を残していく。自分のことを「漢方薬」と表現する総理からは、そんな決意が感じられます。

2007/03/17

相場見通し&株式セミナー☆

200703171035000_1  岡三証券広島支店までちょっくら行ってきました。土曜日にセミナーやるのはめったにないらしく、口座も開いてないのにお土産までいただいてきました。

袋町電停のすぐそばに岡三証券のでっかいビルがあって、月に3度ほど景気見通しやらセミナーとか優良株の紹介やらをしてるみたいです。今回は初めての参加でしたが、社員の皆さんがとても親切にしてくれて、また有意義なセミナーとなりました。

200703171734000 昔よく銀行さんに「定期預金の口座を作ってくれたお礼」に日用品を頂いたりしましたよね。それと同じようなお土産を沢山いただきました。とっても嬉しいココロ遣いですよね。

2月に開催されたG7(世界主要7カ国会議)で議題に上ったお話が出てきました。日本の現在の政策金利の0.75%に対して米国の政策金利は5.25%もあると。日本の低金利と比較した世界的な高金利通貨のお話。日本は円安株高傾向にあり、1960年代のいざなぎ景気と比較した今の好景気の拡大傾向の説明。日本の金融資産をリスクマネーに向かわせるために、ヘッジファンドが日本の政策金利0.75%で借りたお金を米国の株式や日本の株式等等に投資をして運用させるようにする話。

平成バブル崩壊後、10年間で出てきた大きな問題である、「3つの過剰」の整理について。不良債権問題、人件費問題、設備投資問題・・・これらを乗り切ってこの数年間で解決してきたこと。賃金格差是正の問題・・・とくに景気が悪いときには高い人件費を削るべく契約社員を増やしたことで、企業内で当然所得格差が拡大してきたこと。そうすると消費者物価までも上がってこない。

円安株高の要因のひとつとして、日本に雇用が生まれないこと。少子化問題があげられること。製造業が他国に生産拠点を移していく。日本ではサービス業しか残らない。今後日本企業の業種の約7割はサービス業に集約されていくのではないか。現時点の1ドル116円台も120円台まで戻すと言われています。

国の借金600兆円。地方の借金200兆円。国と地方合わせて760兆円あるといわれる債務。それに対して税収は毎年54兆円しかない。予算は80兆で組んでいるので、税収の54兆円に25兆円をプラスした。国内総生産は500兆円。国内総生産と税収を足しても借金は返せない。ここでも日銀総裁の言葉が・・・1500兆円の金融資産=多少リスクをとっても外債などに向かうべきなんです。

銀行の普通預金総額が779兆円。これが9兆円減の770兆円になりました。9兆円の行方は、投資信託などの金融商品に回ったといわれているそうです。銀行は融資をしなくなり、証券業務を行って手数料収入を得る方向に向かっている。株式販売も時間の問題だろうといわれています。

ただ、3月は世界的にリスク資産が収縮の動きを見せています。2月28日の上海市場大暴落のよる世界同時株安の影響。これは中国経済のバブルということで、中国株式市場の加熱防止のために引き締め政策を行い、バランスの取れた経済成長を志向するものです。

2007/03/15

市議会市長選挙☆

今回市内に引っ越してきてから初めての市長選挙があるので、有権者の一人として投票しに行ってきます・・・といっても、公示はまだ先なので立候補予定者が現職の秋葉市長さんしか名前が出てこない・・・広島市は国際的な姉妹都市があって、友好条約を結んで様々な国際的な活動をしているようですが、とくに、原爆ドームや原爆資料館、宮島への海外訪問客は四季を問わずいつも多いのが特徴です。平和への強い拘り、観光都市広島・・・を強調して世界に名を広めるための唯一の観光場所だと思います。1990年代、市の経済難を脱して、財政赤字を黒字に変えたの現職の秋葉さんでした。この8年間の功績は充分評価されるべきだとは思います。

ジョンFケネディの言葉が載っていました。どの世代の人間も自分達が創りだしはしなかった世界に生まれ、自分達の責任ではなく作り出された難問を解決する運命にある・・・自分はこの世に修行するために生まれ、与えられた難問を解決していかなければならない。解決された難問は清算され修行を終えた肉体はあの世で浄化される・・・これを繰り返していくのではないかと思います。段々と精神的な話になってきましたが、秋葉さん自身がこういった考えをお持ちのようで・・・現実的なことしか語らない方だと思っていたら、なかなかピュアな精神をお持ちの方で安心しました。

秋葉市長 みこし連事務所 http://www.akiba-mikoshi.jp

2007/03/05

世界同時株安 Part2☆

プレイバックPart2・・・ガタガタ言っても下がるもんは下がる。下げ止まるのは何時ごろでしょうか??それがわかったら誰も相場で苦労はしません。

今日は仕事帰りにぶっ飛んで株式スクール会場へ。ごめんなさい、日経新聞買う暇ありませんでした(爆)。江田島行った帰りに疲労困憊状態の体を引きずりながら・・・遅刻、腕組み、足組み禁止、携帯電話マナーモードに・・・斜め前のおじさんは全部守ってなかったんだけど、あれが大人の悪癖です。

景気の捉え方ですが・・・すなわちこうです。反逆になれってこと、全てにおいて。性格悪くなきゃ相場師にはなれません。私向きかなー。一般投資家の裏を読みつつも、相場の流れには忠実に従えという、なんとも卑劣で残虐な行為をすーっとやってのけるおまえ!おかしいぞ・・・もはやお前は人間ではない・・・脳味噌だけが発達した小動物だ。←誰のことか?

とにもかくにも、慣れは熟成なり。嫌なことでも慣れて熟成されりゃ、自分に自信がついてくるもの。というか昨日は16500円で底打つようなこと言ってたのに、今日は15000円割るようなこと行ってたな。評論家ではないから一応念のために聞いておくけど。

2007/03/03

オンデマンドTV☆

今回のニフティ光セミナーでNTTの子会社が運営するサービス「オンデマンドTV」の紹介がありました。従来のスカパーなどのケーブル系配信サービスでは、空から降ってくる電波配信によるため、天候に左右されるというデメリットはよく聞きます。オンデマンドTVというのは、光ファイバー網の導入をしている各家庭でモデムの設置だけですぐに始められる音声配信形式なので配信速度などが一定ということが最大のメリットであるということと、レンタルDVDショップのようなサービスです。

レンタルビデオのように再生、一時停止、スロー再生、巻き戻し、早送りなどが出来、月額定額サービスにより、最大6500本もの映画配信やコンサート配信などのサービスが自宅で思いっきり楽しめるといったようなものです。しかも、スカパーのように多チャンネル形式で、民放以外で多分野の番組が見れるという画期的なサービスもありました。スカパーを乗っ取れ!まあ、同系列のサービスの提供を行っている会社は全国で5社しかないので、希少価値はあるでしょうね。

家ではTVをあまり観ないためあまり興味がなかったのですが、映画ファンには絶対お勧めだと思います。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。