【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の10件の投稿

2007/08/28

★TBSニュース★

●本日発表のTBS提供のニュースが非常に面白ろかったので公表いたします。

株式市場は改造内閣に反応せず、午前の終値は前日比30円67銭高(08/28 12:18)」

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/25

サブプライムショックの総括

アメリカ発サブプライムショック・・・高騰するアメリカの不動産事情がこれらの引き金となった最大の要因ですが、結局は住宅ローンの貸出金利が住宅価格の運用利回り(上昇率)を上回ったことが発端で、このたび、サブプライムローンの会社が破綻しました。その損失総額は1.5兆$(日本円にして173兆円)と言われています。

米国の住宅ローン残高は10兆$=日本円にして1150兆円にものぼります。この10兆ドルの中でサブプライムローンの額は1.5兆$ということは、住宅ローン総額の約15%になります。FRBの予想損失額は500億~600億$の損失になるのではないかということですが、この数字の持つ力関係は・・・6兆から12兆$といわれる米GDPの約1%程度の損失額になります。

日本の金融機関の不良債権の総額は100兆円ですから、国内GDP(約500兆円)の約25%にも相当します。単純にGDPと比較すれば、日本の不良債権額のほうが25倍も大きい損失額になります。

米国の住宅ローン会社がすべて破綻したわけではなく、あくまでもサブプライムローンに絡んだ金融不安が、今回のNY株式市場の大きな下落を誘いました。損失額自体は大きくないので、アメリカ経済(実体経済)への景気減速や直接の経済不安には繋がらないと見ているようです。問題はサブプライムローンの損失額がはっきりと見えない点が市場の不安心理を煽っており、全世界の信用不安に繋がっていることです。

販売していたローン債券(証券化されて売り出されている商品)などを購入している全世界の機関投資家(例 ヘッジファンド)が一旦投資物を全て手仕舞ったことで今回の世界同時連鎖株安が巻き起こったわけです。ヘッジファンドがこの債券を保有しており機関投資家が一旦引き上げたということ思えば言いわけです。勿論世界市場から大きな資本が抜ければ、ボトムになるのは理に適った話ですよね。

金融政策として、昨今アメリカは公定歩合の引き下げに踏み切りました。これは、公定歩合を下げることによって、アメリカがマーケットを落ち着かせるためにとった緊急措置のようなもので、現行の6.25%から0.5%引き下げ5.75%に利下げを決定。

23日の日銀金融政策会合でも、利上げは見送りということで決定しました。

日本の株式市場に目を向ければ、海外投資家の売りが大きければ分散投資されていれば当然、日本株も下がります。日経平均株価の暴落、円高と相場関連のニュースを聞きますが、この世界同時株安が招いた悲劇は通貨にまで波及しています。

例えば、円高ドル安、円高ユーロ安などが上げられますがヘッジファンドが行っていた「円キャリートレード」。円キャリートレードとは・・・低金利の通貨を借りて、高金利通貨で運用するという投資方法で、日本の低金利0.75%で借りたお金を米ドルの5%、ユーロの5%、南アフリカの9%などの高い金利の通貨で運用を行っていました。この度のNY株式市場の大きな暴落により、米ドルの通貨価値までも下げて円キャリートレードの決済売りが出ました。ドルが安くなるので借りたお金を一旦決済してドル売り円買い、ユーロ売り円買いという換金売り(円キャリートレードの巻き戻し)が今回の円の暴騰を招きました。

日本は現在、円高に触れる確たる要因は何処にも見当たらないため、円高の主因は円キャリートレードの巻き戻し・・・という意図的な金融不安から生じた換金売り(手仕舞い売り)が発端となります。勿論、これから徐々にではありますが、円キャリーが再開されれば、円安に触れるといったことが考えられます。この一時的な急激な円高で、国内の外需株が大きく影響を受け下げました。勿論輸出関連企業の四半期決算の動向は振るわなくなると見ています。

日経も長期的に見ればまだ上昇トレンドの中にあります。短期的な金融経済の不安に売りが出て一時的に下げただけです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/19

『黒字倒産』の付け加え・・・

御存知の通り、1990年代に出てきた言葉ですが、土地も株も値上がりしていた時代には金融機関が土地を担保に限度額をはるかに超えた貸し出しを行っていた為、バブル崩壊後は土地価格の暴落、貸し出し金の回収不能になり不良債権化問題が金融市場を混乱に追い込んだわけです。土地を担保に貸し出しが出来なくなった金融機関は、保証内容を個人保証と言って他人の個人資産を担保に取るような連帯保証人制度という形に変えた訳ですね。あとは、手数料収入で稼ぐ方法しかありませんでした。

先日の私の投稿の中で、不動産関連の記事を載せましたが、記事の文の中で『黒字倒産』という言葉がありました。黒字倒産とは何ぞや??黒字なのに企業って倒産するんか??と思われた方が多いと思います。←気が付かなかったらすみません。

黒字倒産とは・・・二大決算書といえば貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)という決算書が有名です。勿論上場している以上は上場企業4000社が全て税務署に対しては決算書の提出義務、株主に対しては情報公開義務(ディスクロジャー制度)が発生します。決算にはそれぞれ1事業期間の「本決算」半年分の「中間決算」3ヶ月毎の「四半期決算」計3種類があり、上場企業4000社には全て決算書の公開が義務付けられています。この2つの決算内容で何がわかるかですが、貸借対照表においては「企業の財務内容が筋肉体質なのか虚弱体質なのか」を、損益計算書においては「企業が儲かっているか儲かっていないか業績の良し悪し」を測る物差しとして存在する決算書ですよね。

勿論どちらの決算内容もいいに越したことはありません。しかし、90年代この二大決算書の財務内容、業績もいいのに倒産してしまう企業が後を絶ちませんでした。国内企業の倒産要因の約6割が黒字倒産と言われておりました。何故こういったことが多く起きてきてしまったのでしょうか。

それまで不動産を所有していた企業は、貸借対照表に「簿価計上」を行っていました。簿価とは「不動産の購入時の取得価格のまま毎年同じ額で算出し計上すること」です。有価証券もしかりで、取得後評価替えを行わず、毎年簿価で計上しておりました。これは日本国内の会計基準で統一していたためです。即ち、バブル崩壊以降不動産価格が毎年下落しているにも関わらず「簿価で計上し続ける」ということは「毎年膨大な含み損を生む」ということに繋がりますから、本来の不動産や有価証券の価値がわかりません。含み損が膨らむと全体的な総資産が収縮していきますので、資本も収縮していくことになります。

これが、総資産における最も重要な流動性資産、決済性預金といわれる部分を収縮させる大きな要因でした。倒産する要因は、資本力がなくなることがイコールで、資本力さえあれば会社は存続可能なので、ある意味企業が存続する力はこの「キャッシュ力」にあるといわれています。現金預金などの換金性のある資産の保有率が企業の本来の力と言えるでしょう。

そこで黒字倒産の増加により、金融政策として政府は2000年3月から現行の国内会計基準を国際会計基準に変え、本来の企業の持つ力を再生させました。勿論この制度を導入してから、倒産する企業と生き残る企業(勝組と負組)の二極化が進みましたが倒産する企業のほうが圧倒的でしたよね。国際会計基準は、二大決算書の公開義務に加え、現金の流れを読む「キャッシュフロー計算書」という資金繰り表が追加され、これによって不動産は時価評価になり、含み損は損失として計上され、有価証券は毎年評価替えされて計上されることになり、本来の正確な企業価値(メカニズム)が生み出されることになったわけです。

本来の会計基準を導入したことでいかに日本の企業の大部分が、丼勘定で経営をしていたかが分かるようですね。膿は吐き出さなければ成長しませんということなのでしょうか。

 ランキング上昇中!↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/16

目先大暴落でも大局では上昇している・・・

いやいや、こちらの独り言です。

世界同時株安、日経平均続落、円高ドル安、円高ユーロ安、日本にとってこれほどマイナスな相場環境はない、この夏相場ですね。しかも・・・

この40度近い「亜熱帯列島日本」が輪をかけて・・・

ろくなことねーなー(--;

今日は日中暑いので、夕方になってから単位取得に向けた、平成19年度の後期国立大学経済学部の入学説明(履修生)会にいつものタクシー呼んで行って参りました。17時台なのに31度もありました。ゲロゲロ・・・

10月から開校予定ですが、8月中に志願用紙にいろいろ書かなきゃいけないのに、まだ未提出でもちゃもちゃしております。夜間コースを選択しているのですがどの科目を履修すればいか検討中です。

ミクロ経済学入門  簿記論 金融政策論 総合科目『現代経済を考える』 公共経済学 ミクロ経済学② コミュニケーション英語 労使関係論② 経営管理論① マクロ経済学入門 経済学史 地方財政論② マネジメント概論 経済史総論 マクロ経済学① 情報活用概論 計量経済学 現代日本経済史① ベーシック外国語 経営組織論 外国語購読(英語) 財務関係論① 物流改革論① 財政学 経営学総論① 国際経済学② 経営情報論② マーケティング論①

後期だけで28科目ありましたが、事務局の方いわく『当難しいと思いますよ』・・・そのようですね@@;;前期はあと28科目あるとすれば、経済学を全科目網羅するなら60科目も勉強することになります。ヒエー、すばらしいね。

 ランキング上昇中!↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/15

不動産価値下落というメカニズムを解き明かす

最近の世界経済における大きなニュースでは、アメリカのサブプライム関連市場における不良債権問題、焦げ付きを懸念しての株式市場の連鎖株安がありましたが、いわゆる『返済能力がきわめて低く、通常では貸付審査の通らないような低所得者に貸し出した高金利の住宅ローン融資』という、明らかに焦げ付きを助長させるような膨大な不良債権問題が大暴落を招いたと要因と言われています。

アメリカでは、不動産価格の上昇率が高い国で、例えば『REIT』などの不動産投資信託などが一般的に売り出され、金融商品の販売も好調のようです。不動産投資信託は、投資家から集めた資金でビルやマンションなどを購入して、その賃貸料収入などを配当として支払います。

日本でも2000年11月より不動産投資信託の販売が解禁されて、日本版REITと呼ばれています。4~5%の利回りを目指しており、高い収益が期待される商品ですが、空き家が多く稼働率が低いと元本割れを起こす可能性があるので注意が必要ということです。

日本では、高度経済成長期といわれる数十年間に人口増と比例するような形で、だぶついたお金が市場における不動産の大量な需要と化し価格は跳ね上り、土地神話を作り出した源流といわれています。平成バブルまでに膨張した巨額な有形固定資産は、89年からたった2年半で負の遺産と化し、不動産を有利子負債で取得した人間を死に目に遭わせたわけです。

新潟の建築士の子供の殺害のニュースが騒がれていますが、自分の子供を殺害するに至るほど『住宅ローン返済』に苦しんでいたと言われています。

不動産を購入してから苦しむのは、個人だけではありません。法人企業が倒産する理由の一つも土地や自社ビル群の取得が一因だと言われているのです。その理由は・・・家計簿とバランスシートを作成してみればわかります。個人の所有物であるうちはまだいいのですが、法人企業が所有する場合においては、上物の場合、平成11年頃から定額法の算出が適用され、減価償却費として算出できる額は、取得額の10%分の計上しか認めないというあります。

約20年間という耐用年数を建物取得額の残りの90%分の支払いについては毎年利益とみなされて課税対象になります。自社ビルを2000万円で取得して、その年に70万円もの請求が来たらびっくりしませんか?(これは固定資産税や都市計画税の一年目の支払額です。評価額で算出されます。)こうしたことが主因で起こる倒産を『黒字倒産』といいます。

空家率が大きく、国内全体で明らかに稼働率が悪い中、将来的にも含み損は膨らむだけですし、建物は20年も経てば資産価値はゼロになるリスク商品です。転売出来ても取得額の数倍の手数料がかかるということが特徴です。一生の買い物である夢のマイホーム。

すなわち、マンションというのは、購入したら終わり・・・ ということを肝に命じておきましょう。

地震大国日本に住んで『不動産の所有』という世界で最もハイリスクといわれる金融商品を日本人は好みます。世界一のリスク資産を好む国民でありながら、そのギャンブル性には気がつかず、30代半ばの若者がよくも35年ものローンを平気で組めるものかと感心します。70歳になるまでローンを支払い続けられる保障は何処にあるというのでしょうか?

ただ、そういう方に限って株や投資信託に手を出すのは今すぐやめなさいと言われることが多いのが実情です。現実問題、彼らにとって、投資に対しての理解が矛盾している訳です。早く国民に対して正しい金融知識を植え付けることが可能になるような、日本の社会が実現できることを望みます。

 ランキング上昇中!↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/08

金融商品の確定申告・・・Part1

今日は株式売買時に避けて通れない「譲渡益に対しての課税」についてお話します。

株式の確定申告とは・・・譲渡所得になります。

株式の譲渡益の確定申告

特定口座よ、化けの皮を剥がそう

平成15年1月1日より上場株式の源泉分離課税制度が廃止されて、株式を売却した場合、年間の譲渡損益についての確定申告が必要となりました。かんたんな申告のための制度として、特定口座制度が開始されています。特定口座には源泉徴収ありと源泉徴収なしの2種類があります。源泉徴収ありの特定口座を利用している場合、確定申告は必要ありませんが、確定申告が出来ないことによって税金を納めすぎてしまう場合があります。

★源泉徴収ありの特定口座を利用した場合の注意

給与の収入金額が2000万円以下の給与所得者で、年間の株の譲渡益が20万円以下の場合は確定申告も納税も必要ありません。このため、源泉徴収ありの特定口座を利用している場合は源泉徴収された税金は、確定申告をしないと戻ってきません。

*株式の譲渡益が20万円以下であっても、給与所得以外の所得との合計が20万円以上である場合は、確定申告をする必要があります。

申告する年の全ての損益を合計して譲渡損失がある場合は税金を納める必要はありません。また、譲渡損失がある場合は確定申告をすることで損失を3年間繰越できます。

例えば、最近、オンライン証券口座など複数の特定口座を持っている方がいらっしゃいます。国内株については、一回の取引ごとにキャピタルゲインの利益額の10%を源泉徴収されて口座には税引き後の利益が入金されます。株の世界では損失もありますから、損益計算してみないと年間トータルではわかりません。

複数の証券会社を利用して複数の特定口座がある場合・・・

源泉徴収ありの特定口座で利益を出してほかの口座で損失がある場合、利益を出している特定口座からは税金が源泉徴収されます。確定申告することで納めすぎた税金が還付され、損失がある場合は繰越控除を受けることが出来ます。

自分で確定申告しなければ還付できず、税金を納めすぎることになります。

申告する年の全ての損益を合計すると損失が発生した場合・・・

源泉徴収ありの特定口座で利益がある

税金の還付 ○ 損失の繰越控除 ○

源泉徴収ありの特定口座で利益がない

税金の還付 × 損失の繰越控除 ○

ちなみに私は全口座一般口座です。

 ランキング上昇中!↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/05

★タクシーの運ちゃんと(`・ω・´)

タクシーの運ちゃんと♪

題目とこの度の写真は全くかんけーないのですが・・・写真は広島市中区にある本通りで事故があり、パトカー3台出動現場です(^^)。私も本当に『★ミーハー女』で助けてってカンジ。情報をいち早く知るために事故現場まで走って到達!だからって何も手助けできない・・・何の事故かわからないし。=・・・ミーハーオンナはいいけどぉぉぉぉミーハー株には手を出すなぁぁぁぁ(`・ω・´)

意味わからん(--; 最近の経済ブログとか拝見すると、「元外資系証券マン」とかの金融業の方とかいらして、「ライブドア株で550万損した」とか「プロでも新興市場では負けるんだ~」とか思ってしまう。そういえば、前に株の学校で・・・「平成バブル崩壊後」にバブルの史上最高値から92年8月14309円までの約2年間半で下落途中の押し目買い(難平)で10億円損した方いらっしゃったそうですね(^^;根拠のないナンピン・・・「ドサンピン」素晴らしいのはまだ生存されているらしいですよ。

余談になりました。話題を変えます。 

今日は明日の「株式スクール中級5回目」のキチョーな授業を受けるべく必死の復習のため、袋町の大手コーヒーショップに入り、4時間居座って勉強しました。バカヤローってカンジ(・・;理由は、家のマンションくまちゃんが居て暑くて気が散るので、冷房設備が整った静かな喫茶店がいっちばーーーーーーーーーん!イイから。コーヒー4杯お代わりして4時間も居座ったのじゃ。トイレは近いし大変心地良かったデス。復習についてですが・・・秋田に一週間も帰郷していたために復習する暇もなく、一気に前回の内容をざざざーーーーーと観て把握。こんちくしょー負けるかぁぁぁぁあ。中級ってなんでこんなにレベルがお高いの?脳みそがやっとついていってるようじゃもう進級なんかできんばい。

行き帰りはいつもの「タクシー呼んで」。タクシーの運ちゃんとの会話がすっごい大好き!2003年規制緩和で市場の自由化により、広島市内だけでなんと1000台もタクシーが増えました。誰が利用するんだい?それはね、私よ♪私が広島市に転居してきた2年ほど前、ちんちん電車(路面電車)を生まれて始めて見て、第一声「あのおもちゃ何?!人が乗ってる」(笑)路面電車をなめるんじゃねーぞーーーー、実はどっこい車幅は新幹線と同じ。レールだって知ってたんか?すごい電車なんよ。しかーし!遅いんだってば。東急田園都市線~半蔵門線に乗ってた私が路面電車のスピードに平和な顔で乗れないのデス。河川が多く、敷地面積が貴重な広島市の中心部の物価は神奈川の田園都市とあんまり変わらないってどういうこと?!半径3キロ圏に中心部が一極集中しているということはですね・・・

広島市はタクシーを利用したほうが絶対 利口 利口 利口 なんだってば!!!

ここで、広島市に住むなら自家用車の所有をするよりも、タクシーに乗るほうがお得だという理由を並べましょう♪物価が高い地域で車が多いとなれば、まず、駐車料金が高額だということ。敷地にしても駐車場にしても河川が多く地盤が緩い地域のため確保が大変なんです。土地の希少価値が上がります。

明らかに需要が供給を上回っているマーケットです。車の総数は年々増加傾向にあり、広島市内の全ての道路を埋め尽くすほどの数があるそうです。それに対してタクシーはどうですか。規制緩和以来個人タクシーの増加で、現在規制緩和以前より1000台近くも市場に溢れ返っていて主要道路を走る車の約半数近くがタクシーなんです。タクシーを拾うのに何の苦もありません。タクシーは御存知の通り年々需要が減っているため乗車率が低いではないですか。しかし、市内の中心部は3キロ圏内に集中して位置しているので、中心部まで行くのに距離が短く車に乗っている時間的なリスクも少ないのです。これにタクシーの総数が市場に増えているのにも関わらず、利用するお客様が少ないのです。需要が減少傾向にあるということは、おのずとお客様取得に力を入れますし、GPSがついている大手のタクシー会社などと契約しておくと、顧客名簿に登録されるので、コールするだけで「お客様、いつもご利用有難うございます。本日は自宅マンション前でよろしいですか?」と受付の女性の丁寧な言葉が聞こえてきます。また、片道2000円程度の出費でも、中心部の端から端まで到達することが可能です。

だから私は車を持たないのです。

しかも、メリットはそれだけではありません。タクシーの運転手さんはほとんどが団塊世代以上の人生経験豊富な伯父様方ばかり。知らないことも沢山教えてくれます(笑)。会話がとっても楽しいということもあるんですけどね。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/03

GDP成長率年1.0%・・・鈍化予測

は、4~6月期の国内総生産の速報値だそうです。内閣府が13日に発表する07年4~6月期。主な民間調査機関8社の予測が出揃いました。物価変動の影響を除いた実質GDPの成長率は、平均で前期比0.3%(年率換算1.0%)。06年10~12月期(年率5.4%)、07年1~3月期(同3.3%)と、2四半期続いた高い伸びに比べ、鈍化が予想されています。

ただ、個人消費、設備投資とも前期比伸び率でプラスを維持する見通し、各社は「景気の回復基調は引き続き維持されている」と分析しているようです。

成長率鈍化の主因は輸出で、米国向けを中心に伸び率の大幅低下が見込まれています。今回の景気拡大局面では、力不足の内需に代わり、外需(輸出)がけん引役になってきましたが、4~6月期は4四半期ぶりに実質成長率への外需の寄与度がマイナスに転じる可能性があります。

ただ、1~3月期に大きく減速した設備投資は、力強さに欠けるものの、日銀短観で設備投資計画が上方修正されていることなどから4~6月期は前期比では持ち直しが見込まれています。2四半期連続で高めの伸びが続いた個人消費も、伸び率は鈍化するものの前期比でプラスを維持する見通しで、内需の底堅さが景気を下支えする構図となります。

物価変動の影響を含み、生活実感により近い名目GDP成長率の予測平均は0.2%(年率換算0.9%)と、2四半期連続で実質成長率を下回ると見込まれています。

以上が四半期GDPの成長率でした。個人消費を冷え込んでいると応えたあなた、消費動向は基本的に景気に連動する癖がありますので、プラスである以上活発とは言えなくてもそれほど懸念材料にはなりえないという明るい観方をしています。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

2007/08/02

本屋さんに行ったら♪

普段読みもしないのですが、今日はお昼休みにちっちゃい本屋さんで立ち読みした本を結局悩んだ挙句にゲットォ!その名も「小沢一郎著 剛腕維新」(笑)。あーしょっぱなから鼻血が出るほど面白い内容に涙が出ます・・・。なぜなら、小沢現民主党代表の政権奪取までのシナリオを事前に公表しているところが面白いです!過去から~現在まで。

株の物色やめて、政治関連を物色しようかしら?!この方もまた、誰かさんと同じで「成功者は人の脳みそを上手く活用する」タイプかもしれません。ただ、慶大卒の脳みそとは部類が違いますけど・・・。

それはそうと、個人的ですが今年秋口より関東へ引越しする予定が入り込んでいます。広島のマンションは賃貸のままで、用があるときだけお世話になる・・・企業の出向命令・・・というわけで、8月中はなんやら忙しく、人と交流している暇もありません(^^;ただ、はっきり決まったわけでもなんでもありませんので、取りあえず深読みはやめて今をしっかり生きましょう^^

ランキングに参加しています↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

結局はサラリーマン虐めに終始・・・

変わらない体質を存続するとどうなるか・・・成れの果て

所得税、住民税の税率がアップしています。これは、故小渕内閣が発足当時、所得税を緩和する目的で作られた「定率減税」全廃の動きが出てきたことが主因と考えられます。与党公明党の長年の対案であった定率減税全廃の財源を年金給付金に全額投入するという案が現実化されます。

毎年少しずつ値上がりする、保険料、所得税、住民税・・・最終的にはサラリーマンだけに向けられた増税以外の何者でもありません。今回の参院選挙が、国民が安部内閣に「NO」を突きつけた以上それらを払拭するような何らかの打開策はなかったのでしょうか。閣僚の更迭はその最たるものではないのでしょうか?今日の報道ステーションで、元防衛庁長官を務めた「石破 茂」衆議院議員のコメントが気になって仕方がありませんでした。

テロ特措法、公務員改革、政治資金規正法など、審議に関わる重要な法案が山積の中「数で否決」される恐れを懸念していると・・・ようするに現在の日本の法案成立における制度的な問題です。衆議院で法案が可決されたあと、参議院で、過半数を占めている野党第一党がほとんどの法案を否決すれば本来成立されるべき法案が通らないことが予想されます。

ここで、思惑で申し訳なく思いますが「衆議院の解散総選挙」の勃発です(^^)。年内、或いは来年度中に起りかねないと推測しています。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 経済ブログへ にほんブログ村 株ブログへ

アクセスランキング

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。