【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の15件の投稿

2008/04/29

たびたび申し訳ありません^^;

私は今日から実家の東北に帰ります。せわしない今日この頃ですが(^^*)

GW中は家族と過ごします♪5月7日頃に東京に帰りますので、ブログの更新はそれ以降となります。いつも来ていただいている皆様には申し訳ありませんが、少々お待ちを・・・。ホントは泣きたいほど現在の『相場概況』を書きたいのですが、帰ってからにしますね^^;それでは皆様良いゴールデンウイークをお過ごしくださいませ(*^_^*)☆

きっちゃんへのアクセスはこちら the.high_priestess@nifty.com

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

☆業績修正銘柄検索 http://www.opticast.co.jp/opt/cliphow_f2.htm

☆決算発表予定検索 http://www.opticast.co.jp/opt/cliphow_f2.htm

2008/04/28

東京証券取引所視察☆

↑↑↑刻々と変わる全上場企業の株価表示。直径17メートルのガラスシリンダー。

↑↑↑主要株価指数、個別銘柄のリアルタイム株価ボード。


今日、日本橋兜町にある東京証券取引所を見学してきました。かなりの敷地面積。日本橋兜町付近には証券会社が立ち並び、銀行や郵便の発祥の地でもあるそうです。120年続いたという株券売買立会場が1999年4月に閉場したのは皆さんご存知でしょう。その跡地が情報発信基地「東証アローズ」として2000年5月に生まれ変わりました。東証アローズの象徴直径17メートルのガラスシリンダーで覆われたマーケットセンター内では売買の管理業務が行われ、その上方には、刻々と変わる上場企業の株価表示が・・・私の持ち株は前日比+41円、+5,4%! にんまり(*^^)v 今日、本決算の発表日ということで好感で上げただけかと思われますが・・・^^;ご近所だからチャリで毎日行けま~す。

東京証券取引所HP http://www.tse.or.jp/   

しかし警備員が必要以上に多いような気がいたしました。

見学者よりも警備員の数の方が多いのはおかしいのでは??

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/27

神田でございます☆


こちらが、一級河川、神田川です♪
窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿
貴方は 私の指先見詰め 「悲しいかい」って 聞いたのよ
若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった・・・



こちらは、日本橋です^^;♪


皆様、お久しぶりです(*^_^*)。きっちゃんはこの度、千代田区神田に転居致しました。最寄りの駅は総武線『JR浅草橋』です。本日やっと、ネット環境が整いやっと快適モードを堪能することが可能になりました。ありがとうございました~。4日間もパソコンのない生活を送っていましたので、かなり嬉しかったです。この神田という街はすごく綺麗で素敵な街です。マンションの近所には神田川が走り、徒歩10分圏内では日本橋に出会えます。昨日は近辺を練り歩き都内をグルグル堪能致しました。都立一橋高校まで見つけちゃいました^^;15分圏内には東京証券取引所が存在。東証には明日視察にでも行ってみようかと思います♪視察情報はまた明日以降アップしますね☆きっちゃんへのアクセスはこちらthe.high_priestess@nifty.com

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

☆業績修正銘柄検索 http://www.opticast.co.jp/opt/cliphow_f2.htm

☆決算発表予定検索 http://www.opticast.co.jp/opt/cliphow_f2.htm

2008/04/22

いつもありがとうございます☆

本日から数日間ブログの更新をお休みさせていただきます。アクセスしていただいている皆様には心から感謝申し上げます。

関東への移転、そして引越しの荷物の整理などが重なり、きっちゃんは現在ジタバタでございます^^;げっそり痩せました(笑)←冗談です。今度の更新はきっと、東京都内での更新となりますので、何卒宜しくお願いします。

少々の間ですが、皆様、お元気でお過ごしくださいませ(*^_^*)/~~~

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

☆業績修正銘柄検索 http://www.opticast.co.jp/opt/cliphow_f2.htm

☆決算発表予定検索 http://www.opticast.co.jp/opt/cliphow_f2.htm

2008/04/21

道路特定財源、一般財源化へ正式決定ーーっ☆

という、朗報?がこのたび入ってきました。ほんとに出来るのでしょうか?楽しみです。

フレーフレー!!

福田総理のコメントを転記します

『今後、財源も必要となります。以前のメルマガで、ガソリン税などのいわゆる道路財源について、「救急医療体制の整備や少子化対策などにも使えるようにする」と申し上げましたが、「一般財源化」が実現すれば、いよいよ21年度からは、税収を産科・小児科医療の充実のためにも活用することが可能となります。「一般財源化なんて本当に実現できるのか?」とのご指摘もいただきましたが、先週金曜日、「道路特定財源制度は今年の税制抜本改革時に廃止し21年度から一般財源化する」ことを、政府・与党で正式に決定しました。将来を担う子どもたちのためにやるべきことは山積しています。そのような政策を進めるための財源を確保するため一般財源化は必要です。野党の皆さんとの協議がようやく動き出しましたが、ねばり強く交渉してまいります。』

とりあえず、よかったです。我々国民の懐が少しでも和らぐなら^^;

大田大臣のコメントもありました。

景気対策のお話ですので、載せておきます^^;♪

『こんにちは、 今回は、景気の話をします。これまで世界経済をひっぱってきたアメリカ経済が、サブプライムローン問題によって減速しはじめ、その影響が、日本企業にじわりじわりと効いてきています。また、安全な投資先を探すマネーが実物資産に流れて、異常な原油高、穀物高を引き起こしており、これが食料品などの値上がりとなって、家計を厳しくしています。このようなことを背景に、日本経済はいま「踊り場」です。階段の踊り場のように、景気回復の動きが一時的に止まり、横ばいになっている状況です。今後、アメリカ経済の減速が強まり、長く続くようなことがあれば、日本への悪影響も拡大しますので、大きな警戒感をもって、経済動向を点検している毎日です。

 いま福田内閣の「成長戦略」をとりまとめ中ですが、この景気の動きを受けて、先行きのリスクに早めに対応するために、4月4日に「成長力強化への早期実施策」をとりまとめ、出来ることからすぐに実行に移すことにしました。早期実施策は、中小企業の体質強化、雇用の改善、地域の活性化などが中心になっています。例えば、雇用の取組みでは、フリーターや子育て後の女性が、企業の現場で実践的な職業訓練を受けるための「ジョブカード制度」スタートさせること、また、女性、高齢者、若者のための新雇用戦略を策定することなどが盛り込まれています。景気の状況に細心の注意を払いながら、この早期実施策をしっかりと実行してまいります。』

PS.すみません。毎日数え切れないほどヤフーサイトから検索ワード『きっちゃんブログ』で検索されてブログのトップページにアクセスされているリモートホスト hprm-12613.enjoy.ne.jp様。御来訪大変、有難うございます。一ヶ月以上前から毎日同じ検索ワードでアクセスされておられますがBOOKMARKされることを強くお勧めします。インターネットエクスプローラー7.0をダブルクリックして開いていただいたら、アドレスバーの下にツールバーがあり、左側に星と+のマークがありますのでそちらをクリックしていただき、お気に入りに追加を選択してください。次にツールバーの左端の星のマークをクリックすれば、ブログが登録されているはずです。そのほうが簡単にアクセスできますので・・・老婆心ながらコメントさせていただきました^^;何卒宜しくお願いいたします

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/19

キャッシュフローは企業の血液☆

経理を勉強しますと、おもしろい発見がありますよ。

現金商売(代金引換)をしている企業には全く関係のないお話ですが、中には、納品は先の代金は後日集金といった売掛商売・・・そして逆に、納品は後の代金は前納形で前受金といった形で計上される前受商売があります。

現金商売の良さは、年間を通してのキャッシュフロー効率を高めることにあります。年間を通して負債を計上せずに現預金比率だけを向上させ、運転資金で設備投資や資産運用なども活発に行えるようになります。月次の決算書を作成する上でも現預金比率を常に高位の状態に保持することが可能です。現金収入の場合は商品受け取りと同時に直接顧客からキャッシュを受け取ることができます。そこには負債は存在しませんので、直接的な決算書の中身は総資産=純資産となり企業評価はAになります。

売り掛け商売の場合は、代金未納状態の期間が長い程、本来予定していた出費分のキャッシュが手元にない状態が続くので、キャッシュ余力が鈍くなります。後日銀行振り込みというのは掛金なので、資産勘定となり、現金収入があると同時に相殺されます。勿論資産の内訳は現預金比率よりも売掛金がおおい状態で計上され、決算時まで現金回収不能の状態が続きますと、不良債権化され、本来支払うべき納税額も産出が出来なくなります。資金余力がないので設備投資や資産運用も出来ません。

最後に注目したいのが、前受け商売です。前受金は、商品が未納の状態で顧客から先に代金のお支払いを受けますので、キャッシュは手に入りますが、企業側からすれば実質負債勘定となってしまいます。間接的ではありますが例えば、顧客からの前受金で企業が設備投資を行う場合、実質借金をして設備投資を行っていることと同じ形になります。前受け金は前納型なので、キャッシュフロー効率は良くなりますが、負債として得た収入になりますので、会計式は 総資産=資本+負債となります。借金商売をするなといいますが、お客様から前納金を頂いている時点で企業からすれば負債を抱えていることと同じなのです。

現金商売のほうがいいんじゃんかぁぁぁぁぁ(><)

殆どは、現金、売り掛け、前受といった3通りの決済方法になります。、ビジネスの世界が評価されるのは業績はもちろん、高い支払い能力にあると思います。キャッシュフロー経営が大事なのはそのためです。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/17

テクニカル分析とは?☆

辞書でこの言葉をひきますと、『過去の株価の値動きから未来の株価数値を予測していくこと』とあります。ということは、過去の株価のデータなくして将来の株価は予測出来ない(測れない)ということになります。考えて見ますと、過去のチャートがあるということは、上場企業の中でも限られております。それは、上場後最低でも数年以上経過している、老舗の上場企業ということになります。

世の中にある全てのテクニカル指標は終値で作られています。始値で作られている指標など探すほうが無駄と言うものなのでしょうか。トレンドライン、移動平均線、MACD、ストキャ、RSI・・・考えて見ますと、終値数値なしでは算出出来ない指標であることがわかります。日々の売買に於いて終わり値こそが一番重要な価格です。その重要な価格を結んで出来るのがテクニカル指標です。

全ての指標は、過去の株価の蓄積データを元に算出されます。過去の株価データこそが重要で、過去のデータこそが未来の株価を予測し、決定付けるわけです。ですから、新規公開株と言いますのは、上場して数週間の企業ということになりますから、チャート形成期間が短くなるためテクニカルで全く攻められないのです。他にも色々な理由がありますが、個人的には避けたい市場だということをどうぞ、御理解くださいませ。

我々は、投機家ではなく、投資家ですので(*^_^*)。

例えばテクニカル分析とファンダメンタル分析・・・この二つの分析方法において株価の尺度を測ることができます。
現在の銘柄に、500円の値が付いたとします。この500円と言う株価が、その銘柄にとって
高い500円なのでしょうか、安い500円なのでしょうか、見分けるにはどうしたらいいのでしょう?テクニカル分析でお考え下さい。

例えばファンダメンタル。
株価の現在の価値はその企業の持つ実勢価値と比較して、高いのか安いのかはPERやPBR、適正株価などの水準から容易に読み解くことが可能です。この基準値はあくまでも数値上の水準であり、株価が需給で変動している以上、その水準は一つの目安の数値だとお考え下さい。

昨今のNY市場の株価を見ていますと、内部事情において実体ベースで山程の下落要因を抱えつつ、今だ需給バランスを保ちながらの高値水準を維持しているようにみえますよね。世界市場アメリカ。世界観から見たアメリカは日足ベースではまだ上昇波動には乗り上げておりませんが、勿論もう一段落があるのではないかといった懸念材料は山ほどあるわけです。そうなれば必然的に日本市場も巻き込まれざるを得ないのでしょう。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE 

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/15

投資家の心理線=移動平均線☆

などと言われていますが、一体何日の移動平均線が有効なのでしょうか?特に短期売買。これを軸にして投資をする場合。(多くの投資家はこれを軸に投資を行う)と言いますのも、最近の単発的な下落相場では、現物では小すくい程度の利を得るのが精一杯といった環境です。前日の外国市場は勿論、移動平均線の状態が良くなければ、投資家心理は良くないと判断するのですが・・・。

○日移動平均線を使用した場合。(超短期売買)毎日の株価の変動が単発で終わるケースが多いため、この上昇と下降のスピードに、この線がついていかないのです。今まで順調に上昇していた株価が悪材料からの懸念で下落スピードに間に合わなく一発屋の上昇に終わる。こういったケースは、下落相場の特徴なのでしょうけども、かなり神経を遣いますし、なんやら銘柄によっては『使えない線』になりつつあります。

"ガガガガ~ン"@@; ガガガガ~んめん神経痛ぅ~(--;

現在のNYは12700$前半で頭打ちして上値が重い、明らかなBOX相場です=上昇波動とは言えましぇん。御存知のように、トレンドフォロー系の技術であります移動平均線は、残念ながらトレンドのない相場では使い物にならないという習性があります。NYの日足チャートの短期移動平均線は、私が現在使用している5本の移動平均線の状態を観ますと、1本しか良い状態の線はありません(爆)。こんな状況下、日本だけが良いチャートの線を作れるような環境ではなく、本当に2番底待ちの展開になりました。株価が本格上昇に乗り上げるのはいつか、短期間であっても第3波動に乗れるような状況に最低でも6月頃にはなってほしいですね(*^_^*)。株が好きでやめられましぇ~ん♪

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/14

株式公開のメリットとデメリット☆

今日の日経様は、▼3.0%の下落。日足で2番底を形成するような動きでしたが、個人的には、週足上でしっかり2番底が形成されるまではまだまだ、明るい相場環境(兆し)とは言えないと思っております。月足上では下げ止まりそうな雰囲気を醸し出しているのですが、今の日本。さっぱり予測できません。勿論週足で2番底を形成する動きになれば本気買いしたいとは思っております。エイヤー!という買い方が出来ない状況です--;

先日投稿記事にあった企業経営者のお話ですが、先日こういう質問をしてみました~。

『先生の経営する企業は何故、上場されないのですか?』その御回答は以下のような結果となりました。

『株式上場に関しては野村証券をはじめ多くの証券会社から上場のお手伝いをさせてくださいというお話を頂いておりますがすべてお断りさせていただいております。FC本部は潤沢な資金力=剰余金、好業績、効率良い経営がなければ多くの企業様からの業務提携はありません。「我が社○○○」本部が多くの企業様から信頼され業務提携の打診があるのも業績好調だからで上場企業に匹敵するからではありません。

上場すれば現在株式の100%を保有している僕には約20億円もの資金が入ります。その代りに会社は株主のものとなり現在の剰余金十億円は配当という形で株主に配分されます。株主総会では株主の意見を反映した経営を心掛けますので短期の投資で効率良い経常利益を出すようになります。短期投資は長期展望に立てないので10年スパンでは業績低下を招きがちです。そうなると「我が社○○○」は企業買収のターゲットになり、大手上場企業S社などに買収されます。何しろS社は全国展開している我が社○○○が欲しくてたまらないのです。

需要が拡大してきますと、我が社○○○と業務提携したいという思いは今後ますます増えてきます。こうした展望に立てば株式上場ではなく非上場で剰余金を積み増して圧倒的な業績を堅持するほうが得策なのです。

株式を上場して資金を広く集めることで、店舗展開を早めたり、工場を作って増産する場合など多くの資金が必要な企業では上場することは多くのメリットがあります。資金的余裕のない企業にとって株式上場は銀行からの資金調達ではなく株式市場から返済しなくても良い資金を調達できますから実に好都合なのです。ただし、経営には株主の総意が必要ですので株主総会での承諾が必要となります。そのために公認会計士や内部監査・内部統制などに多額の費用と労力が割かれます。また、上場手数料も欧米にくらべて煩雑で高額です。資金調達の目的以外では株式上場のメリットを出しにくいのが現状です。

業績=説得力ですので、僕個人の利益よりも会社の長期的利益を優先している次第です。ビジネスの世界では相手を説得させる材料は業績だけです。業績が悪ければ誰もこちらを見ようとはしません。20億のお金を持って引退しタヒチで悠々自適の生活よりも僕はこの会社の仲間や生徒の方といっしょになって悩み苦しみ涙し、喜びを噛みしめる日々を過ごして死んでいくほうが楽しいのです。皆さんのために生き、皆さんのために死んでいくことに何のためらいもありません。」

きっちゃんなりの回答

ご自分の会社が上場しない理由をここまで明確にお応えできることは素晴らしいことです。また、ご自身の利益よりも従業員を含めた企業価値やお客様そのものを最優先させておられます。業績や資本力は経営者の器に比例するとはこのことでしょう。資金が必要だから上場して返済しなくても良い資金を集めることは可能ですが、資金力が豊富な会社は無理に株式公開する必要もないのですね^^;・・・上場におけるメリットとデメリットを知り、大変勉強になりました(*^_^*)。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/12

企業価値を知れば☆

ちょうど2005年の稀有な上昇相場で大資産を築いた投資家は2006年1月のライブドアショックに巻き込まれ、大資産が大死産に一変した方も多かったでしょう。新興市場はショック以降特にマザーズ指数の下落の勢いには目を見張るデータが出ています。年間最大76%にも及ぶ下落率(新興離れ)を横目で見ながら、はー、時代は変わったのかしらと思っていましたが^^;ご存知のように外国資本は優良株へしか入らないというデータがあるようです。それを考えますと、やはりシビアなのでしょうね^^;

特に日本人は、数字に弱い人種と言われているようです^^;。勿論図やグラフで理解するほうが理解度が深まるのですが。特にそれがよく理解できる傾向が、例えば会社を評価するとき、見た目で判断する特徴があるようです。

『有限会社○○と株式会社○○、就職するなら貴方はどちらを選びますか?』と聞かれたとき、大多数の日本国民は「株式会社○○」と答えるでしょう。多分、私もそう答えます。これは株式会社のほうが資本力があり安定しているというご本人様の思い込みがあるのでしょう。本来、倒産寸前の株式会社様も存在すれば、健全経営をされている有限会社様もあります。でも、本当の企業価値を知っている方であれば、社名や形式ではなく、会社の財務内容や今後の業績面を真っ先に評価するはずですよね。上場企業が全て、業績がいいかと言えばそうではなく、株式を公開することで得られるメリットを享受したいといったパターンも考えられますので。

20代の頃、一人の経営者に出会いました。この方は、地方に会社の本拠地を置く有限会社様のオーナーの方でしたが、全国のフランチャイズ展開が成功し、会社の業績を押し上げ、成長とともに本社移転、つまり、本拠地を地方から東京都へ移転しようと考えていました。東京都心のマンションビルのオーナー様を一軒一軒渡り歩いたそうですが、地方の有限会社だというだけで、全て入居のお断りをされたそうです。管理ビルのオーナー様は、会社の決算書の見方など知りませんから当時、かなり非難を浴びせられ、鼻にもかけられなかったそうです。こうしたことは茶飯事といいますが、こういった現実は見直される必要があるようです。

例えば、金融機関からお金を借りる時、企業様であれば必ず過去5年に遡った決算書を提示し、合わせてビジネスモデルや使い道を提示しなさいと言われます。それが将来の延滞や債務不履行にならない為の重要な評価材料(手段)になるのですから。

今は、会社法が変わりましたので、これから設立する会社は全て株式会社になるそうですが。アメリカを例にとれば、アメリカで起業する場合、全て株式会社になるそうです。日本のように、個人事業、有限会社という枠組みがないそうですね。現在この企業は、グループで150億円以上の売上げを誇り、業種別では収益率NO1。日本一の規模に成長しております。企業の真価が問われる時代などと言いますが、個人であっても、決算書を正しく読む時代になったと痛感します。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/09

外国人株主比率は高いほうがいい?☆

対米ドル・・・1ドル95円にタッチしてから知らぬ間に102円台まで円安が進みましたね@@;。これからまた、円安に向かうのでしょうか?
ただ、3月決算の輸出関連企業の大半は、昨年度第3~第4クオーターにかけての急ピッチの円高により、減益を免れられない決算内容となりそうですね。外需頼みが大半の純日本企業にとりまして、為替変動にこそ影響(左右)されない国内資本の増強を計っていただきたいものです。この国の女性大臣は、円高対策が不得手だという御指摘が出されているようです。現実問題、国力の低下や衰退は免れられないのかもしれませんが独自のブランド力を世界にアピールしていただきたいと思います。ただ、業種別にいきますと、海運株は相変わらず強いですね。海運は円高や燃料高に動じない右肩上がりの業績が続伸中です。

また特徴的なのは、外国人持ち株比率が高い日本の銘柄群ほど株価の値動きが激しいようです。(よく上昇する分、よく下げるという意味合いです)
外国人保有比率の高い銘柄・・・(新聞記事より)

8591 オリックス 外国人持ち株比率 67% 株価騰落率 ▲48.5% 9831 ヤマダ電 61.6% ▲30.8%
6988 日東電 57.5% ▲30.0% 6963 ローム53.8% ▲39.3% 6758 ソニー 52,6% ▲34.8%
7741 HOYA  51.4% ▲37.7% 8801 三井不  50.1% ▲34,2% 7261 マツダ  49.9% ▲48.7%
6273 SMC 49.3% ▲33.4% 4901 富士フィルム 48.6% ▲28.6% 4503 アステラス  47.9% ▲23.2%
8564 武富士 47.9% ▲43.0% 6767 ミツミ 47,3% ▲23.5% 6806 ヒロセ電 46.9% ▲22.8%
7974 任天堂 46.3% △9.2% 4902 コニカミノル 46.1% ▲21,6% 6954 ファナック 46.1% ▲21.9%
6645 オムロン 43.8% ▲40.1% 7751 キャノン 43.5% ▲32.0% 5016 新日鉱HD 42.9% ▲53.4%

登場する上記銘柄において・・・SPショック時の下げ幅だそうです@@;

外国人比率は高くても全体の09年予定のPERは低く、平均値13.92倍という水準。割安ですね~。
自論としては、上記を分析するに大部分の銘柄が業績優良株であるという結論。
潤沢なキャッシュフローと高い収益率。ファンダメンタル面を重視した銘柄選択・・・まあ中には減益見込みの銘柄もあります。
そして、登場する銘柄群が東京証券取引所第1部、大阪証券取引所第1部の上場銘柄であること。特に外人さんは、このような優良株を売買の対象にし、大株主比率もかなり高いようですね。しかし、青い目は買付け時も売却時も冷淡です。特に去り際の潔さには関心するデータがあります。この大胆さ(売買頻度の激しさ)こそが活発な取引を促進させているような気がします。

2007年7月末のSPショックですが、東京市場はこのとき、優良株すら売りの標的にされました。外国人投資家が株式から引き上げる際、真っ先に標的になったのは、取引が活発で換金しやすい日本株でした。実際、外国人持ち株比率が高い銘柄ほど、下げ幅がきつかったようです。「企業のファンダメンタルは完全に無視された異常な相場」と、ストラテジストは語ります。外国人の日本株売越額は3月第2週だけで9000億円を超え、これは1987年のブラックマンデー時に次ぐ高水準です。そういった意味合いも含め、サブプライムの嵐が弱まれば外国人株主比率の高い国際優良株が持ち直し、信用不安が高まる局面では、この比率が低いディフェンシブ銘柄に資金が向かう・・・しばらくはそんな相場展開になりそうですね(*^_^*)。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/08

ああ、ラテ中毒・・・(><)☆

お知り合いで株中毒の方は知っておりますが・・・
最近あるカフェのお店の『ラテ中毒』になっております(><)
本日連続で かなりでかいマグカップに4杯もお代わりしました。
値段が安いので助かりますが・・・
2カップずつ2回にわけて注文です(笑)。将来糖尿になったら、どうする?
ならない保証ナッシング。

抹茶ラテ→カフェラテ→抹茶ラテ→カフェラテ(爆)

すみませんね、投資とまったく違う話題で・・・^^;

今までの最高記録・・・同じカフェに6時間半居座り・・・ラテのお代わり12杯です。
何をしているのかと申しますと、勉強したり、お化粧したり。
まじで将来、ヤバイかもしれませんね。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/06

全体資産の評価額って?

投資活動を行う際の定義付けとしては、『現在在る資本を効率よく運用して殖やすこと』ということを前提として一般的に言われていることです。それが資本労働という位置付けならば正解なのではないかと思います。それが自分の財産を大きくする労働であれば誰もが喜んで投資に励むのでしょう。しかし、資本は殖えても資産は殖えているのか?と聞かれてどうでしょう?と疑問に思うことがあります。

総資産=資本+負債 =全体資産

という公式で現されます。経理の資格のない方でも、学校の簿記の授業で皆さんが習ったことのある (企業会計)でいう総資産の内訳を表す会計式ですよね。資本と負債のバランスはどう変化しており総資産のバランスはいかがでしょうか?

総資産=流動性資産+固定資産=全体資産

最終的には、この公式が資産を構成する中身の部分でありますが資本労働を行うことの中核をなしている部分だとしたらいかがでしょうか?全体資産が拡大しているならば何も問題ありません。もし全体が収縮しているならば、資産が目減りしている原因を徹底的に洗い出さないかぎり、将来の資産構築はいつまでたっても実現できないということになります。株式の評価価値云々よりも前に、まずは御自分の全体資産の価値を把握することが先決でしょう。

運用成績ばかりに目がいくと、資産設計=資産の増大という定義を無視することになり、投資活動は無駄な行為になると思います。つい最近まで私もこのことをあまり重要視せずに投資を行ってきましたが、株式投資が労働である以上は、収益が資産の増大に直結しなければ何も意味がない行為になってしまいます。木を観て森を観ずは失敗の元・・・

こういった資産の現在の価値と将来の価値を計るには、経理の知識が必要にはなるのですが・・・。投資活動を行うのに簿記を知れとは、何を今更?と言われるかもしれませんが、将来の資産設計を本気で考えるならば、経営者だけではなく、我々個人もある程度は知っておくべき知識なのかな?と思いました。

勿論、我々は専門職では在りませんので、資産評価を厳密に行えと言われても不可能な話です。保有銘柄(有価証券)に含み損が出来るように、固定資産にも含み損があります。これらの資産を自己資本で補っているのか、他人資本で補っているのかでも評価は異なってきます。

また大きく言えば、資産価値はインフレやデフレといった世界規模の経済下、需給バランスにおいても常に変動します。今置かれている自分の立ち位置を振り返る必要性があるでしょう。貴方の資産は拡大しているか、縮小しているのか?縮小しているならば、原因は何か?私も毎日が勉強勉強ですが、最近特に興味深いお話です。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/04

相場概況☆

サブプライムショック以降の日経週足チャートです^^;今更ながらこの下降波動を御覧頂きましょう。外国人投資家様の連日の買い越週間で、久々にといいますか、やっと週足がナガ~イ陽線表示になり、トレンドラインの上値抵抗付近で頭打ちしてきましたね~ラッキー週間です。月足もこのまま第三の上昇波動を形成する動きになることをお祈りして止みません。ようは、3月17日の12000円割れの日が一番底になってほしいという密やかな願い(^m^)日足ではだましになる可能性を秘めながらも、2月16日と2月27日を結んだ上値抵抗ラインを突破して引けています。忘れもしない・・・8月17日の週の大陰線は、目立っていますね^^;

取りあえずは、週足短期線に乗せて引けたので、今のところ一安心といったところでしょうか。MACDも、底値付近からやっとこさ、上を向いてきました。来週は押し目になる週かもしれませんが、銘柄や業種によっては先行して押し目買いが出来る雰囲気になっております。現在の持ち株は2銘柄です。銘柄検証は新規ブログMY_SWING_TRADE_ANNUAL_PERFORMANCEのほうで2~3日中にアップします♪

御来訪ありがとうございます(*^^)(^^*)♪

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

2008/04/03

新規ブログ立ち上げ☆

CM・・・またブログ作りました。個人的に株式運用記録と題して、売買している銘柄、短期トレードにおける売買記録を含めた小話等の内容の記事を載せていきます。宇宙空間のブログにため、ちょっと暗いイメージかもしれませんが、御了承くださいませ(*^_^*)また、短期トレードのため、毎日売買を行っているわけではありません。

MY_SWING_TRADE_ANNUAL_PERFORMANCE

ちなみに、このブログ記事の右側のカレンダーの下に『Performance☆』と題しまして貼り付けしております。暇あるいは時間に余裕のある方は、覗いてみてくださいませ☆免責、注意事項をよくお読みになってくださいね。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

マネックスなら信用取引口座開設時の収入印紙代(4,000円)が無料。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。