【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 不動産業界について☆ | トップページ | 現在使用中のテクニカル指標☆ »

2008/06/27

今日は別荘地におります☆

夜新幹線でダダダっと、東京から広島に出てまいりました(*^_^*)。現在二重生活で、東京9割広島1割の生活です。冬物をダンボールで送り、今度は夏物を取りにまいりました^^;いやいや空気がいいです。酸素チックでとてもよい気分。ところがどっこい、日曜の夜にはまたダダダっと東京へ帰るのですよ。会いたい皆さんが沢山いらっしゃるのに、やることが多すぎてこのたびはちょっと無理のようです。

昨日のダウは今年三番目の下げを記録。日足下値支持線を陰線で割れました。ということで恐れられていた今日の日経は、13810円のネックラインをあっさり割れました。 東京市場は、外国為替市場でのドル売り、原油先物相場の初の1バレル=140ドル台乗せ、米国株式市場の急落と、外部環境の悪材料が噴出し、波乱の展開><前日に13週移動平均線を割り込んだ日経平均ですが、本日は寄り付きから売り一色で、26週移動平均線が位置する1万3600円水準、75日移動平均線が位置する1万3550円水準(26日現在)を一気に割り込み、寄り後に一時1万3500円割れまで急落。相場の状態がまるで『昨年の真夏の大暴落』を思い起こさせるかのような気持ち悪い下げでした。やはりきたか・・・原油高に株安・・・そろそろ空売りの季節がやってまいりました(*^_^*) こんなときは、静観が一番お利口なのかな^^;上げは現物で取り、下げは信用で取る・・・BOXはオプションか・・・どちらにしても空売りシグナルは近しです。 

相場は相場に聞け・・・

こちらは、広島電鉄『路面電車』でございます♪
なんと、大人お一人様150円と言う低料金で広島市内を堪能できます。子供さんは80円ですね。

ワイン飲みすぎたようです^^;=ワイン投資しているわけではありません。今日はおとなしく寝ます。

【国内市況】 ■日経平均株価 13544.360円(前週末比 -397.720円 25日線乖離率 -3.818% 13週線乖離率 -2.278% 12週GCV 3.162%)

【海外指標】(26日) ■NYダウ 11453.420ドル(前週末比 -389.270ドル)

【為替・商品】 ■円相場 108.090円(前週比 +0.390円) ■WTI 139.640ドル(前週比 +5.020ドル) ■ロンドン金 909.500(前週比 +2.000)

【信用取引】(20日) ■買い残・金額 (2161455百万円 前週比 +58768百万円) ■売り残・金額 (1193941百万円 前週比 +21914百万円)

【主体別売買動向】 ■個人現物(37億円 前週比 -2223億円) ■個人信用(509億円 前週比 -1619億円) ■外国人(1774億円 前週比 -1043億円) ■銀行(-207億円 前週比 +3646億円) ■投資信託(-4億円 前週比 +458億円)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

« 不動産業界について☆ | トップページ | 現在使用中のテクニカル指標☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

お答えありがとうございます。
この低迷相場の中値。(変動のあった日より現在までの最底値までの平均をだして(13732)、現状のように1部の商品(インターネットバブル、今回の商品先物集中,
日本のバブル)に、マネーが集まっていく過程によるマネーの引き抜かれる方の( この場合規模の差があるので、加味するひつようがあります。)変動値を求めて、(14.87%)
 この以内に収まる確率が、同過程を歩むなら高いと考えての数字です。
 わたしが考えているものであり、もちろん否定するか、肯定するかは自由ですよ。これは、私の判断基準で~~す。
(^0^)/

wineさんへ☆

おはようございますhappy01
ここのところばたばたしておりまして、レス遅れました。

>ただ、どの地点で、石油が巻き戻しを起こすかが、最も重要なことではないかと思っています。
いまのところ、年後半より、来くらいかなと思います

wineさんの見解ですね。私もそれは考えています。
ただ、原油市場が過熱圏にある以上は、いずれ後退することは避けられませんが、
それが何時になるかは誰にもわかりません。
戦争や、新興国の原油依存などで希少な資源となっている中、マネー騒乱が拍車を掛けている。
理論上、価格が高騰するのは、当たり前の話です。原油市場とダウの関係は、目を見張りたいですね。
おもしろいと思います。

>最大11689<Ⅹ<15775まで、日経平均は見てればいいかな?

ただ、この数値の明確な根拠はわかりませんが?

そういっていただけるとうれしいです。(^0^)
さて、経済の流れとしては、まだ下に押す確率は高いと思っています。(普通は、オペック内の裏切りで下落していましたが、今は、まだ団結しています。)
 ただ、どの地点で、石油が巻き戻しを起こすかが、最も重要なことではないかと思っています。いまのところ、年後半より、来くらいかなと思います。今より、少しずつ日経平均に対しレバレッジ効果を持つものを買っていくつもりです。
最大11689<Ⅹ<15775まで、日経平均は見てればいいかな?と思っています。
石油は、落ちるときは50$くらい一機にマイナスするでしょう。そのとき、ダウは?
 ワクワクです。(^^9

sunwineさんへsun

wineさん、お仕事お疲れさまでございますhappy01

すばらしい&レベルの高いお話、たくさん有難うございます!!
先ほど、東京の地に戻りました。

歴史上の人物から学ぶことや教わることは多いのですが
それが現代に受け継がれている(映し出す)様相は、とても感慨深いものがありますよね。
投資も同じことで、過去のチャートに全ての経済の動向(金融情勢、国際情勢など)や情報材料、はたまた人間心理が織り込まれて形成されています。
それを考えますと、類似していて興味深いことと思います。
歴史は、投資にも精通するものですから道理から外れていませんので、何も気にしないでください^^;

ちなみに、暗愚は後継者、弟の宗盛ですね。
明治維新までは、一夫多妻制が当たり前の時代でした。
清盛も3人程の本妻がいたというお話です。
関白、娘婿の藤原基経の後継人話は初耳でした。

とっても頭の良いwineさんから褒められるのもウレしいですね。ありがとうございますsmile

清盛は、同時の民営化、を進めた人。
重盛(小才子の域をでず。)とあります。(暗愚とは言いすぎでした。)
しかし、実戦経験者なのでその経験を買っていたそうです。
(父に言われたとおり見事におとりを演じている。)

 このように歴史を調べてもわかるとおり、「自分で調べて論理の矛盾がないか?」としらべないと、多くのウソや、数字、統計の拡大解釈によるゴマカシ
が歴史以外でも、特に投資の世界では多いです。数字重視派の人は特に気にかけてください。分かりやすいので陥りやすいです。(ファンダメンタルズ派の私もしばしばやられます。)
自分で、現象から仮説を立て、仮説が正しいならどうなるか現実で、検証し修正していく。真実を知る上で、とても大切なのとです。(きっちゃんも当然感じているでしょうが投資の世界ではブラフは、なおのこと多いです。)
 これが最も重要なことかもしれません。
(なおいま先の経済の流れとしては 3種類シナリオがありどれが正しいか、正確には
決めかねています。)

頭もよい人みたいなのでついつい長くなりました。
歴史談義につき合わせてすみません。(_ _)
 投資のブログでしたね!(^^)
 なお当時の調査資料は、玉葉、東鏡、延暦寺の古書、官の記録書でした。(多少は、忘れているところがあったかもしれません。すみません。)

実際は、娘婿の藤原基経(才人だったそうです。)に目を付けていたようです。(その方が、ぶつかることなくまとまり、うまくいく。)
そして、自分は軍事、貿易に専念しようと考えていたふしがあります。(死んだときは、かなり落胆したそうです。それから改革を急ぎ始めています。)
また、早世した、重盛へ(暗愚です。)ためしに、平家納経を書くように仕向けたが、書いたのは自分のみ。(金字は、今でも書きずらく、かなりの根気と、我慢強さが要求されます。)
しかし、書いたのは、清盛のみ。(子は全部書いてない。ダメ)ほかは、坊さんが書いています。(それは、改革急ぐはずです。)
 あまり知られていないことです。(^^)

wineさんへ☆

こんばんは(^^)!!

平家=桓武天皇子孫
官=役職
禄=土地、食料

あの頃から役人(官)の権力が大きかったのですね。
益々今の日本とそっくりです。
平忠盛は海賊退治出身だったのか。
日宋貿易が盛んな頃ですね。
でも、清盛は隆盛しましたが、後継者で大失敗しましたね。

>彼の治世が長ければ、貿易立国になっていたでしょう。

子は長男重盛が毒殺の可能性?ですが、
かなりの才覚と出来物とのお話。
しかし、暗愚な次男宗盛が後継者になったことで源との戦いで滅びた。
もしも、長男が後継者だったら、頼朝の時代は到来しなかったかも?
そう考えると、残念なお話ですが、いずれも現在に引き継がれる世襲を物語った、面白いお話ですね(*^^)v

ファイト!!(^^)

wineに関しては、ベストビンテージなら、時間がたつにつれ、上昇スピードが増します。それも楽しみです。(^^)

彼の父も海賊退治で伸びた人ですが、実際は、「作物が取れず、仕方なく海賊をやっている。平のなお与え官を与え、禄を与えるゆえ貿易の船を警護せよ。」としたそうです。
海賊は激減したそうです。(従わないものは、兵が少ないゆえその物たちを使い無論討伐しました。)
 西が飢饉のときは、(東で、米をそろえ(こういうことも当時か少ないです。)、飢饉が全国に及ぶときは、貿易で得た資金で、宋より運ぶことも考えていたそうです。(それだけ飢饉が多かった。)凄いです。
また貿易船も官のものにせず、広く商人、工人たちの作ったもの宋に売った物に税をかけ資金をためたようです。
古典に「あなたこなたに障りなく」とあり、万事仔細に気のつく人であったようです。
 彼の治世が長ければ、貿易立国になっていたでしょう。
子は暗愚だったようですが。(次がせたい者は死んでいるのは不運です。病状から考えると、毒殺の確率もあります。
当時の京は毒殺が多いところですから。)(^^)

wineさんへ☆

>ワインは、最低5年はかかります。しかも、時間がたつにつれて上昇する特性があります。後は、経済サイクルしだい。

熟成するまでの期間を想定した場合答えは求まりますね。
経済サイクル的には、勿論安値で拾って高値で売ることが大前提でしょうから。
ワインと言う付加価値が上昇期にある場合と、下降期にある場合とを勘案する必要性があるということですね。

>厳島神社に行ったときを思い出します。平清盛が、よく調べるうちに言われているよりかなり違ったひと

厳島神社は私も、2度ほど参拝&観光しました♪
美しくて、とっても厳かでしたよね~紅い橋(*^_^*)
平清盛さん、すごい!!
一度目は紅葉の見ごろ、2度目は紅葉の終わり。
11月の中旬以降は参拝&観光客が多いのはそのためでしょうね(*^^)v

ワインは、最低5年はかかります。しかも、時間がたつにつれて上昇する特性があります。後は、経済サイクルしだい。
基本的には、上昇基調です。
 当たり年か、はずれか?きわめて重要です。しかも、その年の3~4月までに決めます。
ブドウすら出来てません。降雨量、日照時間を予測し、購入していきます。ファンドは、300万からありますよ(^^)
1.2~2、5倍位のようですね!5年は解約までに最低かかります。
 私は、単品狙いの、オークション売買です。
 後々の楽しみです。(^0^)
 広島に行かれたのですか?厳島神社に行ったときを思い出します。平清盛が、よく調べるうちに言われているよりかなり
違ったひとであり、多くの人を救っていたので好きになり行きました。(実際、彼の治世の及ぶところは、税金もかなり安かったようです。人柱風習を、やめるようにしたのも彼です。
なかなか本当は、分かりにくいものです。)(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不動産業界について☆ | トップページ | 現在使用中のテクニカル指標☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。