【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 日経平均株価続落54年振り☆ | トップページ | 業種別日経平均株価(500種) ☆ »

2008/07/06

ドル円チャートと日経平均225種☆

←ドル円日足チャート逆目盛 3月17日からの緩やかな円安

←3月17日からの上昇から下降トレンドに移行する日経日足チャート


3月17日という日を境にして、為替と日経平均株価のこの華麗なる連動性をご覧下さいませ。この3ヶ月間、日経を支えてきたのは為替相場だといわれているようです。日本は外需産業の伸びに大きく影響します。しかし、この一週間程前から少々様相が変わりつつあります。円安傾向が続伸中の為替と中期的な下げに入った日経という組み合わせ。勿論本来、円安株高になりやすいといった傾向はあります。

『半値戻し』といった言葉をご存知でしょうか。
ご覧頂くとわかるとおり、日経平均株価は3月17日の底値11691円から直近の高値14601円まで2910円、率にして25%の上昇率を記録しました。この高値から底値を引くと、上昇幅が求まります。

  (高値)14601-(安値)11691=2910円=上昇幅

この上昇幅に対して単純に半値を求めますと、13146円
株価変動の癖の一つとして、上昇相場からの下落率のメドは大体半値付近だと言われております。そこを目安に、大体このぐらいまで落ちてくるのではないかという判断基準の一つになるわけです。そして直近の安値は7月3日(木)現在の終値13118円。この数値は単純につけられた数値ではないと思っています(*^_^*)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

« 日経平均株価続落54年振り☆ | トップページ | 業種別日経平均株価(500種) ☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経平均株価続落54年振り☆ | トップページ | 業種別日経平均株価(500種) ☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。