【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 大忘年会part2in新橋☆ | トップページ | 取引の一部お見せします☆ »

2008/12/17

相場概況プラスα☆

半値戻しはいつのことやら(T◇T)

先日のブログ記事でいかにも景気のよい「ふり」を貫いた私ですがこういうことをぬけぬけと書くこと自体が・・・

人間できてましぇん・・・

本日の日本市場は、昨夜の外国市場の大幅高を受けまして、高値は更新できたようです。日経平均テクニカルは終値25日線3.58%プラス乖離付近で、回転日数は、33日。日経平均は中期的な資金が多く、225だけみれば毎日の売買高が少ないといったところでしょうか。33日前といえば、今から遡ることちょうど10月28日の直近の大底の日になります。この頃から ご存じのように、値幅が小さくトレンドのない保合いペナントレースを続けてきたわけです。この三角保ち合いペナント型は、暴落後の底値圏によく見られるケースです。理由は2つありますが、大暴落を引き起こすことによって株価が上昇に転じるまでの期間 一定期間の調整が働きます。この調整の期間がこの1カ月と言っていいでしょう。上海ショックの後がそうでした。昨年2月26日のからの大暴落後の底値が3月5日の終値16642円。ここから調整期間が約一か月続いたわけです。

しかしずっと短期売買してなかったら、やり方忘れました。今回、短期売買に毎日の売買高の小さい銘柄を何銘柄か触ってしまいましたが、回転日数は4,5日程度なのに、スリッページが大きいので指値しても届かないことがあって一部売買不成立でオーバーナイトしてしまいました。6000円程度の収入に終わっちゃいました。一日持ち越すということが不安定な今の相場では許されるはずもありませんが・・・。皆様、短期売買をされる以上は売買板の状態をしっかり見ましょう。毎日の出来高は重要です。短期売買の場合は、少なくとも一日10万株以上売買が成立していることが必須条件です。

☆みぞうゆうの金融危機におけるみぞうゆうの相場に疲弊している凍死家さまへ

最近、投資家ではない方から質問を受けました。
「きっちゃん、こんなに株下がってるのにあんた株やってるって頭おかしいよ。」
と、変人扱いされましたが・・・

実は私は変人なんです。今頃気がつかないで下さい。
世間は、景気が悪い、悪いと言っているが個人的には景況感をあまり感じない。。消費が伸びないので、個人商店なんかにいけば大事なお客様として神様扱いしていただけるし、需要に比較して供給量が多いので値段は安くなります。お陰様で資生堂の化粧品を30%オフで買えました。こういうときに沢山買えば、丁重に扱われます。しかし、ここまで安価になろうとも消費は伸びないので、尚一層デフレに拍車がかかるわけです。車両でごったがえす人気のある東名高速と、閑散として誰も利用しようとしない田舎町の一般道路・・・ご存知かと思いますが、常識的な方は前者を選びますが、非常識な方は後者を選ぶかもしれません。

先日のアメリカ発ビッグスリーショックでは、総勢何万人という方々が市場に投げ出され、職を失ったわけです。明日は我が身かもしれませんが・・・まあ、何とかなるでしょう(笑)日本の自動車業界も多大な影響を受けています。会社は収益が悪化してきますと、内部留保を削るか、負債がある場合には経費削減を考えます。自分の体力を維持するためにはこれは当然ですが、企業も生き物である以上いつまでも自分の会社の将来性を保証できるものではないと痛感させられました。

時代のキーワードは「淘汰」でしょうか?不良品は自然に排除され、必要なもののみが市場に残る・・・スリム化です。株式市場がこれ以上スリム化してしまえば困るわけですが・・・時代の流れを感じます。株式市場の投資先における優良銘柄を探すかのように我々人間も振るい(スクリーニング)にかけられるのかもしれません。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ 

« 大忘年会part2in新橋☆ | トップページ | 取引の一部お見せします☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

江戸の隠居様へ

ありがとうございます(*^^)
おー、隠居様の意見はかなり重い意見ですね。
そういう理由があったんですねー^^;笑いごとではありませんが。

>追証が払えない投資家、期日に追われる投資家がどんどん淘汰され

テクニカル的な技術をマスターしている投資家だけなら、今のトレンド転換後の相場で新規に売りをしかけるなど
言語道断ですねー。
うちの学校で今の相場で空売っている投資家はいません(笑)
とくに信用の場合は、しっかりとテクニカルをマスターせずにやることは大変危険な行為です。
信用取引を短期売買として位置つけている投資家、決められた維持率を厳守している投資家だけなら問題はありませんが。
本来は維持率低下による強制決済などならないように、最低限のテクニカル的な技術は習得しておくべきですね。

レンゴーの取引は自分でも上手くいったと思っています。
投資資金を守るためには早め早目の決済が必要ですね。
とくに、大局的な下げ相場の中の押し目拾いであるという認識でおります。

>今の時点で買い残が減って売り残が増えていること自体、おかしいとは思いませんでしょうか?

株価は下落し続けているので、追証が払えない投資家、期日に追われる投資家がどんどん淘汰され、一方新規の信用買いは細っているので買い残は減少します。
一方下落トレンドに対する順張りは売り継続、もしくは利食い買い戻しの後の新規売り、トレンド転換阻止のための売り乗せなどが活発で増加傾向になります。
一方逆張りの人の多くは現物買いなので(もちろん数量的には少数・少しずつ買う)信用残には現れません。

レンゴーの取引お見事でした。

tomiさまへ
こんばんは(^o^)
「ふり」でしたわん(-。-)y-゚゚゚
無能な人間なものて゛σ(^_^;)
頭の中がみぞうゆうの危機 ですわん。
そのとおり!
スクリーニングかけるべきは間違いなく霞ヶ関付近のお役人さんと政治家!
tomiさんもなかなかのツワモノですわね。

そうです!

ワインさんへ

すみません。もしかしてアメリカのゼロ金利政策を打ち出した件ですか?

「ふり」でしたか(^^;
それにしてもテレビでみぞうゆう凄いですね!
これでもかってくらい雇用不安報道してます。
ひょっとしたらひょっとするかも・・・
税収大幅減でいよいよ国が淘汰?
はやく不良品の政治家や官僚を
スクリーニングにかけてほしいものです。。。

江戸の隠居さんへ

わかりやすいご解説ありがとうございます(*^_^*)
東証一部だけでも、昨年7月に580兆あった時価総額現在300兆円を切っておりますからね。
市場規模として、約半分になったということです。

もちろん今のスタンスは順張りです。あれだけもち合い抜けの記事書いているぐらいですから(笑)
隠居様には不要なご回答とは思いますが・・・
順張りの発想が確実性を増すためには、さまざまな指標を組み合わせる必要がありますね。
テクニカルチャートだけでは判断はしておりませんよ。

ただ、我々が順張りなのに対し、他の投資家はまだ逆張りのスタンスを持ってる方が大半なんですか?
しかし、これは1週間ごとに更新される信用の買い残、売り残の数字が如実に物語っています。
今の時点で買い残が減って売り残が増えていること自体、おかしいとは思いませんでしょうか?
何故こういった現象が起こっているのでしょうか?

wineさんへ

お疲れさまです♪
日本のことですか?
ただ、10月のことなので景況感として我々が感じるようになるには何ヶ月かの時間は要すると思いますね。
なんにしても、抜本的な改革をする必要がありますね^^;

おはようございます。
今年の株安で(昨年末比)200兆円以上と言われる国富が消滅しました。(時価総額減少)
その逆資産効果、経済へのマイナス効果は非常に大きなものになります。
最近、急に悪化したと多くの経営者がおっしゃっていますが、要因として円高は言うまでもないでしょうが、10月に歴史的な暴落が起こり、株価は経済の先行指標と考えれば当然の出来事が起きているといえます。
投資スタイルは人それぞれですが、アマ的手法が逆張りなのに対して、プロ的手法は順張りになります。
きっちゃん様はプロ投資家なので、当然順張り(トレンド転換確認後の買い)ですよね。

今回の利下げに対する一般の方の調査結果です。
質問:金利引下げは、経済に好影響を与えていると思いますか?


はい 28%

いいえ 72%

総回答数:16405

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大忘年会part2in新橋☆ | トップページ | 取引の一部お見せします☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。