【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« マクロ経済理論 生産可能性フロンティア☆ | トップページ | 追い風銘柄☆ »

2009/02/24

ダウ30種主力銘柄と後退銘柄☆

NYダウは皆様ご存じのとおり、主要30銘柄の平均で成り立っています。全世界の投資家の皆様、市場関係者の方々にとって貴重な市場であること。そして世界経済を牽引している市場だけに今も昔も、今後の動向が一番注目されている市場です。現在のダウ30種主力銘柄はディフェンシブとなっています。例えば、下記はマクドナルドのチャートですがブル力旺盛の高値+圏で頑張っています。同じダウ平均でもGMのチャートはといえば、ネックライン下の空売り業種。ベア力旺盛の底値-圏でダウの売り圧力を牽引しています。チャートだけみれば一目瞭然ですがダウ平均からGMの採用を除外すれば立ち直るのか?ダウとナスダックの現在の乖離がどれだけあるか見て下され。乖離を。ナスダックってハイテク株が主力になってるんでしたっけ?指標同士を比較すれば、チャート上で明らかに動きが違います。

↑米マクドナルド月足(ディフェンシブ)

↑米ゼネラルモーターズ月足(景気敏感株)

●今日の主な企業決算発表予定
<日本>
日本電工、スミダコーポ、近畿日本ツーリスト
<海外>
ホームデボ、ハインツ、メーシーズ、ターゲット
●その他、情報
<日本>
1月企業向けサービス価格指数
日銀金融政策決定会合議事要旨
<銘柄移動>
ベルク(東証2部⇒1部)
<海外>
日米首脳会談
オバマ大統領の演説
米12月S&Cケース・シラー総合
米2月住宅価格指数
米バーナンキFRB議長の議会証言

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ 

« マクロ経済理論 生産可能性フロンティア☆ | トップページ | 追い風銘柄☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

masaruさんへ
お悔やみみ申し上げます。
<(_ _)>

masaruさんへ

お久しぶりでしたが、身辺のこと今日ブログで知ったので驚きました。
お父様のこと本当に残念でしたね。心中お察し申し上げます。
ご冥福をお祈りします。
masasuさんはまだお若いですから復活出来ると思います。
健康に気をつけられて療養されてください。

wineさんへ

ダウはネックライン割れちゃいましたからもう底は見えないですねー。
今日も下げモード続伸中です。
ナスダックは強いなー。
日本株6800円説があるんですがどうやら今年中に起こりそうです。
(あくまで過去の長期チャート=統計での評価です)

以前ブログをたくさんやっているといいましたが最近では更新頻度が落ちていた理由は私自身の病気の悪化と看病していた父の容態の悪化です。

特に昨年初の入院と昨年末の再入院が大きな動きでした。

私自身は1月に原因が判明しました。(記事に書きました。)

ポチ

火曜のマーケット

ダウ:+236.16 +3.32%
ナスダック:+54.11 +3.90%

上げ/下げ銘柄数

ニューヨーク:3190/667
ナスダック:2081/734

予想通りですね!
また下がりそう。
(^^)

ただ、コンセンサスは、気にかけてるみたいですね!
(^^)

wineさんへ

お疲れさまです♪
今日も情報開示ありがとうございます。
>アメリカのディフレンシブは本当にディフレンシブに動きます。

そうみたいですねー。食品株としては日本では考えられない動き方をしていますね。
売り方優勢銘柄と買い方優勢銘柄はセクターによって変わってくるのかもしれませんね。

月曜のマーケット

ダウ:-250.89 -3.41%
ナスダック:-53.51 -3.71%

上げ/下げ銘柄数

ニューヨーク:589/3265
ナスダック:594/2206

今日のコメント: 「マーケットは、何年も見たことのない低いレベルに転落し、いったいどこが底なのか全く分からない。こんな状態だから、怖くなった投資家たちが株を投げている。」 ---  デーブ・ヒンネンキャンプ氏(KDVウェルス・マネージメント)

「今ここで、株を買いたいなどと思っている人はいない。マーケットは、懐疑論者でいっぱいだ。」 --- ロン・キッドー氏(コザッド・アセット・マネージメント)

すでに株は1社だけです。(^^)
しかも降りていない。いい感じです。
マックは、ウェルスファーゴなどは美味しかったです。

 >ナスダックってハイテク株が主力になってるんでしたっけ?

そのとおりです。(^^)

 ワクワクドキドキの展開です。
プレリュードとしては、マズマズですね!(^0^)
ほんの1次反転また下落かなと思います。
ただ、早くアメリカにしっかりしてもらわないと、EUが、もっと悪くなった時がまずいですね!

(短期間では無理ですが)

しかし、アメリカのディフレンシブは本当にディフレンシブに動きます。
そこが日本との違いですね!(^^)
 私の保有株に金鉱株、ロシア株が、入るのは何時かな?
楽しみです。


 
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロ経済理論 生産可能性フロンティア☆ | トップページ | 追い風銘柄☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。