【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 信用取引☆ | トップページ | 悲観相場再来か・・・? »

2009/03/06

FX口座開設☆

本題に入る前にこのシティグルーブの下げをチャートでご覧ください。GMの下げも極端ですが、金融株もダウを-圏に陥れていますな~~~。しかし、世界100カ国以上に約2億の顧客口座を有数する世界有数のグローバルな金融機関とは言い難いチャートですな。(心配)

FX口座開設してみました。おすすめのVTトレーダーですがフリーでダウンロードしました。有難うございます。まあ出来れば、個人的には、逆目盛りの機能が欲しいですね。25日移動平均線乖離率が使いやすいからです。日本語版に変換出来ない(涙)ので業者様に電話して聞いてみようとしたら月曜から金曜までの平日夜17時までで受け付け終了・・・らしく、すったもんだの状態キープです。誰か教えて~。株式投資よりかなり楽な売買になると思います。企業倒産リスク、イベントリスク、流動性リスクなどから逃れられるだけでどれ程の幸せかわかりません。FX取引を始める理由は、株式投資で現在使用しているテクニカル指標がどれだけ機能するかを、実際に相場に出て体感しようというものです。需給バランスに素直な為替だからこそ、面白みがあるというもの。ポートフォリオの一部に組み入れるだけです。主体(8割)はあくまで日本株の買いと売りです。Fxは業者様によって最大レバレッジ400倍の世界ですが、日経225先物取引は最大1000倍ですから、どちらがリスクが大きいかは明白。それと比較したら、株式の信用取引は最大でも3倍なわけですから、維持率さえ割らないように気を付けておけば証拠金売買の面白さが体感できると思います。

流動資産一億円達成の目標は高すぎると言われますが、(いつのことやら・・・)着実に運用を行ってきたいと思います。達成したらブログで公表します。(その前に破産したりして^^;)6482ユーシン精機は機械株ですが、過去10年ライン売られすぎゾーン底値圏からの這い上がりです。日足ベースで、前回の高値を出来高倍増で突破、チャートもわかりやすでしょう。こういうチャートばかりなら嬉しいんですけどね^^;世紀の暴落ショーは買いと売りの両刀で責めている感じですかね。PKOバリバリの日経が負けてはならんと安値を死守しているところが、なんともまあ日本のプライドを保って堅調に推移しています。しかし、ある意味で、シブトイね。終値で昨年10月27日の終値をギリチョンで保つなんて・・・これがいつまで保てるかが問題です。

日経平均株価バブル崩壊後最安値終値ベースで更新~んというニュースは来週に持ち越しか・・・

↑ドル円日足ベース逆さチャート(こんな安値で新規参入できるメンタリティーはない)

FX口座は、ドル円がまったく押し目を付けてくれず、一方的な円安回復基調なので、今のところスル―です。今まで為替は需給に素直な動きをしてくれますから、25日移動平均線乖離とかなり相性が良かったんです。為替チャートだけみていたら株より売買しやすそうだったんです。しかも3割程度見ている指標である、きっちゃん流MACD&ストキャのコラボが株価の今後の行き先を見事に先行誘導してくれるのでまあ、売買においてのストレスが大分緩和されております。(かなりの確率で相場を言い当てる指標です。公言はできませんが。)

いつも言われることですが、何故きっちゃんはマザーズの株を売買しないのか・・・個人的には、新興市場を相手にしていないだけの話です。マザーズ、ヘラクレス市場は、全体的に一日の商いが薄く、流動性リスクが大きいこと。スリッページが大きいということは、短期売買に不適切だということです。短期売買を円滑に行うには、一日の出来高平均が最低10万株以上成立している必要があります。市場の浮動玉が少ないことから、結果的に株価の値動きが激しくなりやすい。日柄や、リズムなどがわかりずらい。東証一部上場銘柄に比べて上場基準が甘く、投資する際銘柄のファンダ面で劣っていること。それから、外国人投資家の特徴としまして、業績が良い、もしくは財務的に安定的な市場に投資しようという傾向があることです。東証一部市場における7割の投資家が外国人だということがそれを物語っています。日本の株式市場に流れる7割の資金が外国から流れている以上、その流動性には逆らえません。こんな感じですかね。

今のような相場では、セクター自体に資金が入っていない銘柄で買い参入するのは難しいと思います。 100円を割っているような株は、株価帯ベースだとボロ株という認識です。私が相手にしているのは低位株ですが、株価帯は200円以上500円ぐらいまでの水準です。それ以下はボロ株と定義付けしています。建設株は、東証一部だけで100銘柄ありますが、堅調な銘柄を探すとなれば、今日大暴落を起こした1945東京エネシスでしょうか。高値圏をキープしていますが、いずれ上昇した株は業績がよかろうと調整に入るというものです。こうした株はいずれ売りの対象となります。

まあ売買スタイルは人それぞれですので、ようは勝てるスタイルを自分なりに持っていればそれに越したことはありません。収益が上がらなければ投資活動は無意味ですが、勝率が上がっているならそれは正解です。相場は一生続きますので長い目で見ながらやりましょう^^。

きっちゃん

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ 

« 信用取引☆ | トップページ | 悲観相場再来か・・・? »

為替相場」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。


>経済は連動しているのだから、影響力の強い1部が急騰するとすべてに波及します。
マーケット規模の小さい所は、レバかかって急騰します。

アメリカが悪いとは一言も言っておりません。
07年2月末、世界市場を巻き込んだ大規模な世界同時株安が起こりました。
発端は上海市場でした。
もちろん、アメリカ市場などと比較しても時価総額でも市場規模でもひよこのような市場です。
グローバル化を身をもって体感した投資家が多くを占めたことでしょう。
私もその一人でした。

影響力は市場規模などではなく、市場連鎖で起こるものだということが明らかになったわけです。
どれだけの資本力を持ってしても、あのような投資家心理の冷え込みのよる需給悪化は阻止できませんでした。

単に米国株を売買したいだけなら、何も日本国に居住する必要性はありません。
米国に行けば、為替変動も気にすることなく、又、日本にいるよりより多くの情報量を取得することができますので
投資効率は良くなります。
自国民でありながら、自国市場を愛せず、海外投資に積極的な日本人投資家というのは
本来、あるべき個人投資家の姿ではありません。

この一人がちというのは、間違いですね!
経済は連動しているのだから、影響力の強い1部が急騰するとすべてに波及します。
マーケット規模の小さい所は、レバかかって急騰します。
ただ規模の大きい所は、その時資金が集まりやすいし利益を得やすいというだけです。
むしろ、分散型経済は、1度混乱すると、なかなか戻らなくなります。
(ユーロッパの経済史を調べてください。賢明な方には分かると思います。)
ある程度の集中があるからこそ、単独の意志で、行動を起こし、世界に波及させることができるのですから。
即効性の必要な経済では有効です。
(話し合いしている最中にどんどん悪くなります。日本を見ればわかりますね。眼前に敵はいるのに作戦会議?異常です。)
もし分散型にするなら、、強い力のある国際銀行、世界的財務省が必要です。(短中期的には各国経済にはマイナスです。)
経済を、観察するには、公平な目が必要ですよ。
それを考えるなら、理想的取引環境、規制は急務です。しかも、内政も安定している状態を作る。
(それを考えたら、日本は?ですね!)
(^^)

wineさんへ

こんばんは♪
確かに、ドル紙幣の発行量は世界のGDPを席巻するような数字ですが、これこそが金融経済が世界の実体経済までも
混迷に陥れた大敵だと思っています。
アメリカが主導権を握る一国主義から、一刻も早い分散型社会への移行を望みます。
アメリカの一人勝ちなど、絶対に許されません。

ただ、アメリカ経済が、下げ止まったり、少し上がると、レバかけて市場規模の小さい国が上がることはありますね。
(^^)

>中国景気が上向かなければ、アメリカの景気回復もあり得ないなどの報道もなされていますよね
この報道は、間違いですね。グローバル経済を認識されている方なら、わかると思います。
世界の5~6%に満たない経済規模、時価総額の国が、全体に影響与えるのは笑える話です。(^0^)

新興国の小さな経済が逆に大規模な資金力の国に影響を与えたことは歴史的に1度もないです。
国際的に大規模な資金が流れてこその経済です。
結果考えられるのは、日本と中国からの資金流出(ブラス元共産圏、EUの逃避資金?)が、アメリカに流入してそれがテコで変わっていくことになるでしよう。(今度は、日本、中国は上納金いくら取られることやら。いずれ戻っては来るのですが。)
この1か月、確認しているだけで、数兆ドルの資金がアメリカに流入しています。
 いかが思われているか、「江戸のご隠居さん」の意見も知りたいな~~!
(^0^)/

wineさんへ

こんにちわ☆
有難うございます。
アメリカの雇用情勢、凄まじいまでに低下していますが、本当に再起は可能なんでしょうか。
中国景気が上向かなければ、アメリカの景気回復もあり得ないなどの報道もなされていますよね。

>も小さい会社は、よほど信任があり、財務も大丈夫で、営業キャシュフローが勢いがあり、
特異な圧倒的優位性(かならず必要とされるパテント等、)を持っている所でないと投資しません

規模は小さい会社=資本金の小さい会社でも収益効率がよい(好業績)ことが条件です。
とくに営業利益が出ていることが投資家の皆さんにとっては、大前提ですからね。
ここがまずチェックされると思います。
営業利益がマイナスというのは特に、悪材料視されやすいですから、どうしても売りの対象になります。

証券会社の取扱商品さんへ

証券会社のサイトのご提示ありがとうございます☆
手数料比較なども出来て嬉しかったです。

>いつも言われることですが、何故きっちゃんはマザーズの株を売買しないのか・
私も小さい会社は、よほど信任があり、財務も大丈夫で、営業キャシュフローが勢いがあり、特異な圧倒的優位性(かならず必要とされるパテント等、)を持っている所でないと投資しません。(ダイナミックアプローチが基本だからとも言えます。)
久しぶりに買った中小が、アメリカの1社だけです。
(しかも、この資金繰りのとてもしにくいアメリカで困ってないところ。今のところすべて条件OKは、2社しか知りません。)
しかし、これだけ市場がごいているのに、の~~んびり変化ですね。なんだか、いつの株価か錯覚します。
(買い増しは、やはり無理目です。)
笑えます。
(^^)

Unemployment in U.S. Surges to 8.1% as Payrolls Slide (Update2)

アメリカの現状です。
非農業部門雇用者数: -651K (予想:-650K,前回修正値:-598K)
失業率: 8.1% (予想:7.9%,前回:7.6%)

失業率は予想より悪くて8%を越えています。しかし,NFPの減少のほうはあまり予想とは変わらず,なんとかドル円は96円台半ばで止まり反転上昇しています。

減少の内訳としては,
サービス部門: 37万5000人 (前回:27万6000人)【さらに悪化】

製造業: 16万8000人 (前回:25万7000人)【ちょっと持ち直し】
建設業: 10万4000人 (前回:11万8000人)【ほとんど変わらず】

サービス部門の雇用減少がさらに悪化しています。
その割に、為替は落ちていません。
東欧危機が、為替の援護射撃をしているためとも考えられます。
その証拠に東欧圏の通貨は強烈に下がりました。

(^^)

(^^)

77社もの証券会社の取り扱い商品を比較することができます。
一覧表に取扱商品が書かれていて分かりやすくてすぐに
確かめることが出来ます。
http://snipurl.com/dam7k

うちなりさんへ

ありがとうございます^^
待ってました~。フリーソフトをダウンロードした際に一緒にPDFも
ダウンロードされていると思いますので、確認してみますね。
ただ、個人的には、逆目盛(逆さチャートというものです)のチャートが表示できないかどうかも気になってるんですけどね。

じろーさんへ

こんばんは^^
お疲れ様です。
為替は一日の値幅が大きいのでしょうかね??
ドル円しか売買する気のない私にとって、対ユーロはどうのとか、ポンドはどうのとか
相場観が全く読めません、今のところ。。。

じろーさんはFXで大怪我されたんですか?株じゃなくて?
FXで大怪我するのは限られていると思うんですけどね。
気をつけなくてはいけないのは、維持率割れを考案した最低証拠金率。
それから、マイナススワップ金利ぐらいですかね。
おそらくエントリーポイントが間違っていたのではないでしょうか?
レバレッジを1にしてやれば、怖がる必要ないと思いますよ。

きっちゃんさん

日本語表示への変換ですが、ダウンロードページにPDF形式のマニュアルがあったと思います。そこに載っていると思いますよgood

こんばんわwinkお久しぶりです。
レバレッジ取引に走り始めるのですね。
為替取引は材料で1日に大きく動くので
相場に振り回され無い様に資金管理に注意が必要と思いますが
きっちゃんなら僕みたいに大怪我する事は無いくて大丈夫でしょうが
無理なエントリーが寿命を縮め(ロスカット)
体力が無く成る道に進む事は
僕は悲しいので絶対に成らないで下さいdanger

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信用取引☆ | トップページ | 悲観相場再来か・・・? »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。