【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の6件の投稿

2009/05/28

複合チャート&マーケットボードについて☆

最近、ブログの右サイドバーに貼らせていただきました、「ダウ&日経を重ねた日足チャート」ですが,尊敬するランケンさんが作成された「汗と涙の結晶」です。嬉しいです~。WEB形式なので、日々、自動更新されております。ラインチャートを複合的に組み合わせることによって、目に見えないはずのダウと日経指標との連動と乖離が一目でわかる ところがこのチャートの賢さです。有難うございました。

ちなみに、個人的に下記のような有能なボードも見つけました☆↓

マーケットボード(世界の諸指標)

http://www.opticast.co.jp/marketd/

GC社が現在、一般公開している 日々更新型の終値のデータです。サービスとして高い評価を得ていますこのマーケットボード。最新株価がWEB上で更新され大変便利ですので、皆様もし宜しければお使いになってみて下さい。

日経平均先物、を含めた国内主要株価指標、アジア地域、北米、南米、欧州地域、為替、商品、NYダウ工業株30社、外国証券など、世界の主要市場の株価が毎日自動更新してくれます。

更新時間につきましては、次の通りです。

・国内主要株価指標      平日4回 11時15分、 12時、15時30分、17時30分
・日経平均先物(大証)夜間  平日 20時30分以降 
・シカゴ日経225先物(CME)  平日・土曜 8時30分
・アジア地域 の株価指標   平日20時
・北米・南米・欧州        平日・土曜 8時30分
・為替               平日 11時15分
・他の商品            平日・土曜 8時30分
・NYダウ工業株30社      平日・土曜 8時30分
・為替市場(日本銀行)     平日18時30分~19時
・外国証券寄り付き前成り行き注文  平日8時30分までの更新
・東証一部 33業種       平日15時以降 15時30分確定

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

2009/05/26

相場概況+α☆

↑GM 月足過去40年チャート

↑7238曙ブレーキ工業 週足チャート

↑業種別でトップを走り続けるその他金融株

上記は、新規売りはご法度のGMの過去40年に遡った月足チャートです。過去40年来(おそらく上場来)の最安値を更新し続けています。今、GMは新規売りをかけられるような状態のチャートではありません。日本株であれば、空売り規制がかかっても、一人1000株まで新規売り(貸株)することが可能です。

日本株を売買していますので、過去40年も付けたことのない価格を更新し続けているのに、中途半端すぎて新規では買いも売りも出来ません。投資対象外というよりも、興味対象外です。直近の出来高見て下さい。強烈なる売り方支配です。

問題は、GMが破綻した時に それでことが済むならばOKですが、市場規模が大きすぎるために、ダウの暴落、経済波及効果が甚大でこれらが悪材料視されるでしょう。又、日本の市場でも 寄与というか依存する日本の自動車メーカーが真っ先に売られる可能性があるということです。真ん中のチャートは、日本の自動車メーカーのビッグスリー依存度が約20%の 7238曙ブレーキ工業の週足チャートです。

7238曙ブレーキ工業の業績は赤字拡大ですので、四季報を読む必要性もありませんが、貸借銘柄ですので新規売り銘柄としては考えておいたほうがいいかもしれません。GMを売れないなら、7238を売りかけたほうが身の保全になるかもしれません。100株単位ですし。1単元株あたり4万6千円という破格で売買できます。しかも、25日移動平均線が下向きの中割れており、今、空売りのチャンスかもしれませんよ。

何でもそうですが、市場が反応してからでは遅いということです。景気が悪くなってからようやく勉強し始めたり、資格を取り始めたりしても 今度は才能を活かせる就職先(舞台)が見つかりませんというような状態です。何かの経済誌で、簿記の資格やTOEICの資格取得者が急増している記事がありましたが、景気を反映した傾向だと思います。失業者は資格取りに走るでしょう。他、不況に強いといわれているのは、IT業界などがあります。

今、一番上昇率が高いのは何処の業界だと思いますか?消費者金融ですよ。景気が悪くなると業績が好調になる業界です。今買われているのは (その他)金融業界だということが株価比率グラフを読めば直ぐにおわかりでしょう。逆に景気が悪くなりますと、不動産業界は低迷するので、不動産の大幅割引販売が昨年から始まっています。家にも毎日入ってくる分譲マンションの大きなチラシがそれを物語っています。

GMでも、クライスラーでも、会社経営が立ち行かなくなれば 市場から撤退命令が出てしまうところが怖いところですね^^;。資本主義経済は、市場の拡大によってのみ、成長できるということを痛感します。赤字企業は景気を悪化させるだけで、存在価値がないという命令が下されるわけです。会社経営が立ち行かなくなるということは、会社の中にプールされるべき資金が減少するということです。会社でも個人でも実質無借金であるということは、デフレを生き抜く上で、必須要素のようです。

他人資本といいますのは、いつでも返済できる状態であれば生活に支障はきたしませんが、収入という担保が断たれたときに債務超過になってしまうような状態であれば、破産申告を出さなければなりません。債務者になれるのは一部の裕福層だけだと常常思っていますが裕福層には債務者がいないのが現状でしょう。。大企業の夏のボーナスは前年度比マイナスです。ローンの残債さえ固定費で計上されないような生活ならばいいのでしょうが、どうしてわざわざ 借金してまで不動産を手に入れようとするの?

08年度の自殺者は8年連続で3万人を超えたそうですが、自殺者の約7割は企業経営者だそうです。日本の労働者人口を100とした時に、単純に計算しますと約9割の方が給与所得者であり、残りの1割は企業経営者です。それを考えますと、いかに少ない経営陣が生存競争を強いられているかがわかりますね。

逆に言いますと、こうした経営陣から我々給与所得者は守られているわけですから、会社をぶーぶー行っても所詮は、経営者様様なのです。1日残業なしでも、労働時間は1日8時間と決められて基本給を頂いておりますが経営者は24時間、寝ずに働いてやっと残せる収益でしょう。頑張ってくださいませ。

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

ソフトウエアの使い方☆

グラフ作成手順について(*^_^*)

先日の記事、高性能新システム導入について、作成したソフトウエアの使い方を記したいと思います。グラフ化までの一連の手順をご説明したいと思います。グラフ作成用のファイル1.0.xlsを使用します。(このファイルに新機能が詰まっています。)

【使い方】

1.グラフ作成用ファイルV1.0.xlsを開きます

2.マクロを有効にするボタンを押す

3.左上にある開始ボタンを押す

4.選択されたフォルダ内に移動します。

5.グラフ化したいファイルを複数選択する(キーボードの”Ctrlボタン”を押しながら複数選択できます。100個程度まで)

6.ソフトウェアが自動的にデータを読み込み記述を開始し、

7.フォルダから選択された全てのファイルデータが出力されます。

8.しばらく待つと「日付をyyyy/mm/ddで入力してください」と出る
  率を元にしたい日付を入力してOKを押す。(例「2005/05/13」など入れる(半角))

9. しばらく待つと「グラフの終りの日付をyyyy/mm/ddで入力してください」と出る
  率を元にしたい日付を入力してOKを押す。(例「2005/8/13」など入れる(半角))

10.ソフトウェアは自動的に計算を行う。

11.折れ線グラフが表示される。

*ちなみに、株価が底値を付けた後の上昇トレンドにおける各セクターや個別銘柄の上昇率、株価が高値を付けた後の下降トレンドにおける各セクターや個別銘柄の下落率が折れ線グラフとなって明確に表示してくれます。ただし、前回の記事にも書きましたが、使用している投資ソフトから株価時系列データを出力する機能がありますが、従来から、①データをエクセルのCSV形式でダウンロードするまでの作業は手動で行うことになります(*^_^*)

御蔭さまで、作業工程が短縮され簡略された上、作業の効率化が実現しました。
簡単に先行指標、遅行指標、旬な銘柄や業種などの検索が可能になりました。

ということで、株価比率グラフは活躍します。株価直近の底値、直近の高値から算出された終値データを元に日経平均株価と全業種、日経平均株価とNYダウ、日経平均株株価&業種別&個別銘柄など比較推移をグラフ化することによってトップを走っている銘柄群や、出遅れ銘柄など 旬なデータが瞬時に読めてきます。今後の投資活動に役に立てればと思います。

ご興味のある方は、私に個別メールを下さい(*^_^*)。

メールアドレスは kitchan_mk@yahoo.co.jp  までお願いします~★

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

2009/05/22

高性能新システム導入☆

↑3月10日から5月20日までの世界市場株価比率推移

【直近のデータ】

①シンガポール 51% ←さすが金融市場
②香港 47%
③日経平均株価 32%
④WTI 原油市場 29%
⑤韓国総合 27%
⑥TOPIX 26%
⑦上海B株 25% 上海A株25%

⑧NASDAQ 21%
⑨S&P500 20%
⑩NYダウ 17%
⑪ロンドン金 3%
⑫ドル円 逆目盛 -2% ←円高という意味

現在、ダウよりナスダックが資金の入りが大きく、TOPIXよりも日経平均株価の方の資金の入りが大きいというのが、この株価比率グラフを使用することによって一目瞭然でわかってきます。使用しているGCハロートレンドマスター(プロ用投資ソフト)から株価時系列データを出力する機能がありますが、従来から、①データをエクセルのCSV形式でダウンロードできます。②ダウンロードの作業が終わった後、出力された終値の時系列データを使用して、そのまま株価比率データとして折れ線グラフ化していました。この一連の作業のうち、②番目の作業工程の完全自動化に成功しました。これは私が個人的に考えて 導入してみました(*^_^*) 

御蔭さまで、作業工程が短縮され簡略された上、作業の効率化が実現しました。
簡単に先行指標、遅行指標、旬な銘柄や業種などの検索が可能になりました。

何故この作業が必須になるかといいますと、東証一部の日々の売買代金は毎日変化しますが、株価ピーク時で1日2~3兆円。現在で、1兆5千億円程です。特に海外から市場への流入資金が株価ピーク時と比較して限られている現在、どの市場にどれだけの資金が流入しているのかは、株価チャートを単純に見ただけではわからないのです。株価チャートを見て判断出来ることは、均衡表、移動平均線の状態やローソク足、MACDの位置や出来高などの指標だけです。それだけでも売買は可能ですが、資金量は率換算しないとわかりません。要するに、資金が今どこに来ているのか見定めておかなければ、乗り遅れるということです。

業績は良かろうと、財務面が良かろうと、上方修正しようと、高配当だろうと、誰も売買しない、出来高のない銘柄を追いかけることの理不尽さ、無意味さは皆無になります。市場参加者が少ない日本市場の中で、これからは特にこうしたデータ管理は必須要素になってくるのです。

ということで、株価比率グラフは活躍します。株価直近の底値、直近の高値から算出された終値データを元に日経平均株価と全業種、日経平均株価とNYダウ、日経平均株株価&業種別&個別銘柄など比較推移をグラフ化することによってトップを走っている銘柄群や、出遅れ銘柄など 旬なデータが瞬時に読めてきます。今後の投資活動に役に立てればと思います。

このシステム、喉から手が出る程欲しい方が中にはいらっしゃるかと思います。先輩方は怒ってるかな?ご興味のある方は、私に個別メールを下さい(*^_^*)。

メールアドレスは kitchan_mk@yahoo.co.jp  までお願いします~★

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

2009/05/20

株価指数と消費者心理☆

「消費者心理、4か月連続の改善~内閣府調査

内閣府が18日に発表した4月の消費動向調査によると 消費者の購買意欲を示す消費者態度指数は、前月比で3.5ポイント上昇の32,4となり4か月連続で改善した。これを受けて内閣府は、消費者心理の基調判断を「以前厳しいものの、このところ持ち直しの動きが見られる」と3か月連続で上方修正した。内閣府は、高速道路料金の引き下げや定額給付金に加え、エコポイントなど景気政策への期待が改善につながったと分析している。」

株価が同調しているように堅調に推移しているので、消費者心理=株価指数が見事に一致していまして驚いております。何か因果関係でもあるのでしょうか?消費者心理が悪化すれば購買力の低下によって、消費をしない、株も買わない、=経済停滞モードに入ります。

こういう呑気な記事ばかり書いている理由ですが、決算発表ラッシュだからです(笑)本決算発表ラッシュのときは、売買する時期ではなく休む時期=分析の時期だそうです。もうピークは過ぎそうですが・・・休むも戦略・・・私はただの女性一般投資家ですからこういうときに下手に動きますと、大怪我をしそうです^^;07年のアメリカの不動産バブル崩壊の時に、低位株を2000株ほど保有しておりまして、嫌な思いしたのであの悪夢は脳裏から消えておりません。

最近のニュースは民主党代表後任人事で一色でしたが・・・久しぶりに政界の動きを書きましょう。先日民主党の代表選挙を、鳩山氏と岡田氏とで戦いましたが 鳩山氏は世襲議員、岡田氏はイオングループの社長の御曹司です。鳩山氏の御兄弟には、鳩山邦夫現総務大臣がいます。鳩山邦夫総務大臣は、ちょうど小泉さんが総理を務めた時の2005年の郵政解散後の衆議院総選挙で、民主党の菅氏が代表で武蔵野市から出馬した時の対抗馬です。鳩山氏は同じ兄弟でありながら、与野党の関係を貫いています。熾烈だね。

鳩山由紀夫氏、岡田克也氏 お二方とも代表歴があります。小沢氏は鳩山氏に軍配が上がることを最初から承知で選挙を行ったような気がしませんか?小沢氏は岩手県水沢市、慶応大学経済学部出身 自民党の幹事長まで務めた方です。佐川急便事件で有名になりました、金丸信副総理の側近中の側近でした。敵(自民党)の内部を知り尽くしています。敵を攻略するためには、相手の弱点を知る必要がありますが、あの方はそれも知っていると思います。随分前になりますが、小沢一郎氏が書いた著書で 日本改造計画 というのがありました。私も読みましたが、これに挑戦状を叩きつけた若手議員がいらっしゃいましたが覚えていらっしゃいますでしょうか?

菅直人氏が代表だった時には政調会長を務めた枝野幸男衆議院議員がいます。著書はこちら それでも政治は変えられる―市民派若手議員の奮戦記 です。私の個人的な考えは、若手の代表としてこの方に出馬して欲しかった。議員歴も10年以上あります。若干29歳で初登院ってすごいですよね。ちなみに法人税の増税を謳っています。東北大学法学部卒。弁護士出身。薬害エイズ問題では、菅厚生大臣の下で、力を発揮し評価を得ています。政調会長時代は、次の内閣の「官房長官」でした。儚い夢に終わったようですが。政策論争を好む政策通です。個人的に、昔から切れのある論争振りが好きで、国会中継やメディア出演の際には、昔からよく見ていたものです。

枝野衆議院議員は、大宮ソニックシティーで毎月オープンミーティングを行っています。私も再来月初めて聴講に出かける予定です。勉強の為に。

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

2009/05/17

ブログ再開します(^^)

↑5月2日の東京国際空港の様子

やっと更新できました。長い間ブログの更新を怠りすみませんでした。ブログのネタを考えている暇もありませんでした@_@;しかも、田舎の親戚の法事と、お葬式が重なりまして(←不景気に輪を掛けて)めでたいはずのGW連休をあまりいい気持で過ごすことはできませんでした。長女というのはいろいろあてにされるものです。しかし、大型連休とばかりに羽を伸ばしすぎました。大好物のとんとんラーメン、ラ・ボンボ二エールのフランス料理、イタリア料理、家満喜屋の焼き肉など美味しい処ばかり目指したので栄養満点で、少々ダイエットに成功しました。グルメフードは栄養がいいので、消化器官が活性化されるのでしょうか。少し痩せました。

良く食べて痩せるダイエットとはこのことか!健康健康、健康第一。外食三昧で、ほとんど自宅で料理を食べる時間が少なかったように思います。休みだと金遣いが粗くなるきっちゃんです。それも半端な額ではない。先日の叙叙苑の一コマを御覧の方はよくおわかりでしょう。しかも、今回は「東京からひよこ買ってきて~」と要望がありましたので、親戚や隣近所、友達に合計13箱も買って送らせていただきました。ひよこって言っても本物のひよこではありませんよ。お菓子のひよこちゃんです。

しかし秋田の友達はほんとに心が綺麗で洗われます。ただ、まいったのは私の不得意分野「恋愛話」。「いい男はみんな結婚してる」だの、「嫌な男からばかり告られる」だの分からなくもありませんが、人生そんなものではないんですか?だいたい、いい男が結婚している比率が高いのではなくて、結婚したから責任感も出て、家族が出来たから思いやりも出てきたのではないの?それを一般的に言ういい男になったというのではないでしょうか?私はそう思いますよ。いい男は作られるものです。なんでそんな考え方が出来ないのかな~ぁ。。。

行きも帰りも、東京国際空港を久しぶりに利用してみましたが、5月2日の空港の光景はやはり乗客満員御礼でした。久しぶりに両親に会いましたが、お父さんと経済論議ばかりして楽しみました。お父さんいわく、「中国は長期的な成長は難しい。人民差別化による分裂や暴動が起きる。しかし、インドは成長する。」そうです。おそらく、世界の工場にまで成長したのはいいですが、肝心の中国国民の自主自立を妨げるようなことが起こってくるというものです。お父さんと意見が合うなーと思ったのは、「マクロ政策では物価を上げ続けることは出来ない。」といった考え方でした。

今のようなグローバルな株安、物価下落、GDPマイナス成長などによって引き起こされる景気悪化に対してマクロ的な政策によって緩和することですが、通貨安に向かわせる為の利下げや貨幣の大量発行による物価の上昇のことだそうです。デフレがスパイラル化してそれが長期化することは、日本のような高コスト体質、もしくは過剰債務者にとって長期的な視点からして見れば望ましい経済現象とは言い難いというお話でした。前にも書きましたが、資本主義経済の特徴は、緩やかなインフレが毎年続いてくれなければ成り立たない経済です。逆に言えばデフレ経済下に弱いということです。

利益剰余金の大切さを身を持って感じる今日この頃です。キャッシュ余力=人間の才覚が必ずしもイコールにはなりませんが・・・。少なくともトヨタ自動車は09年3月期、上場後初めての営業赤字を記録したことでニュースになりましたが、こうした大企業が強いのは、実質無借金企業(利益剰余金>有利子負債)だからというのも、一つにはあるのでしょう。しかし、もぅ一つの強みは、偏りのない経営をしていることにあると思います。自動車だけで商売しているわけではないということです。

金融部門を始めとする 多角経営によって、自動車部門が赤字でも、金融部門で赤字の穴埋めを出来るわけです。しかし、一般的には自動車部門での失業率が高くなるということは、貨幣賃金や物価水準は低くなるという現象が起こってくるのも事実です。これをフィリップスカーブ理論=右肩下がりといいます。失業率と貨幣賃金や物価というのはトレードオフの関係にあるということを言いたいのでしょう。しかし、こうした従来のマクロモデルもいつまで役に立つがかわかりません。

規模縮小を主眼においた雇用削減や過剰生産の抑制といった経済的パイの縮小の中では、債務体質の企業や個人にとってデメリットが計り知れないということだそうです。これをデフレと言わずして何と呼ぶでしょう。もう一つは、家の田舎にある大手企業などは代表的ですが日本の製造業は人件費の安い地域に生産部門を置いていることです。地域経済において深刻なのは大手企業の業績に左右されているということでしょう。日本を代表する225社の本社機能のほとんどは東京にあります。

どれか一つが転んでも、経済にひびが入らない環境です。企業は継続することに意義がありますが、継続するために必要なものは、資本、労働の適材適所、分配です。今のように世界経済を巻き込んだ景気悪化は、弱い地域から資本と労働力は淘汰されて行きます。少なくとも、地方主権の土台作りをしなくては地域経済が成り立っていかないことが懸念です。

今日はやっと、更新できた日です。自分でも何を書いているのかわからない精神状態ですが、多目に見てあげてください。あー、疲れた(涙)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。