【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 相場概況+α☆ | トップページ | 価格帯出来高☆ »

2009/05/28

複合チャート&マーケットボードについて☆

最近、ブログの右サイドバーに貼らせていただきました、「ダウ&日経を重ねた日足チャート」ですが,尊敬するランケンさんが作成された「汗と涙の結晶」です。嬉しいです~。WEB形式なので、日々、自動更新されております。ラインチャートを複合的に組み合わせることによって、目に見えないはずのダウと日経指標との連動と乖離が一目でわかる ところがこのチャートの賢さです。有難うございました。

ちなみに、個人的に下記のような有能なボードも見つけました☆↓

マーケットボード(世界の諸指標)

http://www.opticast.co.jp/marketd/

GC社が現在、一般公開している 日々更新型の終値のデータです。サービスとして高い評価を得ていますこのマーケットボード。最新株価がWEB上で更新され大変便利ですので、皆様もし宜しければお使いになってみて下さい。

日経平均先物、を含めた国内主要株価指標、アジア地域、北米、南米、欧州地域、為替、商品、NYダウ工業株30社、外国証券など、世界の主要市場の株価が毎日自動更新してくれます。

更新時間につきましては、次の通りです。

・国内主要株価指標      平日4回 11時15分、 12時、15時30分、17時30分
・日経平均先物(大証)夜間  平日 20時30分以降 
・シカゴ日経225先物(CME)  平日・土曜 8時30分
・アジア地域 の株価指標   平日20時
・北米・南米・欧州        平日・土曜 8時30分
・為替               平日 11時15分
・他の商品            平日・土曜 8時30分
・NYダウ工業株30社      平日・土曜 8時30分
・為替市場(日本銀行)     平日18時30分~19時
・外国証券寄り付き前成り行き注文  平日8時30分までの更新
・東証一部 33業種       平日15時以降 15時30分確定

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

« 相場概況+α☆ | トップページ | 価格帯出来高☆ »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

ランケンさんへ

こんばんは~(*^_^*)
ありがとうございます。

ランケンさんのIQが50なら、私は-50ですよー^^;
(どうしてくれるんだーァ)

今、右サイドバーにダウと日経を重ねたチャートありますが、
この率バージョンを作るお時間がございましたら、とても嬉しいですね。
有償でもOKですよ。(ダウと日経の2つあればいいですね)

同じようにHTML形式のタグに仕上げて頂ければ文句ありません。
暇な時で結構ですので・・・そんなに慌ててません^^;

きっちゃんさん

こんばんは。

ダウと日経の重ねぐらいなら下のURLでできますよ。

http://finance.yahoo.com/echarts?s=^DJI#chart1:symbol=^dji;range=3m;compare=^n225;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=on;source=undefined

まーもっとも5つとかになるとなかなかねって感じはしますけど。

ランケンのIQなんて50ぐらいのもんです(笑)。
もっと増えないかなー・・・

ランケンさんへ

あのチャート、日経、TOPIX, ダウ、ナスダックで作ったら面白ろそうですが、出来ますか?

ランケンさんへ

こんばんは(*^_^*)
これだー!すごいですね。
あのチャート見たときに胸一杯になりました(笑)
ランケンさんのIQっていったいどれぐらいなんだろう?

10年日足チャートって、聞いたことありませんがもしかして東証のデータですか?
ちなみに日本市場の上昇率については、今日記事にしてみました。

きっちゃんさん

こんばんは。
そーですねー。
あんまりドル円はやりにくい感がありますね。
通貨上昇チャートは期間変えれる様にしました。
過去10年までさかのぼれる。
まー10年前と比較しても意味がイマイチ見出せませんけど(笑)

ランケンさんへ

こんばんは~(*^_^*)
先日はどもでした!
溢れる知識に勝るとも劣らない智恵の持ち主ですよ、ランケンさんは。

貴重なデータを有難うございます。
CFDステーションの通貨上昇率拝見しましたが、フォーマットはアレですね(笑)
3か月前から最新の為替データが反映されるので、便利ですよね。
株価との違いは、安定性のある上昇率を維持できているのが、チャートを見てわかりますね。

日米通貨は上昇率0%って、ドル円ではここ3カ月全然儲かっていないじゃないですか。(デイトレならOK?)
資源国通貨は、高金利が魅力ですので、上昇率高いのは頷けますし、これから当面はこうした状態が続くのではないでしょうか?

ちなみに株式市場ですが、今トップを走っているのは今まで売り叩かれていた金融株(①その他金融&②証券)。
③不動産株ですね。あとは、非鉄金属製品、何故か輸送用機器。このような順番ですね。
商社は日経よりも出遅れています。それ程強くないようです。

資源が上昇しても、株式市場は資源の色味が薄いような気がします。
業績が悪いはずの金融株や不動産株が買われているのは、おかしいですし、
今まで売り叩かれていたわけですから、売り方の買い戻し(需給改善)
もあるのかと思われますが^^;

こんばんは、ランケンです。

どっひゃー
私こそ尊敬のきっちゃんさんに言われるともうデロデロです(意味不明)。
最近、通貨の強い順のチャートをCFDステーションに作りました。

現在、ランド、NZ、オーストラリア、カナダが強いグループ。
これ、要するに資源系です。

次が、ポンド、ユーロ、スイスフランでヨーロッパ通貨。

で、最後にUSドル、日本円という流れです。

これと商品相場を見ると一目瞭然だと思いますが、やっぱり資源系強しの流れです。
恐らくですが、株式市場でも資源系が当面強いのではないかと思います。

資源上昇で上がりそうな株って言ったら商社ですかね?
チャートぜんぜん見てませんがどうですか?

小枝さんへ

こんばんは~。
ご訪問、ありがとうございました。
小枝さんも日本株されているんですよね?
ブログも参考になるかどうかわかりませんが^^;
こちらこそ、今後とも宜しくお願いします(*^_^*)

昨日はありがとうございました。
隣に座ってました小枝☆です。
ブログ参考にさせていただきます☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相場概況+α☆ | トップページ | 価格帯出来高☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。