【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« ソフトウエアの使い方☆ | トップページ | 複合チャート&マーケットボードについて☆ »

2009/05/26

相場概況+α☆

↑GM 月足過去40年チャート

↑7238曙ブレーキ工業 週足チャート

↑業種別でトップを走り続けるその他金融株

上記は、新規売りはご法度のGMの過去40年に遡った月足チャートです。過去40年来(おそらく上場来)の最安値を更新し続けています。今、GMは新規売りをかけられるような状態のチャートではありません。日本株であれば、空売り規制がかかっても、一人1000株まで新規売り(貸株)することが可能です。

日本株を売買していますので、過去40年も付けたことのない価格を更新し続けているのに、中途半端すぎて新規では買いも売りも出来ません。投資対象外というよりも、興味対象外です。直近の出来高見て下さい。強烈なる売り方支配です。

問題は、GMが破綻した時に それでことが済むならばOKですが、市場規模が大きすぎるために、ダウの暴落、経済波及効果が甚大でこれらが悪材料視されるでしょう。又、日本の市場でも 寄与というか依存する日本の自動車メーカーが真っ先に売られる可能性があるということです。真ん中のチャートは、日本の自動車メーカーのビッグスリー依存度が約20%の 7238曙ブレーキ工業の週足チャートです。

7238曙ブレーキ工業の業績は赤字拡大ですので、四季報を読む必要性もありませんが、貸借銘柄ですので新規売り銘柄としては考えておいたほうがいいかもしれません。GMを売れないなら、7238を売りかけたほうが身の保全になるかもしれません。100株単位ですし。1単元株あたり4万6千円という破格で売買できます。しかも、25日移動平均線が下向きの中割れており、今、空売りのチャンスかもしれませんよ。

何でもそうですが、市場が反応してからでは遅いということです。景気が悪くなってからようやく勉強し始めたり、資格を取り始めたりしても 今度は才能を活かせる就職先(舞台)が見つかりませんというような状態です。何かの経済誌で、簿記の資格やTOEICの資格取得者が急増している記事がありましたが、景気を反映した傾向だと思います。失業者は資格取りに走るでしょう。他、不況に強いといわれているのは、IT業界などがあります。

今、一番上昇率が高いのは何処の業界だと思いますか?消費者金融ですよ。景気が悪くなると業績が好調になる業界です。今買われているのは (その他)金融業界だということが株価比率グラフを読めば直ぐにおわかりでしょう。逆に景気が悪くなりますと、不動産業界は低迷するので、不動産の大幅割引販売が昨年から始まっています。家にも毎日入ってくる分譲マンションの大きなチラシがそれを物語っています。

GMでも、クライスラーでも、会社経営が立ち行かなくなれば 市場から撤退命令が出てしまうところが怖いところですね^^;。資本主義経済は、市場の拡大によってのみ、成長できるということを痛感します。赤字企業は景気を悪化させるだけで、存在価値がないという命令が下されるわけです。会社経営が立ち行かなくなるということは、会社の中にプールされるべき資金が減少するということです。会社でも個人でも実質無借金であるということは、デフレを生き抜く上で、必須要素のようです。

他人資本といいますのは、いつでも返済できる状態であれば生活に支障はきたしませんが、収入という担保が断たれたときに債務超過になってしまうような状態であれば、破産申告を出さなければなりません。債務者になれるのは一部の裕福層だけだと常常思っていますが裕福層には債務者がいないのが現状でしょう。。大企業の夏のボーナスは前年度比マイナスです。ローンの残債さえ固定費で計上されないような生活ならばいいのでしょうが、どうしてわざわざ 借金してまで不動産を手に入れようとするの?

08年度の自殺者は8年連続で3万人を超えたそうですが、自殺者の約7割は企業経営者だそうです。日本の労働者人口を100とした時に、単純に計算しますと約9割の方が給与所得者であり、残りの1割は企業経営者です。それを考えますと、いかに少ない経営陣が生存競争を強いられているかがわかりますね。

逆に言いますと、こうした経営陣から我々給与所得者は守られているわけですから、会社をぶーぶー行っても所詮は、経営者様様なのです。1日残業なしでも、労働時間は1日8時間と決められて基本給を頂いておりますが経営者は24時間、寝ずに働いてやっと残せる収益でしょう。頑張ってくださいませ。

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

« ソフトウエアの使い方☆ | トップページ | 複合チャート&マーケットボードについて☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトウエアの使い方☆ | トップページ | 複合チャート&マーケットボードについて☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。