【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 複合チャート&マーケットボードについて☆ | トップページ | 外国人投資家が見ているチャートについて☆ »

2009/06/01

価格帯出来高☆

↑日経225 一目均衡表

 真空ゾーン9620~10011.64円=窓開け 

225平均株価は08年10月8日の空を埋めにいけるか、頭打ちになるか・・・売買代金の増加=上昇圧力がこれ以上見込めないことを考えますと、気分は結構ブルーです。しかし、このポイントが総点となりそうです。現在は昨年11月5日の高値が意識されています。

ローソク足系の技術に一目均衡表の 空 山 雲 谷 太陽(付録)という大自然を思い起こさせるようなキーワードが存在しますが、現在の均衡表における日経平均株価はどの位置にあるでしょうか。転換線、基準線、先行スパン① 先行スパン② 遅行スパンの位置 をご覧下さい。転換線は赤線、基準線は青線、先行スパン①はピンク線、先行スパン②はグレー線で示し、先行スパン①と②の間を雲と呼びます。

雲は株価の上にあるときには抵抗帯になり、株価の下にある時には下値支持の役割をしてくれますのでわかりやすいかと思います。株価進行方向において先行スパン①が手前にあるときにはピンク雲、先行スパン②が手前にあるときにはグレー雲を描きます。株価がピンク雲の上にある場合には、順張り=上昇トレンドを意味します。逆に、株価がグレー雲の下にある場合には、逆張り=下降トレンドを意味します。現在の日経平均における各線、雲の状況ですが、ピンク雲の上を株価が走り、転換線、基準線とも上向き株価上。

問題は以前ご助言いただいた上値抵抗 真空ゾーン 9620円~10011.64円=窓開け
「株価は、空(窓)をいつかは埋めに来る」といいますが、それがいつかはわかりません。
この価格帯が最大の抵抗帯となっているようであれば、重しのような存在です。

昨日は都内で行われた投資家勉強会で、汗を流しました(*^_^*)大先輩に囲まれながら とても有意義で楽しい交流会となりました。ご教授いただいた先生方、本当に有難うございました。感謝!

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

« 複合チャート&マーケットボードについて☆ | トップページ | 外国人投資家が見ているチャートについて☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

江戸の隠居さんへ

お久しぶりです(*^_^*)
きっちゃんさんほどの人って・・・隠居さんほどの方に言われると嬉しいですね。

オプションのコールの売り手ですが、売り投資家の方が慌てている様子が伺えますね。
思惑どおりに行かないのが相場ですから。

GM除外で、ダウも堅調になりましたねー。
全窓を埋めてくれるのはいつでしょうか?
取りあえずは、11月5日の高値は抜きましたので、空が埋まるか埋まらないかは別として、前向きに考えたいところです。
BOX抜けという考え方で行きますと、昨日の買い参入は正解でしょうね。
今日はカブセに近かったので、明日下げても三川宵の明星といったパターンでしょうか。

おはようございます。
真空地帯に差し掛かったので、戻りを期待して一回は仕掛けてみたいところです。
昨年10月6日~10日のわずか5営業日で10800円台から8200円台まで下げた、一番の真空地帯です。
今までの戻りで多くの人が参加しそびれた(出来高が少ない)うえ、GM破綻で重しが取れたので、買いたいエネルギーが充満しています。
オプションのコールの売り手が苦戦必至なのも好材料です。
実は昨日買いました。
今日も買い乗せを実施します。

投資は自己責任はきっちゃんさんほどの人には言う必要もないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 複合チャート&マーケットボードについて☆ | トップページ | 外国人投資家が見ているチャートについて☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。