【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« ダウ理論☆ | トップページ | 相場概況+α☆ »

2009/06/21

業種別上昇率と今後の相場展開☆

↑セクター別株価上昇率 3か月

昨日分析した結果を発表します。ご覧の通り前週比で見ますと、上昇率が高かった業種ほど下落率が高くなっています。トップを走ってきた証券株などは今までの買い方の力が弱まり、前週比16%も下げていますね。相場は折り返し地点に来ているのでしょうか。過去3ヶ月間の上昇力が弱まったと見て良いのではないでしょうか。その他金融は先週、3月10日安値以降最大103%まで上昇しています。

ハイリターンであるということは、常にハイリスクであるということを意識する必要がありますが、正に典型例ですね。上昇率が高いということが必ずしも好結果を生むわけではないと書いたのはそのことです。上昇した分の後の下げが怖いのです。ケースバイケースでタイミング良く売り買い出来る方ならOKですが、そうでなければ今その他金融を買ったら、毎日株価を見てあげなければいけないようです。明日から海外旅行というわけにはいかないかもしれません。いつ壊れるかわからない状態ですから。。。前週比で殆どの業種が下げに転じておりますので、連動性がもろにわかります。

日経平均と同水準の業種であれば、分かりやすいので固く取れそうですが、その他金融、証券、不動産などのように日経と乖離し過ぎている業種は、買われ過ぎているわけですから、後の下げで売り方の多くが参入してくると考えています。

出遅れ業種についてですが、前週比で殆ど動きがなく、薄商いが続いているようです。資金が向かっている業種のほうが上昇率という点では強いといえるようです。どうぞご参考にされて下さい(*^_^*)チャートで見るとよくわかりますが、日経平均よりTOPIXの出遅れが数値上でも明らかです。

採用期間 2009/3/10~2009/6/19    
分析年月日 2009/6/20(土)     前週データ
その他金融 85% 93%
不動産 79% 83%
証券 77% 93%
非鉄金属製品 61% 71%
輸送用機器 61% 66%
陸運 55% 55%
鉄鋼 53% 64%
造船 44% 49%
自動車 42% 52%
日経平均株価 39% 44%
その他製造 39% 41%
化学 36% 40%
建設 36% 41%
窯業 35% 37%
電気機器 35% 42%
海運 35% 47%
保険 34% 42%
繊維 33% 33%
小売業 33% 31%
機械 31% 33%
TOPIX 31%    
精密機器 30% 38%
鉱業 28% 35%
通信 28% 31%
倉庫 27% 26%
石油 26% 31%
銀行 25% 30%
商社 24% 28%
パルプ紙 20% 20%
サービス 16% 15%
ゴム 15% 14%
医薬品 14% 14%
食品 13% 12%
水産 12% 13%
鉄道バス 12% 11%
空運 -2% -1%
電力 -3% -5%
ガス -4% -6%

ひまわり証券さんという証券会社のHPに行ったら、韓国人の方が、動画で面白いことをおっしゃっていましたのでご紹介します。「日本株の長期投資は無理だということが平成バブルからの今までの20年チャートを見てわかります」真を説いているなーと思いましたね。長期トレンドが下を向いているときに長期で株を保有しようとしますと、流れに逆行するということになります。

私のような個人投資家の資金など、長いものには巻かれてしまうということです。時代の流れに逆行すれば生き残れなくなるように、株価の流れに逆行するから失敗するということなのでしょうけれども。人生の縮図のようです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

« ダウ理論☆ | トップページ | 相場概況+α☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

うちなりさんこんばんは。

ありがとうございます~happy01

私じゃなくて、ソフトが凄いんですよ(笑)
株価比率の自動作成ソフトを独自に開発したので、どんな指標でも簡単に作れますよ。

わざわざ手で入れていられないですもん、面倒くさくってー。
で、ソフト作ったんです。賢いソフトですよ。

こういうデータの裏付けがあると、売買は精神的に楽ですし、非常に効率的です。
もし欲しいようなら言ってくださいね^^。

ごめんなさい。
均衡表の基本数値、訂正します。
9、17、26、33、42、65、76、83、106、129、172、226、676
OK?

きっちゃんさんこんにちは

資金が今後どのように動いていくか気になりますね。
でもやっぱりグラフにすると見やすくていいですねgood
無精者の私は自らは作成したことが無いです。
きっちゃんさんはさすがだな~と、頭が下がります。

均衡表の数値ですが、なんだか違う気がsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダウ理論☆ | トップページ | 相場概況+α☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。