【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« トレイリング・ストップ☆ | トップページ | 造船株☆ »

2009/06/07

業績別上昇率☆

現在の強い銘柄を業種別に書きますと、 昨年の米国発の金融不安によって、一時 金融株や不動産株が大量に売られました。しかし、現在は金融、不動産業界が主力となり株価を牽引しています。 株価暴落に強いディフェンス株が、現在は叩き売られています。今ディフェンス買っても儲からないですよ。株価の堅調さを物語っています。

採用期間

2009/3/10~2009/6/5
分析年月日 2009/6/6(土)  
その他金融 76%  
証券 71%  
不動産 68%  
非鉄金属製品 68%  
輸送用機器 67%  
鉄鋼 53%  
陸運 50%  
自動車 49%  
電気機器 39%  
日経平均株価 38%  
保険 38%  
その他製造 37%  
化学 37%  
海運 37%  
建設 35%  
鉱業 35%  
造船 34%  
精密機器 34%  
機械 33%  
窯業 32%  
石油 29%  
小売業 28%  
繊維 26%  
通信 24%  
商社 24%  
銀行 21%  
倉庫 20%  
パルプ紙 18%  
ゴム 16%  
サービス 11%  
医薬品 11%  Defense
食品  9%    Defense
水産 9%  
鉄道バス 8%  
空運 -3%  
電力 -5%  Defense
ガス -6%  Defense

昨日のニュースですが、為替の場合は、安定性のある上昇率を維持できているようです。現在、ランド、NZ、オーストラリア、カナダが強いグループ。要するに資源系だそうです。次が、ポンド、ユーロ、スイスフランでヨーロッパ通貨。最後にUSドル、日本円という流れだそうです。

日米通貨はここ3カ月上昇率0%らしいですが、ドル円で勝負されているスイングトレーダーの方は儲かってますか?(デイトレは別としまして)かなり苦しいのではないでしょうか。資源国通貨は高金利が魅力ですから、海外の資金が集まりやすいんですね。日本とアメリカは世界的に低金利で通貨安に拍車がかかっていますので、当面はこうした状態が続くのではないでしょうか?

ちなみに株式市場ですが、今トップを走っているのは今まで売り叩かれていた金融株(①その他金融&②証券)。③不動産株ですね。あとは、非鉄金属製品、何故か輸送用機器。このような順番です。

業績が悪いはずの金融株や不動産株が買われているのは、おかしいでしょ?米国発金融不安で今まで相当売り叩かれていたことを考えますと、どうですか?売り方の買い戻し(需給改善)での上昇がプラス要因となっています。

ただし、その他金融株につきましてはチャート的に目先頭打ちしてきていますので、次を走っている証券株・不動産・非鉄金属 が買いだと個人的には思っています。

ただ、いつまでも主力でいれるような業界ではないと思いますので、資金が引き上げる(逃げる)ことによって今度は下にいる業界が買われてくると思います。来週金曜日はメジャーSQです。大阪証券取引所のHPで前場にSQ値が発表されます。

ここで、不思議に思われた方も多いと思われますが為替は 高金利通貨が魅力なので長期的な上昇率が高いのは頷けますが株式の場合は、業績の良し悪しに関係なく株式が買われたり売られたりしますから、投資家の心理戦です。

投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

« トレイリング・ストップ☆ | トップページ | 造船株☆ »

為替相場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トレイリング・ストップ☆ | トップページ | 造船株☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。