【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 日経10000円台回復☆ | トップページ | ☆投資家交流会の件☆ »

2009/06/14

SQ値上ブレと業種別上昇率☆

↑日経平均株価日足 過去1年チャート 
トレンドラインを引いています。

出来高をご覧ください。前日比増の小陽線です。上値暗示か?5月までの約7ヵ月間、かなり煮詰まっておりましたので、どうなるかと思われましたが、過去のトレンド方向に無事に放たれてくれました。

次の課題は「全窓を埋めてくれること」です。この一巡の流れは、株価が本格的な上昇トレンドに入るまでの段階的な経過であり、窓を埋めずに下に落ちた場合、失望売りも考えられますが、そこまでのポイントに上ブレるまでは、緊張感は持っています。多勢の投資家が上昇トレンドに入ったと確信を持つと、その頃の株価は天井であることが多いのものですが。

日経平均先物市場は最終10140円で引けました。メジャーSQ値は後場ザラバ高値で一旦10147円65銭を上回りました。来週の月曜日以降、市場関係者の誰もが注目しています。
金曜のダウが高値更新していますので、好感はされるとは思いますが。

SQ値 10147円65銭

第二金曜 日経平均先物(イブニングセッション有)

始値 10030
高値 10180 
安値 10030
終値 10110

6月12日時点 東1騰落レシオ125.8% 6月5日時点 信用評価損率6.4% また、逆日歩一覧 です。東1売買代金が前日比で急騰しています。来週からの相場に期待感が高まっています。

一週間後の業種別上昇率です。*上昇率が高い業種が必ずしも買いとは限りません。金融株は値動きが分かりずらいので、触っておりません。特に銀行株。この業種の値動きだけは掴めない^^;ご存じとは思いますが、日経平均株価を0ポイントとしたとき、0ポイントより上昇率が高ければ先行業種、0ポイントより上昇率が低ければ、出遅れ業種となりますのでご確認ください。

採用期間 2009/3/10~2009/6/12
分析年月日 2009/6/13(土)  
証券 93%  
その他金融 93%  
不動産 83%  
非鉄金属製品 71%  
輸送用機器 66%  
鉄鋼 64%  
陸運 55%  
自動車 52%  
造船 49%  
海運 47%  
日経平均株価 44%  
電気機器 42%  
保険 42%  
建設 41%  
その他製造 41%  
化学 40%  
精密機器 38%  
機械 37%  
窯業 37%  
鉱業 35%  
繊維 33%  
小売業 31%  
石油 31%  
通信 31%  
銀行 30%  
商社 28%  
倉庫 26%  
パルプ紙 20%  
サービス 15%  
ゴム 14%  
医薬品 14% Defense
水産 13%  
食品  12% Defense
鉄道バス 11%  
空運 -1%  
電力   -5% Defense
ガス -6% Defense

この指標を簡単に作れるようになるまで半年近く一人で悶々としていました(笑)特に大事なポイントは、こうした業種別上昇率の生データを週一で更新しているのは、おそらくですが私ぐらいではないでしょうか?変態且つ、物好きなもので^^;見るのはただですから、読者の誰かのために毎週更新することにしますね。皆様に幸せになって欲しいですから(*^_^*)。無償公開します。

御存じとは思いますが、証券株とその他金融株は同列になりました。3月10日に金融株をお買い求めになられた方は、93%・・・即ち資金を約2倍にしているということです。頭と尻尾はくれてやれで、半分とっても50%近く儲かってますよ。すごいですね。こういった見方をされてみると面白いかもしれませんね。

このような指標を作ってよくわかるのは、業績が悪い業種が注目されていることです。金融業界の現状おわかりですよね?もっぱら景気が悪い時は消費者金融の業績は良くなりますが。ゼネコン不動産なんでどうですか?値引き合戦でも売れませんよ。大手企業ばかり潤って、9割を占める中小零細企業は常に弱い立場にあります。東証マザーズ、大証ヘラクレスのような新興市場、潤ってますよね。ベンチャー企業の業績はいかがですか?今立ち上げたばかりの起業に資金なんてあるわけないじゃないですか。しかし、そんな株が今買われているんです。おかしいですね。人気と実力が反比例するこの株式市場・・・私もいつも頭を傾げています。

☆現在の持ち株一覧☆

買いポジ
5401 東1 新日鉄  2000株
7003 東1 三井造船 1000株
7012 東1 川崎重工業 1000株

投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

« 日経10000円台回復☆ | トップページ | ☆投資家交流会の件☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経10000円台回復☆ | トップページ | ☆投資家交流会の件☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。