【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 相場概況+衆議院選挙☆ | トップページ | 環境関連で黒字化へ☆ »

2009/08/21

25日線割れ☆

↑日経225直近日足チャート

金曜終値 10238.20円

25日MA上向き 10205.51円  

10日MA下向き 10403.84円 5日MA 下向き 10275.84円

配列 上から 10日MA 5日MA 25日MA 75日MA 200日MA

日経は6月12日と、7月27日の高値同士を結んだ罫線がサポートしております。中期的には順張り、短期的には逆張りの配列。来週以降、このラインを終値ベースで下回れば悲観的、下回らずに上昇すれば好感されるのではないでしょうか。今日の、外資系寄り付き前注文動向1810万株の買い越し。しかし最終的には陰線で引けました。ここからも推察されるように寄り前の動向はあくまで寄り前の動向であり、外資系寄り付き前の注文動向によって大引けの価格が決まる(必ずしも陽線で引ける)ということではないようです。一つの目安としてお考え下さい。前日の海外市場の動向が影響を与えるのは、あくまでも翌日の日経の前場30分程度ですから、そのあとの動きは日経独自の値動きが形成されていきます。

ただ、最近の日経の値動きを見ておりますと中国市場に振り回されているような感じで、ダウ指標よりも中国市場の動向を観察していた方が分かりやすのではないかと思うほどです。

昨日の記事で25日線を割るような下げが来てほしいという願望めいた文章を書きましたが今日到来しました。下ヒゲで一瞬タッチして終値ベースでは25日より上で引けています。25日線を割って来たのは7月3日以来のことですから、約一ヶ月半ぶりのことです。いかにこの一ヶ月間の日本が強い市場だったかわかります。

25日線を重要視している理由の一つですが、投資家の殆どの皆様がこの指標を意識していることにあります。ローソク足と出来高と移動平均線だけは、全ての株価チャートに乗っていますし、投資家が一番使用している指標です。来週ここからの折り返しを期待したいところです。

■堅調なインフルエンザ関連銘柄一覧

インフルエンザ関連 追い風銘柄

3107  東1 ダイワボウHD 繊維
3109 東1 シキボウ 
3302 東1 帝国繊維 
3514 東1 日本バイリーン 
4061 東1 電気化学工業 化学 
4519 東1 中外製薬 医薬品 
4568 東1 第一三共

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

« 相場概況+衆議院選挙☆ | トップページ | 環境関連で黒字化へ☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

eisukeさんへ

こんばんは!
ありがとうございます(*^_^*)

実は既にチャレンジ中です。
海外の株は動いている時間が違うので、更新時間を気にする必要がありますが
昨日今日の暴落は、ネットで見た方が速いですね^^;

値幅エクセルの場合は、時系列データを一度エクセルに落とす作業があるので
手作業の分、若干時間がかかりますからね。

その手間をそれ程気にすることがなければ、株価の暴騰や暴落率をいち早く知ることは可能です。
eisukeさんも、一度使用していただければ良さは分かると思います。

きっちゃんさん

こんばんは

>
ダウ指標よりも中国市場の動向を観察していた方が分かりやすのではないかと思うほどです。

それこそ値幅エクセルで きのうの中国上海総合指数などの反発の値幅を しらべてみてください

4.5%の大幅反発です

ここのところの日本は 変動がはげしい中国の影響度が 高いようですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相場概況+衆議院選挙☆ | トップページ | 環境関連で黒字化へ☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。