【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 逆資産効果☆ | トップページ | TOPIXと日経225☆ »

2009/09/18

マーケットの主役☆

↑高値圏での三角保合い【日経225日足】

■日経225テクニカル分析

上値は切り下がり、下値は切り下がらないという高値圏での典型的な三角保合いの特徴(パターン)があります。保合いはエネルギーの集積庫のようなもので、保合い期間が長ければ長いほど、蓋を開けた一方方向にエネルギーを彷彿させる力を持っています。

言うまでもなく、停滞モードです。株価は目先上昇しているのに、海外の株高に翻弄されて引ける。日本市場を動かしている外国人さんは撤退してるのでしょうか?9月相場らしい閑散とした空気に包まれています。もう一段の下げがあるのか、このまま横ばいが続くのか。一目均衡表では、転換線と基準線の逆転と遅行線の逆転が出ています。移動平均線も25日線グランビルの売りが出現してから数日が経過しています。

ダウ理論でいうところの主要な安値、9月4日の安値が意識されているようですが、買い方も売り方も拮抗しているというよりも、市場参加者が減っているので、値動き自体がないような相場です。下げるなら下げる。上げるなら上げる。トレンドを明確にして欲しいです。値動きが小幅なので、オシレータも使えません(爆)

■マーケットの主役がいない相場=秋~冬相場

日経平均は秋口に安値を付けやすい=しかも毎年
発生原因=アメリカの機関投資家

アメリカでは、投資信託は12月と翌年の1月が決算です。
税金の関係上は10月までの売り上げを元に計算を行います。
損が出ていれば、節税効果もある為、利益確定と損失確定に動きます=保有株を売却してくる

又、一部のヘッジファンドは11月に本決算を迎えます。
その為、秋口近辺から売りが入ってきます。

アメリカの四半期決算=7~9月期の決算発表=10月上旬~
→決算発表前には、不安感からの売りが出やすい

11月には年金ファンドの損益通算があります。

個人の損益確定の締め切りが12月まで。
(翌年の確定申告の為にここで売ってくる)
→損益確定には一旦株を全て売って、現金化しなければなりません。

従って、この時期には市場から資金が抜けていく状況になりやすいと言えます。
秋~冬は、市場から資金が抜けやすいので、日本で売買している資金が減る=損益確定売り。年間を通してそういう資本の流れですから、株価も秋口に押し目を付けやすいと言えます。こうして、日本はアメリカの株式市場の影響を節目節目で受けているようです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

« 逆資産効果☆ | トップページ | TOPIXと日経225☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆資産効果☆ | トップページ | TOPIXと日経225☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。