【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« グランビルの売り☆ | トップページ | 幻のSQ☆ »

2009/09/08

先物主導市場☆

今日は先物価格と25日線上の価格が全く同じになっています。25日線にぶつかったというよりも、ぶつけてきたというのが正解でしょうか。どうも先物に操作されているような動きです。前場軟調、大引け間際からの急な買い仕掛け。

25日線に着目する理由ですが・・・自分にとっての売買スタンスに最適な指標として使用しています。移動平均線の計算法ですが本日の終値含めた過去25日間(営業日ベース)の終値の買い平均コストです。

個人的に日足チャートに使用しておりますのが、5日、10日、25日(約1か月)、75日(約3か月)、200日(約1年)線の計5本
週足チャートに使用しておりますのが、5週(約1か月)、13週、26週線の3本
月足チャートに使用しておりますのが、12か月(約1年)、24か月(約2年)、60か月(約5年)、120か月(約10年)の計4本です。

25日線と5週線はほぼ同じ周期です。25日線は、約1カ月間の相場の方向性になりますが、単純にはこれが上を向いているということは一ヶ月間の相場の方向性(トレンド)は上を向いているという考え方(買いスタンス)。下を向いているということは、一ヶ月間の相場の方向性は下をむいています(売りスタンス)という考え方です。 私は短期売買~中期売買(売買スパン)が主なトレードスパンになっておりますので、移動平均線を使用する以上25日線がメインになるという考え方です。

従って、同じ銘柄で短期玉と中期玉どちらのポジションが一つずつあるようなイメージです。25日線におけるグランビルの買いが中期トレードのスタート→ホールド→25日線におけるグランビルの売りが中期トレードの完全撤退サインです。尚、短期トレードは上記の条件が成立している中、5日線と10日線を使用して売買することになります。

移動平均線の生みの親、ジョセフグランビルさんは、ロウソク足と200日線一本での長期トレードでした。私が使っているグランビルの買いとは25日線における買いシグナル、グランビルの売りとは、25日線における売りシグナルの事を言います。

尚、仕手性についてですが、日経225先物市場では全く気にする必要がありません。一日の出来高の少ない小型の個別株であれば、一日二日株価を上げてやれといった工作も出来ますが225先物に関しては、世界中の投資家が一同に入って日経平均を売買しているわけでその一日に動いている資金は膨大ですから、その流動性においてそうした工作が99%出来ません。そういう意味では、公平性のあるマーケットだと言えます。

あくまで個人的に使用しているテクニカル指標であり、相場観ですので、投資は自己責任、独自のご判断でお願いします。

■注目すべき指標

NY株式市場
日経225先物
CMEシカゴ日経先物
日経平均株価
上海総合指数
評価損率(週一程度)
貸借倍率(週一程度
決算予定日
業績修正銘柄
騰落レシオ
裁定買い残

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

« グランビルの売り☆ | トップページ | 幻のSQ☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランビルの売り☆ | トップページ | 幻のSQ☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。