【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 一目均衡表変化日☆ | トップページ | 相場概況+α☆ »

2009/11/16

オプションSQ☆

SQ前日 大陰線 終値 9790円
第二金曜日 スモールSQ 小陰線 SQ値 9746円49銭 終値9750円
SQ明け 下髭十字線 終値9800円

13日の金曜日のSQは陰線ながら10月同様この値を超えて引けました。来週からの相場は堅調になるというアノマリーを信じて買いポジは放していません。今日などの相場を見ていますと、12月物は下髭の長い十字線で引けています。NT倍率がまた拡大しています。TOPIXは200MAを終値ベースで割り込んでいるのに対し、日経はSQ値と前回安値を意識しています。

自己都合と

私が今までお逢いした勝ち組投資家の最大の利点=特徴ですが、全員どんな状況にでも対応できるようにいつも体調を整え、不測の事態に備え、リスク管理が万全な方」でした。現に、相場に万全な指標などが存在しないように、どういう状況でも対処できなければ相場から退場しなくてはいけないからでしょう。

どういう状況でもといっても、相場は単純で、トレンドが↑↓どちらを向いているか、横ばいか3パターンしかありません。年間を通した時に、上昇トレンドが3分の1、下降トレンドが3分の1、保合いが3分の1と言われています。それぞれ、上昇トレンドでは買い、下降トレンドでは売りで利益を上げる相場であり、保合いでは待ちのサインです。

万が一に遭遇したら、こう対処する。という危機管理が出来ている人でした。イチローのように、どのようなボールでもヒットに出来る人です。

ご存じのように相場(チャート)は大衆の都合で形成されていきます。自分の都合や感情を入れ込んだ瞬間から負け組になる世界ですから、いかに大衆心理を読みながらその動き(流れ)に忠実に売買をしていく必要があるのかがわかります。

これは、日常生活に例えますと・・・

例えば、12月1日に行事が予定されている。必ず行きたいと思うならば、その時の為に体調管理を考えます。風邪をひかないように、気をつけます。いつもいつも何かに都合をつけては、予定をキャンセルするような方は、株には向いていないと思います。

勝っている投資家の方の特徴は、予定を入れてからキャンセルするのではなく、最初から申し込みをしません。スケジュール表を渡された時点でそれが瞬時に認識できるとのことでした。もし予定を入れてしまったなら、風邪をひいていても参加をするでしょう。決断が早く、自分が一度下した決断に対して責任を持っています。

これを株の売買に例えますと・・・

例えば、今日売買サインが出たチャートに対して、次の日にinするということをしません。
その売買サインで取引出来なければ、次の売買サインが出るまで待ちます。

しかし、負けている方の特徴は、今日売買サインが出たチャートに対して、次の日にエントリーしようとするのです。(売買タイミングが遅い)これは自己都合です。大衆心理は自己都合の集大成ですので、その仲間入りをしてしまいます。

07年7月~8月の相場を思い出してみてください。真実は過去にありといいますので、2年前まで遡らせていただきます。03年4月28日につけた大底値7609円~18290円台まで約4年間長期波動が続きました。

この長期波動が07年7月に崩れると予想したアナリストや投資家がどれだけいらしゃったでしょうか?暴落を予測できなかった理由の一つに、「過熱した指標が何一つなかった」というのがありました。これも不測の事態と言っても過言ではありませんが、この不測の事態で、株は下がり、円高に拍車がかかったのは事実です。全て投資家の集団心理が原因です。

値がさハイテク株を保有していた現物投資家は去り、円安歓迎のスワップ派と呼ばれるFXトレーダーの大半が消えて行きました。このときに、対応力という準備が出来ている方は損を確定させるか、つなぐかしてリスク回避が出来ていました。

このとき、低位株2000株を保有していた私は、田舎に帰りました。隣に住んでいる株好きのオジサンは、サブプライムショックで相場で大損を出し、息子夫婦と大喧嘩になっていました。田舎なので隣には丸聞こえです。この方が相場で大怪我をした最大の理由は、この不測の事態に対して何のアクションも起こさず、現物株を保有していたことでした。含み益をたった数日で帳消しにしてしまいました。彼の口癖は「俺の持っている株が下がるわけがない」(自己都合)でした。

彼は現在、癌に罹り、資金はゼロ。評価額を上回る負債額のマイホームの多額の返済だけが残されています。他人事ながら資産形成は失敗に終わっています。

■負け組のメンタル
いつか上がるだろう(期待)・・・自己都合
明日上がって欲しい(欲)・・・自己都合
俺の株が下がるわけがない(過信)・・・自己都合です。

■勝ち組のメンタル
上がったらこうしよう・・・大衆都合
下がったらこうしよう・・・大衆都合です。

負け組は感情に支配されているのに対し、勝ち組はどのような相場でも対処できるので、悲観も楽観もないのがおわかりいただけると思います。このメンタル構造の違いこそ、勝敗の分かれ目のようです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

« 一目均衡表変化日☆ | トップページ | 相場概況+α☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

管理人様、初めまして。

突然ご連絡差し上げまして申し訳ありません。FXポータルサイトのフォレックスプロスと申します。

投資家の皆さまに当サイトの存在を知っていただきたく、連絡させていただきました。リアルタイム為替レートやチャート、経済指標カレンダー、フィボナッチ計算機等のツールが大変充実しているサイトです。

また、最近ではFXだけではなく、世界の株価指数や主要銘柄等の情報も追加しております。

お時間がありましたら、是非一度ご覧いただけたらと存じます。

宜しくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

管理人様、初めまして。

突然ご連絡差し上げまして申し訳ありません。FXポータルサイトのフォレックスプロスと申します。

投資家の皆さまに当サイトの存在を知っていただきたく、連絡させていただきました。リアルタイム為替レートやチャート、経済指標カレンダー、フィボナッチ計算機等のツールが大変充実しているサイトです。

また、最近ではFXだけではなく、世界の株価指数や主要銘柄等の情報も追加しております。

お時間がありましたら、是非一度ご覧いただけたらと存じます。

宜しくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一目均衡表変化日☆ | トップページ | 相場概況+α☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。