【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の3件の投稿

2010/05/19

リフレと金融政策☆

この飽和状態を作り上げた張本人であります、ベンバーナンキ氏の著書「リフレと金融政策」購読中です。本人が何を考えて、どのような政策を実施していくのか、「本人が書いた本」を読んで勉強中です。彼のマクロ経済的思考をそのまま把握できますよ。政策を実際に現場で行っている張本人が何を考えているのか面白く読めました。彼のデフレ克服のために行った「インフレ政策」は読んでいて学者を感じさせる内容です。

こうして作りだされたバブルはいつかは崩壊する・・・アメリカの場合それが怖いですよね^^そしてバブル崩壊後というものは下げが長引くと勉強しました。平成バブル崩壊後、ITバブル崩壊後のチャートの下落率を見れば想像がつきます。11年12年はトレンドが変わるのかな。。。

■国内指標

200日移動平均線割れ。来るべき日が来ました。
日本市場は弱気の「GAMEOVER」。騰落レシオ25は、4月5日をピークにジェットコースターのように真っ逆さまに下に落ちています。200MAは上向き株価下。5月と言う日柄ベースで考えても海外を観ても5月中の値上がる要素はありません。6月のパフォーマンスは良いので若干の戻りは期待したいところです。

■海外指標

世界代表指数、最近のダウ平均の株価チャートをご覧ください。10年5月6日に09年3月6日10年2月5日の安値同士を結んだサポートラインを綺麗に割り込んで下降波動入りしています。日本はダウの影響が大きいですね。海外の主要な市場から資金が撤退しているのに、日本だけ強い意味はありませんし^^;200MAがサポートしています。上昇波動継続か、下降波動入りなのか。注目です。

■個別銘柄

↑8591オリックスの日足チャート

安値更新中です。本日5月19日、3月16日と17日の窓を埋めました。5月18日終値ベースで、75日移動平均線を割り込み、&出来高増(エネルギー増)で昨年2月24日からのサポートラインを綺麗に割り込みました。(出来高増は、あくまで前日比で考えます。前日比出来高が増えていれば(前週比出来高が増えていれば)出来高を伴った陰線ということになります。オリックスの良さは、一日の変動率が大きいことにあります。変動率は、毎日の値幅を%に換算した時に他の銘柄と比較して平均的に大きいということです。変動率の大きい理由の一つに、7000円台の大型値嵩株であるということ。銘柄によっては変動率の大きいものと小さいものがありますので振り回されないように気をつけましょう。(値幅エクセルで値幅計算ソフトを作成中です←いつになるのか)

チャートパターンをご覧ください。25MA割れの前に、前回の押し目を更新しているのがわかりますね。天井の現象である。三尊形成ですが、三尊とは、3つの山を意味します。4月7日、4月16日、4月30日。5月7日にチャート的な下げトレンドに入った=ネックライン割れを起こして下降波動入りしています。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2010/05/11

新規公開株☆

新規公開株といえばこの4月に上場した第一生命。日本人の保険好きは世界でも有数で、総資産額30兆円。ガリバー日本生命に続く日本で第2位の巨大保険会社が新規上場した。相互会社から株式会社になり契約者は株主になり、総代会は株主総会になった。

保険会社には定期付終身保険という主力商品がある。おそらくはこの商品こそが保険会社にとって一番儲かる商品ではないでしょうか。保険会社が儲かる仕組を持っている商品であると思う。定期部分は死亡保険の部分で、死亡しなければ受け取れない主契約部分である。3大疾病にかかれば、それ以降の支払い保険料の免除特約があり、生存中に受け取れる保険金部分である一時金が受け取れるというものだ。保険は四角、預金は三角という言われ方をしますがこれからの預金はなかなか三角になってくれない。それどころか労働人口に占める貯蓄の割合は年々減少傾向にある。

受け取れる賃金が低下し、国民一人当たりの税率は増加していくことを考えれば将来安泰と言える老後資金すら築けない。この将来不安こそ、日本人の消費に火がつかない需要不足であり、財サービスの価格の急低下を促す最大の原因である。保険や預金は守りの戦略であり安全資産である。しかしこれからは、ゼロから有を生み出す活動=収益活動も必要になってくると思っている。預金資産についてはデフレ下では価値が上昇する。資本主義では資本家が一番強いのですが、益々その傾向は強まる。

話はそれましたが、移動平均線も一目均衡表も、大多数の市場参加者が意識する投資の軸になる代表的な指標である。しかしこれらのテクニカル指標は過去のチャートがあって初めて使える指標である。

テクニカル分析を辞書でひきますと「過去のチャートの値動きから、未来のチャートの値動きを予測していくこと」とあります。では過去のチャートがない新規公開株は、そもそもテクニカルで攻められないということにならないでしょうか。ここに新規公開株を触らない理由がお分かりになることと思います。過去最低10年間、長いチャートを見て、判断できるものは沢山ありますが新規上場したばかりの株には、毎日の出来高とローソク足しかありませんね。

第一生命のような新規公開株には、過去のチャートがありません。
上場したばかりの銘柄に25日腺は使えないでしょう。

話は変わり、不動産投資というものも銀行と不動産屋が儲かる商売だと思っています。儲かる人がいるということは、損する人が必ずいるというのが常ですが損する人は投資家であるといえよう。、

私は基本的に減価償却を要する固定資産については負の遺産だと思っているので老後になる頃の資産評価額はマイナス評価=収益を生まない資産であると常日頃から思っている。固定資産額が毎年一定的に値上がる時代が過去のものになった今、固定資産=負債であるという認識に変わりはない。固定資産を持つことで固定負債が生まれる。圧倒的に資産価値が減少していく中では、自己資本比率の低下を生んでしまう。人生途中で損失を生むシステムを自ら作り上げてしまう。老後の資産形成は失敗に終わる。

バランスシートを作成します。購入時点での固定資産評価額と購入後20年後の評価額を比較し、自己資本が20年前と比較して増えているか減っているか。増えていれば資産形成は成功になり、減ってれば資産形成は失敗に終わるということである。

なんといっても先進国にとって21世紀はデフレの世紀であるということだ。デフレは負債を嫌がり、そして流動性を好む。資本主義を無視して成り立っている経済である。毎年数パーセントずつ物価が上昇しインフレが続いてくれなれば、機能しない経済であることはご承知の上だと思います。ここで投資活動がいかに大切になってくるかこれも20年後のバランスシートが教えてくれるだろう。

先日秋田に帰省したとき、不動産鑑定事務所に勤める友人とお茶しました。現在の新規案件は競売物件が7割。即ち、当初多額のローンを組んで不動産を購入した方の支払いが不能になり競売にかけられた案件だけで生活が成り立っているそうです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2010/05/08

プチ同窓会☆

↑昭和49年寅年生まれの同級生の皆様

↑秋田名物本場の稲庭うどん

↑本場由利牛ステーキ

GWは地元秋田に帰り、久々の同窓会を開催しました。11名の皆様にお集まり頂きました。ありがとう~!33歳の時に女性の厄払いということで、一度地元で集まってから初めての同年会でした。役場職員、郵便局員、漁師、助教授、不動産鑑定など皆様社会的に大活躍されていて、お話が尽きませんでした。

そういえば、地元に帰って家業を継いで頑張っている酒屋さんの息子さんが同級生なのですが、ブログを書いていらっしゃったのでご紹介します♪勘六のブログ。

同級生の書くブログは初めて拝見しました。しかし、仕事の男だね~。家業とはいえ、立派です。ブログを読んでいると離れているのに、とても身近に感じるものですね^^。と、自分のブログは紹介しませんでした。同級生に読まれるのはさすがに苦手なので^^;田舎なので隅々まで噂が拡がるのに一週間かかりませんし^^秋田弁で「しょし(恥かしい)」です。

今回の地元帰りでは、秋田名物稲庭うどん、由利牛を召しました。美味しいよ~♪本場稲庭うどんの舌触り、牛のトロケル美味しさは食べた方でないとわからないかもしれませんね。

温泉地なので温泉入った後に食べる、稲庭うどん、由利牛はサイコ~でした。きりたんぽ鍋も食べたのですが、写真撮るの忘れました^^;ごめんなちゃい。。。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。