【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 人生の師匠☆ | トップページ | NT倍率&株価比率推移☆ »

2010/10/18

金価格史上最高値更新☆

20100607135055

↑商品名:既に売ったプラチナ

友達から電話で、体型が分かりやすいように、全身(=水着姿)をアップするよう、ご連絡が入りました。ちょっくら、待って下され。約束はしますが、来年以降アップします♪

Market trading data. Special quotation.

10月限 9692円73銭

日経は、10月5日にグレー雲上限を陽線で突破し、雲上で推移しています。ネックラインを綺麗に突き抜けたことから、トレンドは小幅ながら短期的な上昇を見せています。200日移動平均線は、金曜終値時点で10039円、10月限SQ値が直近のレジスタンスとなっております。金相場が、年初来高値を更新しながら推移しています。プラチナ市場は崩壊している理由がわからない・・・。全体指数でみる、商品相場は平成バブルの頃の日本を思い出します。あの時、プラチナを売って正解だったのかな?損切り=得意分野。資金回転しないもん。

また、為替が円高に傾きました。介入効果なんて、3カ月続かないじゃん。日経は連日、非常にシビアな展開になっております。買いサインを出しても、翌営業日には消され、売りサインを出しても、翌営業日には消され、場中張り付きのスイングトレーダーの勝率の方が高いと思います。株価は一進一退の攻防となり、横ばいの中で進行方向を模索しているとったところでしょうか。

流れがしっかり下向きに転じてくれない理由の一つに、先行遅行線の谷の上に現在株価が位置しているといった現状があります。山高しを考えれば、9月15日の買いサインから、一旦短期的な上昇を試しているのです。一旦の押し目に入りそうな気配ですが来週以降の上昇は、弱いと感じます。

御存じのとおり、9月SQ値は9150円32銭ですから、9692円73銭との間での攻防といったところでしょうか。個人的には、この9月SQ価格を下回ってくれば、リバウンド相場に陰りが灯る事でしょう。9月12日には、SQ値が暫くの下値支持にならなければよいのですが・・・といった記事を書かせていただきました。あの日の出来高が半端ではなかったこと、現段階で、強力なサポートになっていることは、ご存知の通りです。

しかし、仕事ってのは山程あるな・・・><、比例するように財運をもう少し上げたい><。頼まれ事を断れない自分が、非常に情けない・・・。忙しい割には、空回りしているような気がします。分析9割、行動1割を改めまして、実行力を強化しよう。きっちゃんの目標。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

« 人生の師匠☆ | トップページ | NT倍率&株価比率推移☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の師匠☆ | トップページ | NT倍率&株価比率推移☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。