【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の3件の投稿

2011/01/29

シカゴ日経先物☆

20110129181810

上記は、シカゴ日経先物円ベースの、金曜終値時点の日足チャートです。土曜日の朝、シカゴの終値がどうなっているか、必ず確認するベテラン投資家達。今朝は飛び起きたはずです。きっちゃんは昨日は夜中まで、相場を凝視していました。夜中の時点で、トレンドの一時的な転換が確実性を増したからです。この投資家心理は、土曜日の朝の市場の値動きに確りと現れております。その価格帯の形成は、やはりダウの市場に寄与しています。

期近の11250のコールオプションの売りポジは、まだおめでとうとは言えませんが、少なからずその可能性は高まりましたね。直近の天井である、1月13日の10620を読んで、先に仕掛けた投資家は、先見の明でしょうね。

NYダウ>シカゴ日経先物>日経225先物>日経平均>個別株・・・しかし、この流れは、この先も続進することでしょう。プロの投資家は、素人心理を揺さぶるのが仕事のようです。この直近の大陰線が、目につく投資家は、月曜の寄り付きで投げ売る事でしょうし、このシカゴ日経先物の終値10235円に鞘寄せするような形で下窓を開けて寄り付くのでしょう。これは、翌週以降、大証の直近の安値であります、1月21日の10250を割る事(ネックライン割れを起こすこと)を意味します。

モノ言わずして敵を殺すと言いますか、最近の相場の性格の悪さは(日経225ミニ先物取引が導入されてからの相場は特に)、窓を開けて寄り付いた後、後場から先物主導で無理矢理上窓を埋めさせて、しかも陽線で終わらせて、売り方を場中で消滅させると言う、月曜日にありがちな姑息なパターンです。こういうことも、想定しておきませんと、やられます。売りが売りを呼び、来週の日経は陰線になる可能性が高いのでしょうが、残念ながら、直近の高値は3尊天井を形成した2番天井、10620円になる公算が大きくなりました。

それを象徴しているのは、大局観です。金曜時点終値ベースでの週足ストキャスティクスは、買われ過ぎゾーンでDC、週足MACDは、DCは出ていませんが、0ライン以上で、乖離縮小ながら推移しています。週足のストキャスティクス、MACDに逆らってはいけません。

短期的に下降波動入りをした、日経は、今度は何処まで押すのでしょうか。シカゴ日経先物円建てで、それを見て行きます。200日MAは下向き。というか、死んでいます。抵抗ラインという認識でいらっしゃって下さい。日経は昨年の8月25日9000円割れ(中期的には下降トレンド)を底として今年1月12日までの約、半年間上昇トレンドを形成したことになります。この半年で、日経は2000円も上昇したんですよ。半年後に決済期限がやってくる、信用取引の制度信用の期限も、半年です。ここで、日柄ベースでの折り返し相場の信憑性が増しています。

上昇幅の半値附近までの押しと考えて押し目の価格を算出しています。

上昇幅= 2010年8月25日8740円  →  2011年1月12日10665円=1925円

1925÷2=963円

8740+963=9703円

2010年8月25日8740円と、11月2日の9075円を結んだサポートラインの延長線が、金曜終値時点で、9500円となっています。

 個人的には、投資家心理の節目、10000円付近でのもみ合いが予想されます。

*シカゴ日経平均先物・・・
中心限月を繋げたチャートです。

あくまできっちゃんの個人的な素人の相場観ですので、鵜呑みにしないように、投資は自己判断でお願いします(*^_^*)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

2011/01/22

2010-年足陰線☆

201101212225

↑モデル きっちゃん 

髪を切りました。髪の量が多すぎるので、結局薬局切る羽目になります。腰まで長い髪に憧れますが、性格的にもさもさするのが嫌で、今回もバッサリ行きました(*^_^*)ショートボブ以外に気にいったスタイルはありません。自分に一番似合うし、安心♪

20110121233913_2

↑日経平均日足

今日、大陰線で、25日移動平均線を割り込み、同時にグランビルの売りサインが点灯しました。本日をもって、中勢では売り転換です。移動平均線でやっている中期トレーダーは買い玉を手放しています。大口は、今日の寄りの段階では、数営業日振りの売り越しです。売りサインが出たということは、行動を起こさなければなりません。専業で場中が観れるにも関わらず、買い玉を手放さないのはTraderとして失格です。

20110121005055

↑日経&TOPIX上昇率

上記は、2010年大納会を基準とした、日経とTOPIXを比較した上昇率チャートです。日経が青、TOPIXが赤の線で表示しております。1月13日にTOPIXの上昇率が日経の上昇率を上回っています。全体相場が、市場を押し上げていたことを示しています。

2010年1月4日 大発会 

始値

日経平均 10654.79

日経225先物 10690

2010年12月30日 大納会 

終値

日経平均 10228.92

日経225先物 10200

昨年一年は、見事に陰線で終わっています。昨年大納会までの年末を彩る相場は、トウビの一振で上昇トレンドを保持。今年大発会の幕開けから、更に強いトレンドは続伸中です。新年幕開けから約5営業日の相場概況は、本年一年の相場を物語ると言います。今年は、どうでしたでしょうか。

日経平均 上昇率  時系列データ

1月4日大発会 +1.65% 陽線

始値 10352.19
高値 10409.17
安値 10321.28
終値 10398.10

1月5日 -0.17% 陰線

始値 10387.95
高値 10413.45
安値 10358.01
終値 10380.77

1月6日 +1.44% 陽線

始値 10447.52
高値 10530.11
安値 10477.52
終値 10529.76

1月7日 +0.11% 陽線

始値 10506.72
高値 10550.71
安値 10503.02
終値 10541.04

1月11日 -0.29% 陽線

始値 10484.62
高値 10538.39
安値 10476.29
終値 10510.68

振り返りますと、5営業日全て、高値を更新しながら、底堅い上昇トレンドを固辞しています。ウサギ年の一年が、過去平均では、年ベース23%と言う高い上昇率を誇っている年になるそうですが、今年の年足が、陽線で終わる為には、今年の大発会の始値10352.19円を、今年の大納会の終値で更新(クリア)して一年を終了する必要があります。それが可能なのか否かは、神のみぞ知るといったところでしょうか。続伸すると言われている上昇トレンドに陰りが灯るのは、いつになるのでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

2011/01/09

新年会☆

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します(*^_^*)

20110108123300_2

20110108123208

20110108123334

20110108132613

先日、新年会を兼ねて、ランチ会を催しました。総勢9名の女子会です。市内の懐石料理屋さんでしたが、久々の日本料理の外食でしたので、とても新鮮でした。冒頭、今年の抱負を兼ねて、新年のご挨拶をさせていただきました。女性が多勢集まりますと、恐いものなしですね^^;きっちゃんは性格が男っぽいのですが、男性的な女性陣が多かったせいか、お話が面白かったです^^新年早々、ワイワイガヤガヤ、話題は尽きず、時間を忘れました。

今回のランチ会では、年間約1000万円もの高年収を稼いでいる30代の女性に来ていただきました。その方が放った台詞で、とても興味深かった発言がありました。『私は、髪の毛が掻き毟られる程の、辛い経験や、過酷な過去があって、今の自分が居ます。それを象徴するように、今の自分には、1000人の味方と、1000人の敵がおります。』

1000人の敵と1000人の味方が存在するということは、日本全国に、2000人もの知人や友人が存在するという事実が浮かばれます^^;。人脈は大事だとは知りつつ、驚きを隠せませんでした。

きっちゃんの今年の抱負です。
『急がない事』『長期的な展望に立つ事』『焦らない事』です(*^_^*)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。