【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の3件の投稿

2011/07/30

一場制への移行と時間延長☆

7月19日から日経225先物取引における夕場の時間帯が延長になりました。

イヴニングセッション→ナイトセッション

と申しましても、夕引けの時間帯が、従来の23時30分より、翌日の午前3時迄と変更になっております。

「ナイト・セッション」初日の取引状況

これで、日中二場制→一場制。夕場時間延長となり、24時間体制が着々と進み、24時間取引実施の実現迄、成功に向かってくれれば嬉しく思います。又、東証や大証で取引されています現物は、従来通りの時間に変更はありません。

ご存じとは思いますが、取引時間の延長に伴う、取引量の濃淡がハッキリしてくることから、日中の値動きは益々微弱となり、変動率という側面から行きますと、小さくなっています。取引時間延長に伴い、日中閑散相場に拍車がかかり、日中の取引が希釈されて商いが薄くなる為です。

これに若干の影響を及ぼしていると思われますのが、知る人ぞ知る?日経225先物ミニ市場の商品数の増加です。日経225先物のラージベースでは、従来通り年間取引において、3月、6月、9月、12月モノと言う商品が売り出され、期近の限月の商品から向こう先5限月分の商品の取引が可能です。

従来はミニ先物も並行して同じ限月のモノが取引されておりましたが、数ヶ月前から、ミニ先物は期近が8月物、9月物という形で商品数が倍になっております。勿論、ラージ9月物と並ぶように、ミニの9月物が現在でも一番多く取引されておりまして、出来高は相応にありますが市場参加者が限定されている指数関連の商品数の逓減には、各商品の取引高が限定される分、値動きも大人しくなるのでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

2011/07/05

業種&ベンチマーク株価比率☆

 小売業

24% トップ
 ゴム 21%
 精密機器 21%
 化学 20%
 鉱業 20%
 非鉄金属 20%
 繊維 18%
 機械 18%
 石油 18%
 食料品 16%
 卸売 15%
 水産農林 15%
 倉庫運輸 15%
 日経平均 15%
 通信 14%
 鉄鋼 14%
 輸送用機器 13%
 電気機器 13%
 その他金融 13%
 サービス    12%
 空運 12%
 建設 11%
 硝子 11%
 不動産 11%
 陸運 9%
 医薬品 8%
 銀行業 7%
 保険業 3%
 証券業 2%
 海運 1%
 その他製造 -9%
 電気ガス -18%

どんべ

Photo

↑業種&ベンチマーク株価比率(11年3月15日~)

上記は、11年3月15日の震災ショック後の終値から起算した、11年7月1日現在の日本市場における業種別株価比率です。日経平均株価よりも上昇率が高い業種は、現在の日本市場を牽引する主力業種であり、1位には、小売り、2位にはゴム、3位には精密機器が大きくベンチマークより高水準の上昇率を誇っています。

1位の小売業に代表されますのは、9983ファーストリテイリング、2位のゴム業種には、5108ブリジストン、3位の精密機器には、7733オリンパス、7731ニコンなどがそれぞれ、代表して相場の主役となっております。上昇率が高いということは、現在山高し→谷深し。ハイリスクハイリターンの銘柄ということです。

主力業種は、相場の牽引役であり、先行業種ということですので、この3業種の上昇力(ブル)が弱まることによって、全体相場は崩壊することになります。

上昇率の最低ラインは0ラインですが、マイナスに成っている業種は、電気ガス。これは、震災ショックからこの4ヶ月間、ただひたすらに安値を更新し売られてきた、9501東京電力株が上げられます。上昇相場の足を引っ張ってきた銘柄です。この-18%という下落率は、相場の平均である日経平均15%との乖離差が33%あるということです。

東京電力は一番売られた株ですが、東証一部上場銘柄のうち、震災後に1日辺り約2割の出来高になり、大きく世間から注目されました。

今お金が気持ち悪いぐらいに余っているそうですが、本来は日経平均自体、もう少し大きなリバウンドが来てもおかしくないのですが、震災後に震災前の中値付近でのレンジが暫く続いたのも、東電の下落率が起因していたと考えられます。

3月15日時点で、小売りを買って、電気ガスを売れば(いわゆる拡散にかけるサヤ取り戦略)業種別のサヤ取引においては、最大利益をもたらしていたということです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

2011/07/02

オセロゲーム☆

Photo

http://masimaro.saloon.jp/riversi/

53-11 勝 先手

46-18 勝 先手

42-22 勝 後手

53-11 勝 後手

31-33 負 先手

43-21 勝 先手

35-29 勝 後手

53-11 勝 後手

52-12 勝 先手

44-20 勝 先手

23-40 負 後手

54-10 勝 後手

32-32 ドロー 先手

38-26 勝 先手

55-9  勝 後手

36-28 勝 後手 

50-14 勝 先手

51-13 勝 先手

48-16 勝 後手

47-17 勝 後手

面白い無料フリーオセロゲーム見つけました(*^_^*)

『スーパーリバーシ』。20回挑戦して、17勝2敗1引分。

皆様も遊んでみてください。勝ったからと言って、儲かるわけではありませんが^^;

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。