【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の5件の投稿

2012/05/29

無料株式セミナー☆

私の母校の株式スクール様が、主催する恒例の無料株式投資セミナー  が全国各会場で行われるようです。開講に合わせた、約1時間程度の無料セミナーです。私も何度か会場に足を運びましたが、講師の方々の熱意や面白いユーモアトーク。そして様々な新しい発見があることと思います。会場が近郊の方は、是非ご参加されてみて下さいませ。

講義の様子を動画でアップしていますので、ご覧下さいませ(*^_^*)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

『これからの投資家の在り方』と題して、株式スクール代表が麹町ワールドスタジオ『中ちゃんの目指せ配達人』に出演しています。

2012/05/27

デブテック☆

『デブテック』という2人組の男性ボーカリストとカラオケに行きました。歌唱力の高さと、2人の奏でるハーモニーと、プロを感じさせる歌声に、感動して帰ってきました。お二人とも、ミスチルの桜井さんにそっくりな声質をお持ちでした。毎週カラオケで歌を練習しているそうで、コンサートも開催しているそうですが、今日はお二人の美声を生で聞く機会を頂き、感無量です。

「歌を教えて頂けませんか?」と言いますと、「大黒摩季さんの、らららという曲を知っていますか?あの曲を四つん這いになって歌う練習してください。きっと上手になりますよ。」とおっしゃるので、早速家に帰って、練習開始。確かに、かなりしんどかったです^^;

勉強になりました。有難うございます。

2012/05/23

下流階級☆

日銀政策決定会合によります、追加緩和は見送り、政策金利を0~0・1%とするゼロ金利政策を全会一致で維持(金利は、据え置き)ということで、終了しました。日経は失望売りにダラ下げ日和と遭いなりました。水曜日は、中日(なかび)にあたります。特に売買の薄い曜日ですので何か決定的なプラス要素でもなければ、日経特有のダラ下げ。日本政治は、見送りという言葉が大好きですが、今日はそれを反映した展開になりました。

預金での資産形成は絶望的となりました。現代で、満ち足りた人生を送るには、富が必要です。低金利で、預金での資産形成が不利になりますと、今ある預金を、定期預金金利よりも運用効率の高い投資商品で運用しなければ老後の資産形成は失敗に終わります。

個人的には、毎日そんなことを考え続けながら、暮らしています。儲けられないのは、本人の努力が足りないからだそうです。寝る間を惜しんで、どういう勉強(努力)をすれば、利益を生むことが出来るのか、常に考えることが必要だそうです。野球で相手に勝つ為に、サッカーの練習を一生懸命しても、勝つことは出来ない。全ては、自己研磨の結果だそうです。

利益を生むシステム

貯蓄 投資 > 浪費 消費

損失を生むシステム

貯蓄 投資 < 浪費 消費

貯蓄=金銭を蓄える

投資=金銭を投入する

浪費=金銭の無駄遣い

消費=金銭の消耗

ここでは、利益を生むシステムの継続は、資産形成に成功することを意味します。損失を生むシステムの継続は、破産することを意味します。こう考えますと、今の日本は後者。破産の道を歩んでいるようにも見えます。

2009年に刊行された本で、「35歳を救え」という本がベストセラーになりました。\ここに書かれている一部始終を抜粋しますと、今の35歳と、今から10年前にあたる、2000年の35歳の年間所得に200万円もの賃金格差があるという事実です。

時代背景には、デフレによる賃金縮小と、非正規雇用の増大、所得控除の廃止などが上げられます。デフレは怖いのではなく、デフレが長期化することが怖いのでしょう。

どんなに汗水流して肉体労働を強いられても、月収は上昇するどころか、削られているというのです。毎年同程度の賃金を確保するには、企業業績は高水準を維持し続ける必要があります。毎月一定の所得が保証されなければ、支払義務の継続が困難になる、長期債務や多重ローンなどが家計を圧迫します。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

2012/05/20

ドラクマ復活☆

昨年の3.11で、日経オプションの合成ポジションを保有していた私は、大損失を被り、それを教訓(バネ)として1からオプションを勉強しなおしております。失敗は成功の元。絶対に勝てるトレーダーになりたい。資金という武器を無くすということは、投資家生命を離脱しなくてはいけません。100年に一度の金融恐慌や、1000年に一度の大暴落は、全て想定外でした。想定外が起こる前提で、相場がどのように転んでも利益が出る仕組みを構築しなくてはいけませんよね^^;

インターネットを使っての、銀行業務では、金融商品と題して、年率1%の円定期預金が出てきていますが、3~5年満期型のものが殆どです。この度、日経225ミニ先物のシステム売買で、リターン20%を超えました。厳密に言いますと、株式売買、先物売買との組み合わせです。ここのところの日経のダラダラのきつい下げが奏功したようです。

この先物のシステム売買は、日中立会いで売買を完結させるため、結果的にはデイトレードです。昨年の7月28日にトレードを開始しているので、一年後に集計結果を発表します。

しかし、あんまし為替のお勉強していないのでよくわかりませんが・・・最近一時的な円高に飽きて、円安に触れておりましたが、何時の間にやら再度円高方向に触れています。ギリシャ発端のユーロ安が大きく響き、円高→株安の流れが加速しているようにも見うけられます。ギリシャという国は、資源がありません。どちらかといえば昔から観光地として成り立ってきた国だと記憶しています。個人的には、債務国は無くすべきだと思います。

債務国の経済情勢は、いつの時代も厳しいですし、例えドラクマが復活しても通貨は暴落するはずです。特に日本は構造デフレではありますが、国民=富裕層、政府=貧困層ですので、どうやって政府が国民に金を出させるか・・・常に頭を抱えています。それには消費増税だ。しかし、小沢グループの反対と、ねじれ国会の抵抗勢力が相当な足枷になっているようです。日本の経済情勢から見れば、どう考えても増税は有り得ませんし、円高に触れる要素もありません。

通貨の価値は、それを使う国力を反映したものだと思いますが、ユーロがまた安くなったので仕方ありませんね。円通貨が世界一高い通貨になるとどうなるか=日本人の保有する金融資産も、債務も、人件費も、一同に高くなるんです。金融資産1400兆円のうち、先進国では現預金の保有率が世界一の51%の700兆円です。700兆円の現預金の殆どは国民が保有しています。日本の中でも、一番物価の安い秋田県に移住しておりますが、これほど生活がし易い環境はありません。

これからの時代は、義務を少なくし、権利を持つ生活がしたいです。債務返済義務、年金保険料支払義務、賃料支払義務、こうした義務は、日々の生活を圧迫させるだけで何のメリットもありません。そのような生活に追われて、60歳定年になったときに、老後資金がないでは済まされないのです。日々の支払いに追われない生活を、若いうちから癖付けしますと、自然と貯金が出来、貯金の中から投資に回せる余裕資金を持つことが出来ます。投資に回せる資金が増えますと、資金が資金を生み、大きくなった資金で、様々な権利を利用出来ます。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

2012/05/07

効率と負荷の関係☆

誰も読まないブログを更新するのが、楽しい今日この頃^^;

最近のGWのニュースを見て・・・

低効率と低負荷には相関関係がある・・・

『こんな長距離を激安で高速バスに乗れるなんて、幸せ。』

ETCの普及や高速道路の低料金化の実現により、高速道路の利用客が増加しました。JRを利用するよりも、高速道路を利用したほうが、安く収まる・・・家計に優しい。

デフレ不況の真っ只中にいる日本人観光客や帰省客は、一同にそう思ったことでしょう。ハイシーズンが灰シーズンになったように、激安戦争は、質の低いサービスしか提供出来ないのだということを思い知らされました。

人命を預かる商売に、格差は付けられませんが、低料金の裏には、低レベルを彷彿とさせるサービス体系があるのだと思いました。

売り上げが伸び悩むとき、効率的に利益を生もうとしますと、経費削減を強いられます。それが真っ先に、運転手の人件費であったなら・・・一人当たりの労働力に、負荷がかかります。

これは、投資活動にも当てはまりはす。

早く大きな利益を生む為に、資金効率を一番に考えるあまり、神経圧迫症になった億トレーダーがいらっしゃいました。250万円の資金を、7年余りで、1億6千万円まで殖やした優秀なトレーダーですが、彼は、この度の大きな皺寄せが、自らの身体の左腕に齎されたようです。

しかし、投資は経営同様、自己責任ですから、短期間で大きな利益を生んだ効率性を誇る一方、自らの人体に病気という形で大きな負荷がかかったのです。

こういうことから勘案しますと、非効率性程、低負荷であり、確実に安全運用出来ることがわかります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いします。(*^_^*)。にほんブログ村

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。