【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 9000殺害後の動向☆ | トップページ | 投資のススメ☆ »

2012/09/26

未更新のお詫び☆

やっと更新出来ました。長い間ブログの更新を怠りすみませんでした。ブログのネタを考えている暇もありませんでした@_@;しかも、田舎の親戚の入院と、入所、特定疾患の新規申請、自宅マンションの跡片付け。二人分が重なりまして(←不景気に輪を掛けて)めでたいはずの9月連休をあまりいい気持で過ごすことはできませんでした。

長女というのはいろいろあてにされるものです。少し痩せました。

外食三昧で、ほとんど自宅で料理を食べる時間が少なかったように思います。休みだと金遣いが粗くなるきっちゃんです。それも半端な額ではない。先日の叙叙苑の一コマを御覧の方はよくおわかりでしょう。しかも、今回は「東京からひよこ買ってきて~」と要望がありましたので、親戚や隣近所、友達に合計13箱も買って送らせていただきました。ひよこって言っても本物のひよこではありませんよ。お菓子のひよこちゃんです。

お父さんとは経済論議ばかりになります。お父さんいわく、「中国は長期的な成長は難しい。人民差別化による分裂や暴動が起きる。しかし、インドは成長する。」そうです。おそらく、世界の工場にまで成長したのはいいですが、肝心の中国国民の自主自立を妨げるようなことが起こってくるというものです。お父さんと意見が合うなーと思ったのは、「マクロ政策では物価を上げ続けることは出来ない。」といった考え方でした。

今のようなグローバルな株安、物価下落、GDPマイナス成長などによって引き起こされる景気悪化に対してマクロ的な政策によって緩和することですが、通貨安に向かわせる為の利下げや貨幣の大量発行による物価の上昇のことだそうです。デフレがスパイラル化してそれが長期化することは、日本のような高コスト体質、もしくは過剰債務者にとって長期的な視点からして見れば望ましい経済現象とは言い難いというお話でした。前にも書きましたが、資本主義経済の特徴は、緩やかなインフレが毎年続いてくれなければ成り立たない経済です。逆に言えばデフレ経済下に弱いということです。

利益剰余金の大切さを身を持って感じる今日この頃です。キャッシュ余力=人間の才覚が必ずしもイコールにはなりませんが・・・。少なくともトヨタ自動車は09年3月期、上場後初めての営業赤字を記録したことでニュースになりましたが、こうした大企業が強いのは、実質無借金企業(利益剰余金>有利子負債)だからというのも、一つにはあるのでしょう。しかし、もぅ一つの強みは、偏りのない経営をしていることにあると思います。自動車だけで商売しているわけではないということです。

金融部門を始めとする 多角経営によって、自動車部門が赤字でも、金融部門で赤字の穴埋めを出来るわけです。しかし、一般的には自動車部門での失業率が高くなるということは、貨幣賃金や物価水準は低くなるという現象が起こってくるのも事実です。これをフィリップスカーブ理論=右肩下がりといいます。失業率と貨幣賃金や物価というのはトレードオフの関係にあるということを言いたいのでしょう。しかし、こうした従来のマクロモデルもいつまで役に立つがかわかりません。

規模縮小を主眼においた雇用削減や過剰生産の抑制といった経済的パイの縮小の中では、債務体質の企業や個人にとってデメリットが計り知れないということだそうです。これをデフレと言わずして何と呼ぶでしょう。もう一つは、家の田舎にある大手企業などは代表的ですが日本の製造業は人件費の安い地域に生産部門を置いていることです。地域経済において深刻なのは大手企業の業績に左右されているということでしょう。日本を代表する225社の本社機能のほとんどは東京にあります。

どれか一つが転んでも、経済にひびが入らない環境です。企業は継続することに意義がありますが、継続するために必要なものは、資本、労働の適材適所、分配です。今のように世界経済を巻き込んだ景気悪化は、弱い地域から資本と労働力は淘汰されて行きます。少なくとも、地方主権の土台作りをしなくては地域経済が成り立っていかないことが懸念です。

今日はやっと、更新できた日です。自分でも何を書いているのかわからない精神状態ですが、多目に見てあげてください。あー、疲れた(涙)

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いしまーす。(*^_^*)。にほんブログ村

« 9000殺害後の動向☆ | トップページ | 投資のススメ☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9000殺害後の動向☆ | トップページ | 投資のススメ☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。