【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 東証と大証合併へ☆ | トップページ | 年初来高値更新金融相場到来へ☆ »

2012/12/08

日経10年来の大底確定か?

前回の10年波動説の長期予想での大底は、当初2002年11月でした。その後のイラク戦争の勃発により更に株価は暴落し、大底を探る動きが出たため、翌年の2003年4月に大底を向かえました。2003年4月から始まった日経の10年波動説は、2007年2月~3月に発生した世界初の上海発端の世界同時株安前の高値18290円が一番天井、同年7月~8月に発生した米国発世界同時株安(サブプライムショック)前の高値18290円を2番天井として、株価は下降トレンドに切り替わっています。

10年来の大底として考えた場合、2013年4月の予定でした。

◆先物ベース

現在の日経を鑑みるに、2011年3月11日に発生しました東日本大震災前の高値10890円と、暴落後の安値2011年3月15日に付けた7800円という価格帯の中で、2011年11月28日の8100円をサポートラインとして、2011年7月8日の高値10200、2011年3月28日の高値10220をレジスタンスラインとしてこの2年弱小幅な値動きでのレンジ相場が続いていました。

今回、11月中旬からの値動きは、11月22日に日脚ベースでの前回高値を明確に抜いたことで、1数年来の長期株価低迷に終止符を打ったと推察しています。勿論、ファンダ面でのトレンド転換というのも重要視されておりますので、今月半ばの12月メジャーSQ、衆議院総選挙を睨んだ展開になりそうです。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いしまーす。(*^_^*)。にほんブログ村

« 東証と大証合併へ☆ | トップページ | 年初来高値更新金融相場到来へ☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東証と大証合併へ☆ | トップページ | 年初来高値更新金融相場到来へ☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。