【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

« 年初来高値更新金融相場到来へ☆ | トップページ | お正月の過ごし方☆ »

2013/01/18

節分天井彼岸底☆

日本円、ついに1ドル90円台の大台まで売られました。ユーロ円は1ユーロ120円台まで売られ、市場はリスクオンの流れに傾倒しています。統計上新年初めの5日間のマーケットの動きが強ければその流れが続き、1月全体、その1年間は強い傾向がある。と言います。始め良ければ終わりよし・・・という流れで一年を終えたいものです。

誰も、冬の真っ只中に、株は安いから買えなどと言ってくれる良心的な投資家はいらっしゃいませんでした。つまり、株の売買は自己責任だから、勝手に考えろ・・・俺は知らん・・・これが答えです。

昨年12月中旬、疑心暗鬼の中、10000円台を回復。日本市場は10年来の上昇波動に乗りました。このまま、円安株高の流れが加速すれば、2013年3月決算は、多くの外需が円安の恩恵を被り企業業績が上方修正されるでしょう。節分天井彼岸底という相場格言も、今年に限っては、新年度入りまで株は上がり続けるのではないか・・・という妄想をしています。

前回の10年波動の大底は、2003年4月につけた7604円です。その後2003年、2004年、2005年、2006年、2007年2月の天井まで長期株高により約4年半に渡る上昇波動が続きました。2007年2月の18290円は上海発世界同時株安(海外投資家によるプログラム売り)直近の高値と言われていました。

約4年半で18290円-7604円=10686円・・・つまり、約10000円の上昇で終わったということになります。

もし、今回の上昇が10年来の大底からの脱出であるとするならば、大底は2008年9月に勃発しました米投資銀行リーマンブラザーズの経営破綻によって引き起こされた3度目の世界同時株安、リーマンショック後の安値6830円(先物ベース)になります。6800円を大底と見た場合、前回の10年波動の上昇期間が再現されるとすれば、約4年半で10000万円の上昇幅。
16800円程度までの上昇が考えられると言うことです。

という・・・私の妄想です。

勿論、投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いしまーす。(*^_^*)。にほんブログ村

« 年初来高値更新金融相場到来へ☆ | トップページ | お正月の過ごし方☆ »

相場概況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年初来高値更新金融相場到来へ☆ | トップページ | お正月の過ごし方☆ »

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。