【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

カテゴリー「お知らせ」の10件の記事

2014/01/12

新年明けましておめでとうございます☆

大分ご無沙汰しておりました。

ブログの更新も延滞どころか、怠惰な性格が滲み出るようなご無沙汰をしておりました。大変申し訳ございません。

昨年以来更新していなかったので、大分読者の方も、離れたと思いますが、ブログの更新は、自己満足的な部分が大半を占めておりますので、目を留めて頂いた有難い来訪者の皆様には、ただただ、感謝申し上げます(*^_^*)。

「ブログ辞めたの?なんていう質問も頂きましたが、辞めておりません。辞める場合は、ブログを閉鎖しますので、宜しくお願いします。」

というよりも、他の真面目で、毎日更新している素晴らしいブロガーの方を見習うべきだと思います。こういう方の、毎日の読書量って、凄いと思います。私みたいに、気まぐれで、読者様のことよりも、自分の勝手な都合で、未更新のブロガーは、管理する資格もないのですがね。。。

最近、株価が上昇し、長期金利が上昇し、為替が円安に振れ、これはあたかも、アベノミクスの経済効果という誤報(情報)が流れていますが、それはちょいと違うような気がしますよ。昨年初頭にもブログアップしましたが、10年アノマリーを考えますと、2012年の11月のいったんのボトムラインは、必然的だったと考えています。ですから、今の株高も、円安傾向で起こる景況観も、成るべくして起こった事実であり、こういう良い、景況観の始まりのときに、政権を握った政党と言うのは、どなたが総理大臣になっても、支持率は高いものです。

景気寿命ですが、あと3年~4年程度だと思っています。少なくとも景気の悪化は、支持率を下げると思います。自民党は悪運が強い政党だということを考えれば、自民党政権に変わる政党が現れない限り、政権交代は難しい課題だとは思いますが。。。

田舎に来ると、特に思うのは地方経済の衰退を顕著に感じるところでしょうか。大企業が無いので、若者の雇用が全く安定しません。田舎にいる社会人の約半数は、非正規雇用のような感じです。中小企業団体を支える団体、商工会議所などもありますが、機能しているのが不思議なくらいです。

特に秋田県は、47都道府県中高齢化が一番進んでいるそうで、65歳以上の年齢層が多い人口構成になっていますので、県の将来性を考えれば、介護、福祉、医療というサービス業種のみが、成長分野となっています。

高齢化を支える成長分野の報酬、給与形態って、まだまだ少ないと思います。介護職なんて、微々たる賃金だという方もいらっしゃいます。確かに、3Kとか言われ、成長分野で働く割には、微々たる報酬で我慢している方が多いですが、私は、そう思いません。

介護職は、低賃金ですが、非常に安定的で魅力的なお仕事だと思います。社会福祉法人など大きい団体の介護施設を考えてみますと。これから10年先、今の団塊の世代と言われる65~68歳ぐらいの年齢層が、75歳~78歳になる。つまり、75歳は、後期高齢者世代となり、益々増え続ける独居老人世帯が、施設入所を余儀なくされます。

今、ホームヘルパーさんやデイサービスなどを受けている家族のいない要支援、要介護者の皆さんが、必然的に、将来、医療施設、介護施設のお世話になります。

ですから、県内の総人口は縮小しても、高齢者比率がそれを上回れば、必然的にこれからの成長が期待出来ますよね(*^_^*)

というわけで、話は大分反れましたが・・・遅ればせながら・・・

本年も何卒、宜しくお願い致します。

2012/11/20

東証と大証合併へ☆

東京証券取引所と大阪証券取引所は今秋合併承認致しました。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2012112001001326/1.htm

昨年から話に出て居たのですが、2013年元旦付けで、「東京証券取引所が大阪証券取引所を傘下に持つ形での経営統合し、「日本証券取引所グループ」を設立する。日本の2大証券取引所の合併により、アジア圏では、最大の証券取引所の誕生となります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

 ポチお願いしまーす。(*^_^*)。にほんブログ村

2010/07/29

テクニカル指標との付き合い方☆

経済指標>NYダウ>日経225>個別株

↑ダウと日経225を重ねた複合チャートです。

NYダウと、日経のチャートの形と位置関係をご覧ください。連動性を保ちながらも、常にNYダウが上。日経指標が下。これはどういうことか。裁定取引ではありませんが、CFDで、サヤ取りしたい。。。日経は、09年3月の底から這い上がり、今年10年4月までの上昇を見せました。日柄でいうところの、約一年。ここから、下降波動を描いていくのでしょうか?私は、ファンダメンタルが弱いので、ちょっと一から勉強しなおそうと思います。四季報ちゃん待っててねん♪

変化球の好きなきっちゃん@就寝前です。前の記事でも書きましたが、世の中に数百とあるテクニカル指標の中で、どれを使用すれば勝率が上がるか、ということを考えがちです。あくまでも、特徴を記したいと思います。

テクニカル指標を大きく分けますと、

①トレンドフォロー系
②オシレータ系
③その他系
④ローソク足系

と4つに分類(大別)されますが、、世の中に出回っているテクニカル指標で、私が知っている代表的なものは下記の通りです。

①移動平均線
②一目均衡表
③トレンドライン
④MACD
⑤ボリンジャーバンド
⑥時系列鍵足
⑦ストキャスティクス
⑧順位相関数(RCI)
⑨相対力指数(RSI)
⑩DMI

①、②、③、④、⑤、⑩がトレンドフォロー系指標
④、⑦、⑧、⑨がオシレータ系指標
②、⑥がその他系指標に分類されるようです。

数字が被っている指標は、どちらの側面もありますよということです。

【トレンドフォロー長所】

株価の動きに対して、一致、もしくは遅行サイン。サインが遅れて出現する分、売買サインにおける騙しが非常に少ない。きっちゃん指標とも言う。トレンドが発生している期間の株価と好相性。

【トレンドフォロー系短所】

騙しが少ない分、サインが遅れて出現するので、2番底を確認してからの買い、2番天井を確認してからの売りになりやすい。BOX圏に入ると騙しが多発するため、使用不可。

【オシレータ系長所】

株価の動きに対して、先行、もしくは一致サイン。サインが早く出現する分、安く買うことが出来る。また、高く売ることが出来る。BOX圏の株価と好相性。

【オシレータ系短所】

サインが早く点灯するので、騙しが連発する恐れがある。株価がまだ下降途中(一番底に向かっている途中)で、先行して買いサインを出してくる。株価がまだ上昇途中(一番天井に向かっている途中)で、売りサインを出してくる。トレンドが発生している株価に弱い。

人間と同じように、テクニカル指標にも、長所と短所があるようです。また、相場のある局面においては、その持ち味を発揮し、ある局面においては全く使えなくなる指標です。ですから、100%の指標というものはなく、現在の相場の状況に合わせて、沢山の指標のサインを、それぞれ目を通して総合的に判断するべきものだと認識しています。

確率の世界は、確率を上げて行くことが必要で、その為には一つだけの指標を観て売買の指針(判断と)するのではなく、何か軸にする指標を決めた上で、他の指標を上手く組み合わせて見て行く必要があるようです。

どの指標がイイとか悪いという判断ではなく、全て目を通しておかなければいけない指標だということがおわかりでしょうか?沢山指標があれば、何を軸にしていいのかわかりませんが、軸にすべきはトレンドフォロー系指標であり、オシレータ系は参考程度に見るようにしています。

年間を通した時にトレンドがある期間とない期間にわけられます。一年の中で、上昇期間3カ月~4か月、下降期間3カ月~4か月、横ばい期間3カ月~4か月と言われています。

人間心理として、上昇途中の株を株を見て、買いたいと思う投資家が大半です。
又、下降途中の株を見て、売りたいと思う投資家が大半です。

しかし、一方で上昇途中の株を見て、売りたいと思う投資家もいます。
下降途中の株を見て、買いたいと思う投資家もいます。

実は、成功者は、後者の思い入れの強い投資家が多いという統計結果が出ているそうです。どれだけの素晴らしい技術を持っていても、どれだけ過去のデータに基ずく検証結果であっても、この投資家心理=メンタルこそ、今後の成績に影響を与える最大の財産だと身を持って感じます。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2010/07/25

9万アクセス達成☆

しかも自分で90000踏んでしまいました(ガックン)この馬鹿女めがー。記録達成者には、きっちゃんとの悠々デートをプレゼントしようと目論んでたのに。残念無念。

佐々木希嬢のご紹介

秋田美人と言いますのは佐々木希ちゃんのような女性の事を言うのですよ皆様。きっちゃんと同じ出身地のアイドル(詳しくはモデルさん)

佐々木希ちゃんのブログ、最近読んでいます。可愛いですよねー。片や22歳。きっちゃん35才(←マジ年齢)年齢の誤魔化しは御法度。

大体私のブログ読んで、25歳の女性の書いているブログだったらどう思う?2005年からブログ書いていますけど、つい最近まで『男の投資ブログ』と勘違いされていました。前なんか、『どうして男性なのに、女性投資家に参加しているの?』などと言われた事があり,、凄くショックで、女辞めてやる―!って思ったこともあったのです。性格がドライなせいか、あまりに乾きすぎて、潤いを感じてもらうためについ最近、写真を貼り出したところ、ビビられた(*^_^*)

秋田県と言えば、秋田美人って思うでしょ?美味しい天然水と6割の穀倉地帯から生まれた地酒(銘酒)。義務教育の学力は、毎年47都道府県中不動の第一位を堅持。自殺率も47都道府県中、10数年連続第一位。(おそらく天候のせいだと思う。1年を通して紫外線の量が47都道府県中一番低い。)スキーが盛んで、小学1年生からスキーを習う。小学生にしてプロ級のスキーヤーが居た。男女ともに色白。目鼻立ちのしっかりしたロシア系人種が多い。田舎者なので、騙されやすい。半径3~4キロ圏内に、泉質の全く違う温泉が何種も湧き出ているのが特徴。温泉地なので、おそらく一回当たり、47都道府県中最安値で温泉に入れる。200円~。

然しながら私なんて全然不細工です。秋田県人なのに、『アルコールは受け付けない』『スキーは苦手』『ラテン系』『米嫌い(麺類好き)』『温泉の長風呂が嫌い(風呂は5分で上がる)』『非常に騙されにくい(どっちかっちゃ騙す方^^)』それでもファンだと言ってくれる方。貴方の心は、大海のように広~い。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2010/07/12

市場均衡点☆

ワールドブランド着用中)きっちゃん登場♪

今日3枚目の記事です(爆)これから忙しくなるので、書き貯め~^^

世界一流ブランドが7割引き☆

最近年中、バーゲンセールをしているお店を見かけませんか?ショッピングモールに足を運びますと、出店しているブランドが安価になっています。

消費者にとってはとても嬉しいニュースです。モノが安く買えるんですもの。でも、デフレとは家計の総収入も収縮していくのですから、消費者にとってもそれに合わせた努力を強いられて、毎日の生活も大変なはずです。家計の無駄を削ると言っても、世帯の年間総収入から経費を差っ引いたときに、マイナスになれば赤字。プラスであれば黒字です。マイナスになった場合の対処法としては、貯蓄を削るか、新たな借入金をするしか方法はありませんが、総収入が減少しても赤字にはなります。

プラスであれば、自己資本が増えますから、将来に向けた貯蓄が出来るというものです。
前者においては、マイナス要素しかありませんが、後者においては貯蓄できるメリットに加え、投資活動=資産運用=将来に向けた資産形成が可能になります。経済成長はマイナス成長に転化していますから、毎日そのような現実と向き合って収入に見合った生活をして行かなければ、いずれ家計が破綻します。

皆様は、ワールド製品(メーカー)と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?私としては、「高級一流ブランド」という感覚を持っています。しかし店頭に並んでいる商品が最大7割引きになっていて、すごく残念でした。

供給量>需要量=価格低下♪

8ef997v8bc890fc82c68b9f8b8b8bc890fc

市場メカニズムにおける需要曲線と供給曲線

需要曲線は右肩下がり。供給曲線は右肩上がり。市場メカニズムを簡単に言うと「モノの需要と供給は、その価格によって調整される、資源配分の仕組み」ということです。要は、欲しい人が多ければ高く売れる、モノが多過ぎると安くしか売れない、という現象です。これを経済学では市場(しじょう)メカニズムと呼んでいます。これを端的に説明した、よく見かける図が上記のものです。

また、需要量が低下し、供給量が増えれば増えるほどデフレに拍車がかかり、一つ100円で売れていたものが、80円に値下がりし、半額になり、結果企業売り上げが下がり、収益は悪化します。この現象はまだ良い方であり、問題は、消費者が賢くなっているということです。不必要なものであればバーゲンセールをやっても、消費者心理は「買わない」ということです。消費が冷え込む=購買力の低下こそ、経済が停滞する一番の敵です。これを消費インセンティブを刺激するなどとと言います。(買いたい)。常に売り手と買い手のお互いの心理によって需給バランスは変化し、価格に影響を与えていきます。

今、地方では何処へ出掛けても、時期問わず、「SALE」の文字を見かけます。

「バーゲンをするなら最初から安値で売って下さい」お店の将来の為にも。それは何故か。世界に名だたる一流ブランドの価値を低下させてしまう恐れがあるということです。バーゲンをしなくては売れない商品なのであれば、後から値下げをせずに、最初から安値で売るか、売れないならば、見切って損失の出ている店舗を思い切って閉鎖して下さいと言いたいのです。

株で言うところの「損切り」です。景気が良い時には売れるのは高くても売れるのは当たり前なのですが景気が悪化してきますと、賃金の低下に伴って消費者は財布の紐が固くなり、安くなければ買わない。もしくは、安くても不要なものは買わないといった現象が起きてきます。

需要に対して供給量が大きすぎるからこういう現象があちこちで起こっているわけで、
何も地方都市に限った話ではありません。

店舗型ショッピングモール同様、大手百貨店の売り上げも落ち込んでいます。3099は今日売りサイン点灯。外で買い物をしない、店舗に人がいないという事は、その人達は何処で買い物をしてるのでしょうか?ただ単に、消費が伸びないのでしょうか?

例えるなら、インターネット業界はどうでしょうか?今、デフレでモノが安く買える時代ではありますが、インターネットショッピングでは同じものが市場価格より安価で売られています。モノが豊富に揃い、ヤフーや楽天などではネットショップの売り上げが堅調だそうです。この不況に伸びているのは、インターネットモールだったとは!

完全に傾倒していますね。私もそうですがネット依存症です^^;

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2009/08/20

相場概況+衆議院選挙☆

前回の記事、値幅エクセルに付きましては今現在、作成中です。思ったより時間がかかりそうです。しばしお待ち下さいませ☆

8月限のSQに跨る攻防は若干の弱気を啓示しました。チャート的にも目先行き過ぎた後の戻りですから前回の天井を割ってこなければ結構楽観しています。前回の衆議院解散総選挙は、小泉元総理が行った郵政解散でしたが、遡ること4年前。2005年と言えば、相場が40%も上昇した稀有な年でした。衆議院総選挙が行われる年は年末まで絶好調という一つのアノマリーを形造って欲しいものです。

13日(木)SQ前日 十字線 終値10520円
14日(金)SQ 小陽線 
SQ値 10609.42円 終値 10590円
17日(月)SQ明け 大陰線 終値 10250円 

プロの投資家様のお話・・・SQ値。この価格より上なら含み益、下なら含み損と考えれば投資家心理として、SQ値より上で終わればSQ値が下値支持線。SQ値より下で終わればSQ値が上値抵抗線となります。上昇の為には、SQ値を下値支持にしたいので本日の終値がSQ値より上で終わることが望ましいのです。7月のようなこともありますから、まさに確率論といったところでしょうか。でもって、今の状態は上値抵抗になっています。

最近の日経は久しぶりに気持ちの良い下げを記録し、嬉しさが込み上げています。やっと下げてくれました。個人的には25日線を割るような下げが来て欲しいと思っていますが・・・そんなこと書いたら怒られるかな?

同じ陰線の下げでも、数日前の大陰線の下げは5日線グランビルの売りを伴っております。25日線に一度タッチして欲しいなー。明確な押し目が付きませんと、新規の買いを躊躇しませんか?もう乗っている銘柄であればいいですけど。ただ、まだアップトレンドは継続中。昨日、8001伊藤忠商事を寄りで空売りして颯爽と手仕舞い(逃げ)ました。商社は資金が入っていないので弱いです。財閥系の商社は結構いい線いってますが。全体的な指数が上を向いていることから下げは限定的になりやすく、買い有利な展開ですから。

8月17日陰線説・・・07年8月17日と言えば、サブプライムショック後の最安値を記録した日です。似たような下げですが一瞬2年前に感覚が戻りました。あの後、スクールで懇親会があったのですが、講師の言葉が未だに脳裏に焼き付いています。

私「株って今損切ったほうがいいんですか?」

講師「損切りが遅い!俺は17日の大暴落の終値で死ぬ程買い捲くったよ。だからあの後大儲け出来たんですよ。」

なんと、講師はサブプライムショックのあの8月17日の大陰線の終値で株を購入したと言うのです!出来ますか?普通・・・トホホ。資本家は違いますわ・・・見習わせていただきます。当時の講師の著書をご覧ください。→勝率93%、49連勝!億を稼ぐ「株」長者になるためのメンタリティー

■衆議院議員選挙について
投票日が近ついてきました。昨日、後輩からメールが来て「次の政権は自民、民主どちらが担った方がいいと思いますか?考えを聞きたいです。」という質問を受けました(爆)それはそれは「国民生活が豊かになってくれるなら」与野党どちらが担っていただいてもいいですよね。

ただ、議院内閣制において与野党逆転のねじれ国会が長期政権としてまともに機能した歴史はないそうです。それを考えれば今回の選挙で、衆議院が自公連立政権を維持しても、今と全く同じ展開が続く予想があります。法案一つ、まともに通らない展開が続くのではないでしょうか、後4年間は(爆)。議員の方々も歳費を頂いている以上、頑張って欲しいです。

官僚主導の政治というのも・・・先物主導の今の日経みたい^^;
野党は連立するのでしょうか?共産党は別としても・・・。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2009/08/16

業種別上昇率&値幅エクセル☆

↑■値幅エクセル誕生

この度、前回書きました、株価上昇率比較チャートソフトに加え、次に誕生させた自称「値幅エクセル」・・・この特徴を簡潔に申し上げますと、個別銘柄の一日もしくは数日間の平均の変動幅(ボラティリティ)が計算式として算出されるというもの

後でゆっくり詳細を記載しようと思いますが、デイトレードなどで流動性や連動性がない、値幅が小さくて、利幅が取れない等、日本株特有のお悩みでお困りのデイトレーダーの皆さま方に是非使っていただきたいという考えす。実は今現在作成途中です。

下記は、久しぶりに業績別に計算した指数上昇率です。ご参考にされてください。今回は今年3月の底値から約5ヵ月間の上昇率の結果です。今回上位に躍り出たのは、①輸送用機器で、次いで②不動産、③証券、④その他金融と相変わらず金融.不動産株は強さを堅持しています。日経は50%の上昇率なのに対し、業種別指数で97%ということは日経の約2倍買われているということですね^^。

輸送用機器の代表的な銘柄に、7122近畿車輛6584三桜工業7102日本車輛製造7404昭和飛行機工業、不動産の代表銘柄に、8803平和不動産8830住友不動産、証券では、8606みずほ証券8628松井証券、その他金融では8473SBIHD8591オリックスなどが牽引しています。ただ、全て追い風銘柄ですが業績が悪い銘柄もありますので、ファンダメンはしっかり分析して乗っていきたいものです。

次回は個別銘柄と業種別指数を組み合わせた上昇率を複合したチャートを見ていきたいと思います(*^_^*)

採用期間 2009/03/10~2009/08/15 
分析年月日 2009/8/15(土) 

輸送用機器  97%
不動産  96%
証券  79%
その他金融  79%
自動車  71%
非鉄・金属製品  68%
陸運  66%
その他製造  59%
窯業  58%
鉄鋼  58%
精密機器  52%
化学  51% 先行↑

日経平均株価  50%
電気機器  49% 出遅れ↓
繊維  48%
機械  45%
造船  45%
ゴム  41%
建設  40%
商社  39%
倉庫  39%
TOPIX  38%
通信  37%
小売業  36%
保険  34%
海運  25%
パルプ紙  24%

銀行  24%
食品  23%
水産  23%
石油  22%
鉱業  21%
医薬品  21%
サービス  17%
鉄道バス  14%
電力  -2%
ガス  -4%
空運  -5%

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ ←たまにはポチお願いしまーす(*^_^*)。にほんブログ村

2009/05/28

複合チャート&マーケットボードについて☆

最近、ブログの右サイドバーに貼らせていただきました、「ダウ&日経を重ねた日足チャート」ですが,尊敬するランケンさんが作成された「汗と涙の結晶」です。嬉しいです~。WEB形式なので、日々、自動更新されております。ラインチャートを複合的に組み合わせることによって、目に見えないはずのダウと日経指標との連動と乖離が一目でわかる ところがこのチャートの賢さです。有難うございました。

ちなみに、個人的に下記のような有能なボードも見つけました☆↓

マーケットボード(世界の諸指標)

http://www.opticast.co.jp/marketd/

GC社が現在、一般公開している 日々更新型の終値のデータです。サービスとして高い評価を得ていますこのマーケットボード。最新株価がWEB上で更新され大変便利ですので、皆様もし宜しければお使いになってみて下さい。

日経平均先物、を含めた国内主要株価指標、アジア地域、北米、南米、欧州地域、為替、商品、NYダウ工業株30社、外国証券など、世界の主要市場の株価が毎日自動更新してくれます。

更新時間につきましては、次の通りです。

・国内主要株価指標      平日4回 11時15分、 12時、15時30分、17時30分
・日経平均先物(大証)夜間  平日 20時30分以降 
・シカゴ日経225先物(CME)  平日・土曜 8時30分
・アジア地域 の株価指標   平日20時
・北米・南米・欧州        平日・土曜 8時30分
・為替               平日 11時15分
・他の商品            平日・土曜 8時30分
・NYダウ工業株30社      平日・土曜 8時30分
・為替市場(日本銀行)     平日18時30分~19時
・外国証券寄り付き前成り行き注文  平日8時30分までの更新
・東証一部 33業種       平日15時以降 15時30分確定

決算発表予定検索

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

2009/04/30

お休みの件(*^_^*)☆

ブログの更新を少々御休みさせていただきます。
GWのお休み前もあり、かなり忙しくしております。未更新も重ねてお詫び申し上げます。
5月半ば頃から改めて、更新の再開をさせていただきますので、
それまでしばらくの間大変恐縮致しますが、宜しくお願い致します☆

2008/12/29

復活☆

先日、記事にしておりました お詫びの件 ですが、メールの送信サーバーのブロックが現在解除されております。お試しになりたい方は今日より受付を致しますので、宜しくお願いします。(もし再度チャレンジされて駄目でしたらコメント欄よりご通知願います)お手数お掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ 

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。