【日経225先物シストレ】

  • 【シストレバックテスト】 ラージベース  1枚あたり1日1回転(売買手数料抜) 資本金元本 300万円 98年  +3710 (+371万円) 99年  +2090 (+209万円) 2000年 +3280 (+328万円) 2001年 +1910 (+191万円) 2002年 +3250  (+325万円) 2003年 +1140 (+114万円) 2004年  +790 (+79万円) 2005年 -2230 (-223万円)  2006年 +1180  (+118万円) 2007年 +940 (+94万円) 2008年  +240 (+24万円) 2009年 +1050 (+105万円) 2010年  +830 (+83万円) 2011年 + 560 (+56万円) 累積利益 +18740 (1874万円也)
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

免責事項

  • 当ブログは,管理人自身が行った分析、又は投資記録等を書いた日記として公表しております。
    投資につきましては、御自身の自己責任の上で行っていただきますようお願い申し上げます。
    当ブログの情報等に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねます。
    御了承下さいませ。

カテゴリー「ワークス」の1件の記事

2008/04/14

株式公開のメリットとデメリット☆

今日の日経様は、▼3.0%の下落。日足で2番底を形成するような動きでしたが、個人的には、週足上でしっかり2番底が形成されるまではまだまだ、明るい相場環境(兆し)とは言えないと思っております。月足上では下げ止まりそうな雰囲気を醸し出しているのですが、今の日本。さっぱり予測できません。勿論週足で2番底を形成する動きになれば本気買いしたいとは思っております。エイヤー!という買い方が出来ない状況です--;

先日投稿記事にあった企業経営者のお話ですが、先日こういう質問をしてみました~。

『先生の経営する企業は何故、上場されないのですか?』その御回答は以下のような結果となりました。

『株式上場に関しては野村証券をはじめ多くの証券会社から上場のお手伝いをさせてくださいというお話を頂いておりますがすべてお断りさせていただいております。FC本部は潤沢な資金力=剰余金、好業績、効率良い経営がなければ多くの企業様からの業務提携はありません。「我が社○○○」本部が多くの企業様から信頼され業務提携の打診があるのも業績好調だからで上場企業に匹敵するからではありません。

上場すれば現在株式の100%を保有している僕には約20億円もの資金が入ります。その代りに会社は株主のものとなり現在の剰余金十億円は配当という形で株主に配分されます。株主総会では株主の意見を反映した経営を心掛けますので短期の投資で効率良い経常利益を出すようになります。短期投資は長期展望に立てないので10年スパンでは業績低下を招きがちです。そうなると「我が社○○○」は企業買収のターゲットになり、大手上場企業S社などに買収されます。何しろS社は全国展開している我が社○○○が欲しくてたまらないのです。

需要が拡大してきますと、我が社○○○と業務提携したいという思いは今後ますます増えてきます。こうした展望に立てば株式上場ではなく非上場で剰余金を積み増して圧倒的な業績を堅持するほうが得策なのです。

株式を上場して資金を広く集めることで、店舗展開を早めたり、工場を作って増産する場合など多くの資金が必要な企業では上場することは多くのメリットがあります。資金的余裕のない企業にとって株式上場は銀行からの資金調達ではなく株式市場から返済しなくても良い資金を調達できますから実に好都合なのです。ただし、経営には株主の総意が必要ですので株主総会での承諾が必要となります。そのために公認会計士や内部監査・内部統制などに多額の費用と労力が割かれます。また、上場手数料も欧米にくらべて煩雑で高額です。資金調達の目的以外では株式上場のメリットを出しにくいのが現状です。

業績=説得力ですので、僕個人の利益よりも会社の長期的利益を優先している次第です。ビジネスの世界では相手を説得させる材料は業績だけです。業績が悪ければ誰もこちらを見ようとはしません。20億のお金を持って引退しタヒチで悠々自適の生活よりも僕はこの会社の仲間や生徒の方といっしょになって悩み苦しみ涙し、喜びを噛みしめる日々を過ごして死んでいくほうが楽しいのです。皆さんのために生き、皆さんのために死んでいくことに何のためらいもありません。」

きっちゃんなりの回答

ご自分の会社が上場しない理由をここまで明確にお応えできることは素晴らしいことです。また、ご自身の利益よりも従業員を含めた企業価値やお客様そのものを最優先させておられます。業績や資本力は経営者の器に比例するとはこのことでしょう。資金が必要だから上場して返済しなくても良い資金を集めることは可能ですが、資金力が豊富な会社は無理に株式公開する必要もないのですね^^;・・・上場におけるメリットとデメリットを知り、大変勉強になりました(*^_^*)。

新規ブログ立ち上げました(*^_^*)↓よろしくねん♪

MY_SWING _TRADE _ANNUAL _PERFORMANCE

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 株ブログへ

きっちゃん

一目均衡表

  • プロが教えたくなかったシリーズ

    『一目均衡表講座』
    一目均衡表収録DVD~/その他系講座

    http://www.1risekabu.com/

    メイド・イン・ジャパンのテクニカル指標である一目均衡表。

    その使い方については意外に知られていないのをご存知でしたか?基準・転換・先行・遅行という言葉や折れ線グラフのような線で相場を解読していきますが、使いこなせている人は少ないようです。


    ライズ株式スクール

CHART

Money Sukusuku (*^^)

  • 外国為替(FX)を資産運用に変える。